2019年02月22日 (金)寿司ネタ 2題


おはBiz担当の関口博之です。

sekiguchi2018.jpg

わが地元・横浜元町の仲通りは
「クラフトマンシップ・ストリート」と呼ばれています。
ファッション、アクセサリー、工房、食べ物屋さん、
手仕事にこだわった職人かたぎの街です。

20190222_sekiguchi_01.jpg

そんな通りに、通行人から丸見えの寿司屋のカウンターが。
しかも、窓辺には何やら展示も。

そう、ここはお寿司屋さんであってギャラリー!
何とこの二つが融合してしまった店なのです。
寿司職人の田口竜太郎さんが、この店の開放的な造作を活かして、
アートも発信する場所にしようと、去年ここを開店させました。

20190222_sekiguchi_02.jpg

それにしても、板場の前にほうきに乗った「魔女」が飛んでるなんて、シュールでしょ。

20190222_sekiguchi_03.jpg

ちょうど今は、3軒隣の魔女とハーブの店のオーナーで、
造形作家でもある飯島都陽子さんの、個展を開いているのです。
去年12月に新作の本「魔女のシークレットガーデン」を出版したのにあわせての、
原画展です。

20190222_sekiguchi_04.jpg

魔女の人形もひとつひとつ、飯島さんの手作り。
ガーデンの草花に水をやる設定なので、じょうろを持っていますよ。
本当に、手仕事の街なんですね。

飯島さんは子どもの頃から魔女が大好きだった上、
デザイナーとしてヨーロッパで修業中にハーブの魅力に出会い、
35年前にお店を開いたそうです。

20190222_sekiguchi_05.jpg


20190222_sekiguchi_06.jpg

田口さんの寿司屋さんの方は、
ランチではこの海鮮丼など、どんぶりものが人気です。
それから、その場で作ってくれる、おいなりさんとのり巻きの助六寿司も。
実は田口さんの父上は、通りの角を曲がった先で「三郎寿司」という、
こちらも居心地の良い寿司屋さんをやっています。
親子で職人というわけです。

田口さんは、片道1時間かけて、豊洲の中央市場まで仕入れに行きます。
もともと築地市場の仲卸で修業をしていた関係で、
いまでも同僚、顔なじみがたくさんいるそうです。
「豊洲の市場ではウニが月曜と木曜が高い、なぜか?」
お寿司を味わうだけでなく、そんな市場の裏話も楽しませてもらいました。

20190222_sekiguchi_07.jpg

クラフトマンシップ・ストリートを毎日歩いていて、
もうひとつ、ずっと気になっていたのがこちら。

絵巻寿司検定協会?
絢爛豪華な平安絵巻をお寿司で表現するのかな?

そこで今回、おじゃまさせていただきました。

20190222_sekiguchi_08.jpg

エプロン姿で迎えてくれたのが、会長の中矢千賀子さんです。
協会は3年前の発足ですが、それ以前から新米ママやOLさんなどに、
手巻き寿司の教室を続けているそうです。

その作品は・・・

20190222_sekiguchi_09.jpg

“簡単、かわいい”がモットーだそうです。
なるほど、巻き寿司で絵を描くから「絵巻」寿司なわけですね。
絵巻物とは関係ありませんでした。
中矢さんのレシピのレパートリーは何と100種類以上、
全てご自分で編み出したオリジナルです。

20190222_sekiguchi_10.jpg

写真の左下は「忍者」。
教室には外国人の生徒さんも来るそうで、そんな方々はこれに大喜びだそうです。
右は「四海巻き」謡曲の高砂にちなんでいて、
黄色い玉子焼きが日本、四方の国々と平和に仲良く、との願いを込めて。

20190222_sekiguchi_11.jpg

こちらは「世界の子どもたち」、なかなか表情豊かですよね。

20190222_sekiguchi_12.jpg

そして、ここにはサンタもいれば、桜も咲き、節分の鬼さんもいます。
太巻き寿司で表現する“直径6センチの世界”です。何とも楽しいですね。

20190222_sekiguchi_13.jpg

「今は、運動会のお弁当にのり巻きを作って持っていく、
 なんてことがなくなって残念ですね」
そう話す中矢さん、これからも手巻き寿司の文化をアートと連動させて、
“進化”させて残したいと、話していました。
そのお母様を支える郷さんも、二人三脚でがんばってください。
今回はありがとうございました。

投稿時間:19:00 | カテゴリ:おはBiz | 固定リンク

2019年02月19日 (火)イニエスタ選手にインタビュー!


