2015年08月07日 (金)高校野球100年


土日祝日スポーツの向井一弘です。

高校野球の季節が、
今年はいつもと感じ方がちょっと違います。
100年という節目だからという訳でもありません。
スポーツのアナウンサーの仲間と喋っていても、何かが足りない。

スタンドの暑さ、土埃と涙、空気を震わす大応援、金属バットのきれいな高音etc。
夏を実感する要素が足りないのです。

実は…、

地区大会を含め1試合も高校野球放送を担当しなかったのは、
15年目で初めてなのです。
(おはよう日本スポーツコーナーに全力を尽くしています!)



毎年々々現場で見てきて、
憧れの目で追っていた選手たちが、
いつからか愛おしく見えてきて、自分の感じ方も変わってきています。
20代そこそこだった自分ももうすぐ40歳。
「あの時のあの試合をプレーした選手たちは、今どんな風に語り合っているのだろうか?」
と想像したりします。
きっと、20年経っても、40年経っても、
同じ試合の同じ話で盛り上がっているのではないかと思います。
いつか、話すたびに元気になる時間を過ごしたことが“一生の宝物だったのだ”と気付く。
その思い出の試合を伝える機会があるというのは、
スポーツアナウンサーの大きなやりがいです。
高校野球はそうやって毎年原点を確かめる機会でもあるのです。

夏の高校野球100年。
1年1年がそうした時間の積み重ねだと思うと、改めて重みを感じます。
今年は“見る専門”で、選手たちの晴れの舞台をたっぷりと目に焼き付けようと思います。

それではまた。

投稿時間:19:00

ページの一番上へ▲