2015年07月01日 (水)日々、これ修行です!


こんにちは、芳川隆一です。
先日、NHKのアナウンサー有志が集まって、
「プレゼンテーション研究会」という勉強会が開催されました。
この模型、テレビで見たことあるという方もいらっしゃると思いますが、
毎週土曜日の朝に放送している「週刊 ニュース深読み」で、
6月6日、火山を特集した回で実際に使われたものです。



どうしたら、このような模型を最大限いかしながら、
分かりやすい説明をできるか・・・。
研究会では、参加者が実際に模擬プレゼンを披露しながら、
互いに感想を言い合いました。私も、挑戦しました。
 


母子家庭、父子家庭など、いわゆる「ひとり親」を支援するための
取り組みについてのプレゼンです。
島根県浜田市が、ひとり親の方に移住してもらおうと、
様々な支援をしているという内容です。
この写真、なんだか自信満々な顔をしていますが(?)、
たまたまそう見える場面を選んでいるだけでして・・・、
実際はドキドキハラハラ。
聞いている方の立場で、端的に分かりやすくプレゼンするって、本当に難しいですね。
ちなみに私は、聞いている人に考えてもらう
“間”をもっと取るようにと指摘を受けました。
勉強になります。

普段はニュースを読むことが多いですが、
「おはよう日本」の毎週月曜日のコーナー、
「けさの知りたい!」では、写真を使ったプレゼンテーションをやっています。



今回の勉強会で得たことをいかして、
少しでも皆さんに伝わるプレゼンテーションを目指します!

投稿時間:19:00

ページの一番上へ▲