おはようございます。高瀬耕造です。

takase2018.jpg

先日なんと、サッカー界のスーパースター、
イニエスタ選手にインタビューする機会に恵まれました。

20190219_takase_01.jpg

昨年、スペイン1部・バルセロナから
J1・ヴィッセル神戸へ移籍したアンドレス・イニエスタ選手。
サッカー元スペイン代表で、ワールドカップ優勝など、
世界の頂点を知る、まさにスーパースターです。

20190219_takase_02.jpg

スタッフ皆が緊張する中、ついにイニエスタ選手が登場!
柔らかい雰囲気と静かな語り口から、思慮深く誠実な人柄がにじみます。
短い時間でしたが、気になる来日決断の理由や
神戸での生活などについて聞くことができました。

20190219_takase_03.jpg

ファンにも選手にも愛される「世界のイニエスタ」。
インタビューを終えた今も、なんだか不思議な気分です・・・。
2月22日(金)のおはよう日本で放送する予定です。
ぜひご覧下さい。

投稿時間:19:00 | カテゴリ:キャスター | 固定リンク

2019年02月15日 (金)ふたつのコツ(骨)でぽっかぽか


こんにちは。気象キャスター山神明理です。

yamagami2018.jpg

立春は過ぎましたが、寒い日が続いていますね。
朝の中継も、とっても寒いですが、
周りの方々に、寒さ対策を色々とアドバイス頂いて
日々乗り切っております^ ^
中でも効果的だったのが、カイロ!それも貼る位置が重要なんです。

私は、毎朝2枚貼っています。
1枚目はお尻の上の方(仙骨という骨の辺りだそうです)
2枚目は肩甲骨の間です。
はじめは4枚くらい貼っていましたが、
これらの位置を教えてもらってからは
2枚で十分ぽっかぽか!!経済的です。

これが、働く女の背中です。

20190215_yamagami_01.jpg

上のカイロは、意図的に斜めにしている訳ではありません。
向きに関係なくあったかいです。
是非、お試しください^ ^

さいごに、デカケルンとカエルン。
彼らもしっかり寒さ対策をしてます。
見つめ合って可愛いなぁ。

20190215_yamagami_02.jpg

デカケルン「暖かくなるのが待ち遠しいね。」
カエルン「そうね。皆さん体調気をつけて欲しいな。」
なんてお話している声が聞こえてきそうです。

投稿時間:19:00 | カテゴリ:気象キャスター | 固定リンク

2019年02月12日 (火)春は名のみの風の寒さや


4時台、5時台を担当している佐藤克樹です。

sato_k2018.jpg

立春を過ぎ暦の上では春となりましたが、まだまだ寒い日が続いていますね。

早朝のキャスターを担当する週は深夜に出勤し、
午前2時からスタジオのすぐ外でその日読む原稿をチェックしているのですが、
この時間帯は人も少なくとても寒く感じるのです。

おはよう日本のアナウンスチームの中でも随一の寒がりと自認するワタクシ。
完全防寒で臨んでいます。

こちらがその様子(再現)。

20190212_sato_01.jpg

ネクタイを締めてジャケットを着て、その上にもう一枚ジャージを重ね着しています。

20190212_sato_02.jpg

足にはウールのひざ掛けを。

20190212_sato_03.jpg

手元には、以前もご紹介した、あたたか~いお茶を常備。
ルイボスティーのほか、最近は黒豆茶もよく飲んでいます。

これだけではありません!
袖をまくると・・・。

20190212_sato_04.jpg

白いワイシャツの下に見えているのは吸湿発熱作用のある長袖のTシャツです。
もちろん、その下には半袖の肌着も着ています。

更に!!
裾をまくると・・・。

20190212_sato_05.jpg

すねの部分、靴下と微妙に色の違うのがわかりますか?これ、レッグウォーマーです。
冷え対策は足元からということで履くようにしました。

ちょっと厚着しすぎですか?
小学生の頃は半ズボン(ハーフパンツではなく、半ズボンです!)で
寒風吹きすさぶ中を走り回っていたのですが…。

本格的な春の到来まではもうしばらくかかりそうです。
みなさんも風邪などひかないよう、暖かくしてお過ごしくださいね。

投稿時間:19:00 | カテゴリ:キャスター | 固定リンク

2019年02月08日 (金)平日の私は・・・


こんにちは。
土日祝日キャスターの新井秀和です。

arai2018.jpg

「おはよう日本」には土日祝日だけしか出演しないため、
「平日は何してるの?」とか、「週休5日なの?」なとど
冗談交じりに聞かれることがあります。

先日は、平日を使って、
総合テレビで毎週日曜夜7時30分から放送している
「ダーウィンが来た!生きもの新伝説」の取材に行ってきました。
(私は番組でナレーションを担当しています)

