連続テレビ小説 おちょやん
読み込み中...

あらすじ

うちの原点だす

昭和20年3月13日深夜、大阪の街が大空襲に見舞われた。公演のため京都に来ていた千代(杉咲花)と一平(成田凌)は、そのことを聞き、急ぎ道頓堀に戻ってくる。そこで、福富の(いしのようこ)と夫の福松(岡嶋秀昭)が亡くなったことがわかる。千代と一平たちは、みつえ(東野絢香)たちと一緒に暮らすことにする。そんなとき、寛治(前田旺志郎)が突然、家庭劇を辞めて満州への慰問団に志願したいと言い出す。

> さらに詳しく
この週の放送をNHK+放送後から7日間いつでも視聴できます

フォトギャラリー

第18週「うちの原点だす」
第18週「うちの原点だす」
第18週「うちの原点だす」
第18週「うちの原点だす」
第18週「うちの原点だす」
第18週「うちの原点だす」
第18週「うちの原点だす」
第18週「うちの原点だす」
第18週「うちの原点だす」
第18週「うちの原点だす」
さらに見る
第18週「うちの原点だす」
第18週「うちの原点だす」
第18週「うちの原点だす」
第18週「うちの原点だす」
第18週「うちの原点だす」
第18週「うちの原点だす」
第18週「うちの原点だす」
第18週「うちの原点だす」
第18週「うちの原点だす」
第18週「うちの原点だす」

矢部太郎さん「おちょやん」を語る

少しのユーモアで人は生きていける
少しのユーモアで人は生きていける
「世界中の人が同じ芝居を見て、同じように笑える日」いつか…
「世界中の人が同じ芝居を見て、同じように笑える日」いつか…
> もっと見る