2014年10月31日 (金)大好きな季節


みなさんこんにちは。寺門亜衣子です。

私の大好きな季節、秋がやってきました!
夏の暑さもおさまって、日中晴れた日の過ごしやすいことと言ったら!
肌をなでる柔らかい秋の風。目を閉じるとこの上ない幸せに包まれます。
暑くもなく寒くもなく、散歩にはぴったり。
夏の重装備からも解放され(※前回のブログをご覧ください)、
あまりの身軽さに思わず鼻歌を歌いながらスキップしそうになるほど!
(実際には鼻歌でやめておきました。)

紅葉は綺麗だし、



(※去年の写真です。今年も楽しみ!)

カフェテラスで飲むカプチーノは最高だし、



今年のクリスマスプレゼントどうしよっかなーなんてことも考え始めちゃう!



でも私が秋が好きな一番の理由。それは…。



そう、ハロウィーンです!
幼き日の私です。(右)
幼少時アメリカに住んでいた頃は毎年色んなものに仮装しました。

この年は見ての通りカボチャ。
写真ではかぶっていませんが、緑のヘタの形をした帽子もありました。
(隣りに立っているのは魔女に仮装した姉です。)
学校にいるときから、
夜友達と近所を回る“トリックオアトリート”のことで頭がいっぱい!
みんなは何に仮装するのかな、今年は去年よりいっぱいお菓子もらえるかな、
ホラー映画、怖いけどみんなと見れば大丈夫!
今でもこの季節になると
当時のドキドキ、ワクワクが蘇ってきて胸がいっぱいになるのです。

大人になってもハロウィーンを楽しみたい!
と、数年前参加した友人主催のハロウィーンパーティー。
「全員仮装で!」と言うので、ばっちり黒猫の仮装をして待ち合わせ場所に行ったのですが、
待てども待てども誰も来ず。
その日はハロウィーン当日ではなかったため、街中でそんな恰好をしているのは私一人。
行き交う人の同情するような微笑み、眼差し。今思い出しても恥ずかしい…!
友人からの連絡で待ち合わせ場所を間違えていたことを知ると、
平然を装いながらも、まずは急いで耳を取り、次にしっぽを取り、
徐々に人間に戻りながら足早にその場を立ち去ったのを覚えています。

やっぱりハロウィーンの記憶は子どもの時の楽しい思い出にとどめておきます。

あー秋って最高!

投稿時間:19:00

ページの一番上へ▲