場所は、広島県東広島市豊栄町。
世界最大の両生類で、
国の特別天然記念物でもある「オオサンショウウオ」に会いに行ってきたのです。

20190208_arai_01.jpg

あっ、オオサンショウウオじゃなく私の写真でごめんなさい。
私のブログでは、一応お決まりかと思って(笑)
オオサンショウウオは、この後ろを流れる川に、ちゃんといましたよ。

なぜオオサンショウウオなのか。
2018年7月の「西日本豪雨」によって、
オオサンショウウオが暮らす環境に異変が起きました。
豪雨の影響で川の護岸が崩れて巣穴が壊れたり、
上流にいたオオサンショウウオが下流に流されてしまったりしたのです。

20190208_arai_02.jpg

今でもこのように、護岸が崩れたままの場所も多くありました。
ところが取材をしてみると、こうした見た目でわかりやすい場所だけでなく、
大雨による増水で大きな石が流れるなどして川の流れが微妙に変わるだけで、
オオサンショウウオの暮らしに影響しているところもありました。
はじめて見る私には、その違いがわからないほどでした。
そんな中、オオサンショウウオを保護するため、地元の皆さんが活動しています。
番組ではそうした取り組みもお伝えする予定です。

実は去年に続いて2回目の取材なのですが、
その時産まれた卵が無事幼生になっている姿も見ることができました。

20190208_arai_03.jpg

ちなみにこの写真は、去年訪れた時に見つけたオオサンショウウオです。
周りに比較する物がないのでわかりづらいかもしれませんが、
1メートル近い大きさで、間近で見るとかなりの迫力です。
これほどの大きさになるには何十年もかかります。
その間、災害等によって環境が変わると、命をつないでいくことが難しくなります。
だからこそ、地域の宝である特別天然記念物を守ろうと、
地元の皆さんが生態の調査や保護に取り組んでいるのです。

「おはよう日本」でも、西日本豪雨を受けたその後の取り組みなど、
関連するニュースやリポートをお伝えしていますが、
今回は、“生きものから豪雨被害を考える”取材に行ってきました。
私は、去年とあわせて一週間ほどのロケでしたが、
取材クルーは数か月にわたってオオサンショウウオの暮らしに密着し、
貴重なシーンもたくさん撮れています。

今回の取材の模様は、3月3日の「ダーウィンが来た!」で放送する予定です。
是非ご覧ください!
毎週日曜日は、朝7時から「おはよう日本」。
夜7時30分から「ダーウィンが来た!」と覚えて下さいね。

投稿時間:19:00 | カテゴリ:キャスター | 固定リンク

2019年02月08日 (金)本に囲まれて"暮らす"魅力


おはBizキャスターの豊永博隆です。

toyonaga2018.jpg

みなさん、最近、本を読んでいますか?
パソコンやスマホで文字を読む量は圧倒的に増えているように思いますが、
紙の本を読むとなるとどうも億劫になりがちですよね。
私は職業柄インタビューをする機会が多いので、関連の書籍を読むことは多いですが、
どうしても経済・ビジネス関連の本に偏ってしまいます。
小説なんてずいぶん読んでいないなあ。

こうしたなか、取材で神奈川県の箱根にできた「ブックホテル」を訪問しました。

20190209_toyonaga_05.jpg

20190209_toyonaga_01.jpg

ホテルのエントランスに入ると吹き抜けのロビー。
圧巻は2階の天井まである本棚です。
食やアート、ライフスタイル、小説から建築、動植物など
さまざまなジャンルの本1万2000冊が並んでいます。

20190209_toyonaga_02.jpg

本棚のなかには本を読むための狭いスペースも。
狭いと集中できる効果があるらしく、私も入り込んでみましたが、
確かに自分だけの世界という感じがします。

このホテルを運営するのは出版社と書店を取り次ぐ日販=日本出版販売です。
本離れに電子書籍の拡大、紙の本の取り扱いが減るなかで、
本と出会う楽しさ、本との距離を縮めるための施設として
去年8月にオープンしたそうです。

