連続テレビ小説 おちょやん
読み込み中...

あらすじ

一人やあれへん

一平(成田凌)が突然、一人で暮らし始めた。そんなとき、社長の大山鶴蔵(中村鴈治郎)がやって来て、父の名前を継ぎ、二代目天海を襲名するように伝える。一平はそれを断るが、これは社命だと言う。一平が襲名をしたくない理由には、父親への恨みがあった。千代(杉咲花)は、一平の母、夕に会い、襲名を説得してもらおうと、千之助(星田英利)から居場所を聞き出す。そして、一平を連れ出し、京都に向かう。

> さらに詳しく
この週の放送をNHK+放送後から7日間いつでも視聴できます

フォトギャラリー

第13週「一人やあれへん」
第13週「一人やあれへん」
第13週「一人やあれへん」
第13週「一人やあれへん」
第13週「一人やあれへん」
第13週「一人やあれへん」
第13週「一人やあれへん」
第13週「一人やあれへん」
第13週「一人やあれへん」
第13週「一人やあれへん」
第13週「一人やあれへん」
さらに見る
第13週「一人やあれへん」
第13週「一人やあれへん」
第13週「一人やあれへん」
第13週「一人やあれへん」
第13週「一人やあれへん」
第13週「一人やあれへん」
第13週「一人やあれへん」
第13週「一人やあれへん」
第13週「一人やあれへん」
第13週「一人やあれへん」
第13週「一人やあれへん」

矢部太郎さん「おちょやん」を語る

一平のリビドーとタナトスが!!
一平のリビドーとタナトスが!!
ヨシヲーーー!
ヨシヲーーー!
> もっと見る