連続テレビ小説 おちょやん
読み込み中...

あらすじ

うちの守りたかった家庭劇

昭和19年1月、鶴亀家庭劇は相変わらず愛国ものの芝居を続けていたが、客の不入りが続いていた。そんなとき、千代(杉咲花)と一平(成田凌)の家に幼なじみの福助(井上拓哉)がやってくる。福助に赤紙が来て、召集されることになったのだ。福助は、千代と一平に、みつえ(東野絢香)と息子の一福のことを頼むと頭を下げる。千代は、出征する前に、福助に思う存分好きなジャズの曲を演奏させてあげたいと考える。

> さらに詳しく
この週の放送をNHK+放送後から7日間いつでも視聴できます

フォトギャラリー

第17週「うちの守りたかった家庭劇」
第17週「うちの守りたかった家庭劇」
第17週「うちの守りたかった家庭劇」
第17週「うちの守りたかった家庭劇」
第17週「うちの守りたかった家庭劇」
第17週「うちの守りたかった家庭劇」
第17週「うちの守りたかった家庭劇」
第17週「うちの守りたかった家庭劇」
第17週「うちの守りたかった家庭劇」
第17週「うちの守りたかった家庭劇」
第17週「うちの守りたかった家庭劇」
さらに見る
第17週「うちの守りたかった家庭劇」
第17週「うちの守りたかった家庭劇」
第17週「うちの守りたかった家庭劇」
第17週「うちの守りたかった家庭劇」
第17週「うちの守りたかった家庭劇」
第17週「うちの守りたかった家庭劇」
第17週「うちの守りたかった家庭劇」
第17週「うちの守りたかった家庭劇」
第17週「うちの守りたかった家庭劇」
第17週「うちの守りたかった家庭劇」
第17週「うちの守りたかった家庭劇」
第17週「うちの守りたかった家庭劇」

矢部太郎さん「おちょやん」を語る

一平の言葉 忘れられません
一平の言葉 忘れられません
福助さん、きれいな音色を残してくれました
福助さん、きれいな音色を残してくれました
> もっと見る