連続テレビ小説 おちょやん
読み込み中...

あらすじ

うちのやりたいことて、なんやろ

大正13年、秋。千代(杉咲花)が道頓堀の芝居茶屋、岡安に来て約8年、まもなく18歳になろうとしていた。千代は岡安の女将シズ(篠原涼子)に言われ、生まれて初めて自分のやりたいことを考え始める。ある日、千代は憧れの女優、高城百合子(井川遥)と再会。一方、シズもかつて深い因縁のあった歌舞伎役者、早川延四郎と20年ぶりに再会していた。しかし、二人の仲がうわさとなり、道頓堀に悪い評判が広がってしまう。

> さらに詳しく
この週の放送をNHK+放送後から7日間いつでも視聴できます

フォトギャラリー

第3週「うちのやりたいことて、なんやろ」
第3週「うちのやりたいことて、なんやろ」
第3週「うちのやりたいことて、なんやろ」
第3週「うちのやりたいことて、なんやろ」
第3週「うちのやりたいことて、なんやろ」
第3週「うちのやりたいことて、なんやろ」
第3週「うちのやりたいことて、なんやろ」
第3週「うちのやりたいことて、なんやろ」
第3週「うちのやりたいことて、なんやろ」
第3週「うちのやりたいことて、なんやろ」
さらに見る
第3週「うちのやりたいことて、なんやろ」
第3週「うちのやりたいことて、なんやろ」
第3週「うちのやりたいことて、なんやろ」
第3週「うちのやりたいことて、なんやろ」
第3週「うちのやりたいことて、なんやろ」
第3週「うちのやりたいことて、なんやろ」
第3週「うちのやりたいことて、なんやろ」
第3週「うちのやりたいことて、なんやろ」
第3週「うちのやりたいことて、なんやろ」
第3週「うちのやりたいことて、なんやろ」
第3週「うちのやりたいことて、なんやろ」
第3週「うちのやりたいことて、なんやろ」
第3週「うちのやりたいことて、なんやろ」
第3週「うちのやりたいことて、なんやろ」
第3週「うちのやりたいことて、なんやろ」

矢部太郎さん「おちょやん」を語る

変わっていないようで、やっぱり変化はありますね
変わっていないようで、やっぱり変化はありますね
そんなにお芝居が好きなら、やってみたら
そんなにお芝居が好きなら、やってみたら
> もっと見る