20190209_toyonaga_03.jpg

20190209_toyonaga_07.jpg

20190209_toyonaga_08.jpg

20190209_toyonaga_06.jpg

部屋はシンプルですが、
ベランダにはなんと!露天風呂がついていて、ハンモックもあります。
室内には本棚があり、著名な作家や音楽家、アーティストなどが選んだ、
お気に入りの本が置いてあります。
仕事のことは一切考えず、時間が過ぎ去るのを忘れて本にどっぷりとはまりたいと
心から思いました。

20190209_toyonaga_04.jpg

このホテルでは当然ながら展示してある本を購入できます。
2階建ての巨大な本棚をうろうろして、私も3冊本を選んでみました。
フランスの写真家のエッセー「不完全なレンズで」、
北欧のライフスタイル実践法を描いた「ヒュッゲ」、
そして、不思議な生命力がある植物の謎を描いた「植物はなぜ動かないのか」。
どの本も、普段なら決して選ばないタイプの本ですね。


ネットでも多くの情報が簡単に得られますが、平面的な気がします。
新しい知識を立体的なものにして、自分の頭のなかに根付かせるには
紙の本が最適なようにも思います。
みなさんもたまには日々の仕事や生活のスイッチを切り、
本の大海原に入り込んでみませんか。

この取材内容は2月12日(火)のおはよう日本
おはBiz(午前6時35分すぎ)で放送する予定です。

投稿時間:14:00 | カテゴリ:おはBiz | 固定リンク

2019年02月05日 (火)日々の備えと、減量と・・・


岩野吉樹です。

iwano2018.jpg

先月、横浜で開かれたショッピングセンターのフェアに
取材に行ってきました。

20190205_iwano_01.jpg

大学時代、あるショッピングセンターでアルバイトをしていた私。
今でも、各地のショッピングセンターに足を運ぶたびに、
「どういうコンセプトで作られ、それがどう表現されているのか」
「お客さんにどうやって楽しんでもらおうとしているのか」などと
買い物よりも、その「作り」や「戦略」に興味がいきます。


そこで、最新情報が知りたいと訪れたフェア。
会場には、「人が集まるショッピングセンターこそ
災害への備えが必要だ」と呼びかけるコーナーやセミナーもありました。

20190205_iwano_02.jpg

たとえば、8年前の3月11日。
仙台のある施設は、帰宅困難者 約800人を受け入れ、
水や食料・毛布を配って、一夜を明かしたといいます。

また、去年相次いだ台風のとき。
大阪のある施設では、従業員の自宅や家族も大変な状況のなか、
「安全確保のために休業すべき」と思いながらも、
「それをどうやって客と従業員に伝えればいいのか」と悩んだといいます。

ほかにも、興味深い情報が多く、大変勉強になりました。


話は変わって。
会場では、アルバイト時代からの知人にも何人か会いました。
「久しぶり~」と旧交を温めた後の二言目は、みな同じ。
「おはよう日本、見てるよ~!また大きくなったね~(太ったね~)」と。

はい。否定はしません(できません…)。
でも、私だって、この状況を打開すべく頑張ってきたのです。

去年4月、私はこのブログで宣言をしました。
去年春にはこうだった自分を・・・

20190205_iwano_03.jpg

NHK入局当時のこうだった自分に!

20190205_iwano_04.jpg

年齢はともかく、体格だけでも近づけよう、
具体的には「年度末までにマイナス5kg」という1人減量プロジェクト!
その期限である3月末が近づいてきました。
去年の4月、81kg台の半ばだった私の体重。
いまは・・・

20190205_iwano_05.jpg

77.5kg!
(1月30日 朝 撮影)

え?夏からほとんど減ってないって??
秋から年末年始にかけて一時増加に転じてしまったんです。
でも、なんとか乗り切りました。
78kgを切ったのは、約8年ぶりです。

目標のマイナス5kg(76kg台半ば)まではあと少し!
なんとか年度内に達成できそうなところまできました。

災害への備えも、減量も。
毎日の心がけが大切!と改めて感じています。

投稿時間:19:00 | カテゴリ:キャスター | 固定リンク

2019年02月01日 (金)走るために歩き始めました


スポーツ担当の豊原謙二郎です。

toyohara2018.jpg

1月から歩き始めました。
ここ数年続いていたオーバーウェイト状態を解消するためです。
本当は走りたいのですが、ここまでほぼノーエクササイズの私は、
走ったら膝や腰が破綻するだろう・・・ということは想像に難くありません。
ここは無理をせず、まず続けられそうなウォーキングから始めよう、ということです。

