連続テレビ小説 おちょやん
読み込み中...

あらすじ

その名も、鶴亀新喜劇や

終戦から3年、千代(杉咲花)たちは、地方で公演を続けていた。そんなとき、鶴亀の社長、大山鶴蔵(中村鴈治郎)から、道頓堀に戻ってこい、という連絡がくる。一平(成田凌)は、鶴蔵がどうして、万太郎一座ではなく、自分たちに声をかけたのか不信に思う。実は、須賀廼家万太郎(板尾創路)は、病で声を失っていた。そのことを知った、須賀廼家千之助(星田英利)は、万太郎最後の公演に助っ人として参加することにする。

> さらに詳しく
この週の放送をNHK+放送後から7日間いつでも視聴できます

フォトギャラリー

第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」
第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」
第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」
第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」
第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」
第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」
第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」
第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」
第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」
第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」
第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」
第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」
さらに見る
第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」
第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」
第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」
第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」
第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」
第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」
第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」
第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」
第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」
第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」
第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」
第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」
第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」

矢部太郎さん「おちょやん」を語る

三年という月日は誰にも同じに流れていました
三年という月日は誰にも同じに流れていました
喜劇王万太郎の最後の舞台、天晴れ!
喜劇王万太郎の最後の舞台、天晴れ!
> もっと見る