きっかけは年末年始たらふく食べた1月4日に、ふと思い立って歩いてみました。
すると、こんな景色に出会ってしまいました。

20190201_toyohara_01.jpg

富士山が夕空にシルエットで浮かんでます。
ついでに朝だとこんな感じです。

20190201_toyohara_02.jpg

これはなかなかいいもんだということで、
毎日ではありませんが、ここまではなんとか続いています。

これをうまいこと記録していけないかなあ、と思っていたら、
「そうか、走ってないけどランニング用のアプリは使えるのか」ということに気づき、
それを動かしながらいまはテクテク歩いています。

20190201_toyohara_03.jpg

ペースなども教えてくれるし、信号で止まったら勝手に止まるし、便利ですね。
意外に自分を見直したのは(笑)、知らず知らずにベストタイムを目指していることですね。
ウォーキングなのに。
さすが、オイルショックベイビーズ
(昭和48年生まれのベビーブーマーなので、そう呼んでます)。
おそらく一生競争からは抜け出せないのでしょう。

いまはラスト1kmだけジョグにしてます。
その距離を少しずつ伸ばしていって、
いつかは「走ってます」と言えるようになろうというのがささやかな目標です。
頑張りまーす。

投稿時間:19:00 | カテゴリ:キャスター | 固定リンク

2019年01月29日 (火)我が母校、甲子園へ


土日祝スポーツの北野剛寛です。

kitano2018.jpg

1月25日、春のセンバツ高校野球の出場校が決まりました。
その翌朝の「おはよう日本」スポーツコーナーです。

20190129_kitano_01.jpg

21世紀枠に続いて、北から順番に出場校を紹介していくと…。

20190129_kitano_02.jpg

ありました!鳥取・米子東高校。我が母校です!
実に23年ぶり、今大会の出場校中、最も久しぶりの出場になります。
1960年のセンバツ準優勝を筆頭に、
夏も含めてこれまでに21回、甲子園に出場していますが、
ここ数年は遠ざかっていました。

やっぱり、OBとしてはすごく嬉しいものですね。
といっても、私はラグビー部で、
1年生の夏に野球部が甲子園に出場したときは、ラグビーの合宿中で応援に行けず、
テレビで先輩の活躍を見ていました。
当時片思いだった人がアルプススタンドで応援している様子がアップで映り、
妙に嫉妬したこともはっきり覚えています…(苦笑)。

実は、私が初めて甲子園でラジオ実況を担当した際、
解説者は米子東高校の先輩の杉本慎吾さんでした(もちろん偶然です)。
初実況で緊張していたのですが、
「この試合の解説は、鳥取・米子東高校から慶應義塾大学、
 米子東高校元監督の杉本慎吾さんです」と、
経歴だけ(?)はスラスラご紹介できました。
本当にいろいろと助けて頂いた先輩に、この場をお借りして改めてお礼申し上げます。

と、いろいろなことを思い出させてくれた今回のセンバツ出場決定のニュース。
その翌日の「おはよう日本」が土曜日で、
私が母校の原稿を読ませてもらえたことも含めて、
いろいろな「ご縁」を感じることができました。

高校野球ファンの皆さん、
「YONAGO」の緑文字のユニフォームが甲子園に帰ってきます。
選手の皆さん、晴れの舞台で「ベートー野球」を思う存分楽しんでください!
私も応援に行…けるといいな…。

投稿時間:19:00 | カテゴリ:キャスター | 固定リンク

2019年01月25日 (金)新春恒例の、あの場所へ!


リポーターの大槻隆行です。

otsuki2018.jpg

今年もどうぞよろしくお願いいたします!

先日、ある場所で新年ならではの仕事をしてきました。
その場所がこちら。

20190125_ootsuki_01.jpg

皇居のお濠です。
そのお仕事とは…皇居で開かれる、新春恒例の「歌会始」です。
平成最後となる今回の「歌会始」、
入選して歌が披露された皆さんの、
緊張感がありながらもどこか晴れがましい表情が印象的でした。

20190125_ootsuki_02.jpg

放送に臨んだアナウンサーのメンバーで終了後に一枚。
左から、兼清麻美アナ、大沢幸広アナ、私・大槻、中野純一アナです。
本番まで、4人でコメントのチェックを繰り返してきました。
無事放送が終わり、みんなだいぶ表情が緩んでいます

20190125_ootsuki_03.jpg

ことしの「歌会始」のお題は『光(ひかり)』でした。
帰り際に再びお濠を見てみると、
日の光が差し込み、白鳥がくつろぐ姿が…
こんな穏やかな一年になることを願い、皇居を後にしました。

投稿時間:19:00 | カテゴリ:リポーター | 固定リンク

ページの一番上へ▲