連続テレビ小説 おちょやん
読み込み中...

登場人物

主人公 竹井千代役 杉咲 花 水野春子 毎田暖乃 上田栗子 宮澤エマ 喜劇界のプリンス 天海一平役 成田 凌 劇団員 松島寛治役 前田旺志郎 劇団員 石田香里役 松本妃代 須賀廼家万歳 藤山扇治郎 天海灯子 小西はる 須賀廼家千兵衛 竹本真之 劇団員 須賀廼家徳利役 大塚宣幸 劇団員 須賀廼家天晴役 渋谷天笑 劇団員 漆原要二郎役 大川良太郎 劇場の支配人 熊田役 西川忠志 シズと宗助の娘 富川みつえ役 東野絢香 富川一福 木村風太 主人 岡田宗助役 名倉 潤 女将(おかみ) 岡田シズ役 篠原涼子 花車当郎 塚地武雅 長澤誠 生瀬勝久 酒井光一 曽我廼家八十吉 富岡竜夫 川添公二 桜庭三郎 野村尚平 四ノ宮一雄 久保田悠来

Zoom : zoom in zoom out

鶴亀新喜劇

天海一平 成田 凌
喜劇界のプリンス

天海あまみ一平いっぺい

成田なりた りょう

鶴亀新喜劇の座長。自分が目指す新しい喜劇を作ろうと、千代と二人三脚で鶴亀新喜劇を盛り立ててきたが、劇団員の灯子との間に子どもができたことで、千代と離縁した。

天海灯子 小西はる
一平の妻

天海あまみ灯子とうこ

小西こにしはる

戦後、焼け跡での「マットン婆さん」の芝居を見て、鶴亀新喜劇へ加入。一平の子どもを妊娠し、新平という男の子を出産した。一平と3人で暮らしている。

熊田 西川忠志
鶴亀株式会社 社員

熊田くまだ

西川にしかわ忠志ただし

鶴亀株式会社の社員であり、劇場の支配人も務める。千代が芝居の魅力に気づくきっかけをつくる。社長の大山鶴蔵の忠実な部下であり、役者たちに鶴蔵の意向を伝えるメッセンジャーのような役割を果たす。

須賀廼家天晴 渋谷天笑
劇団員

須賀廼家すがのや天晴あっぱれ

渋谷しぶや天笑てんしょう

初代天海天海の時代からの劇団員で、千代や一平を幼い頃から見守ってきた。のちに新たに旗揚げされた鶴亀家庭劇に参加する。天晴という名前だが、雨男、いつもどしゃ降りの人生。

須賀廼家徳利 大塚宣幸
劇団員

須賀廼家すがのや徳利とっくり

大塚おおつか宣幸のりゆき

初代天海天海の時代からの劇団員で、一座のムードメーカー。のちに新たに旗揚げされた鶴亀家庭劇に参加する。徳利という名前だが、酒よりビールが好き。ほら貝を吹くのが得意。

漆原要二郎 大川良太郎
劇団員

漆原うるしばら要二郎ようじろう

大川おおかわ良太郎りょうたろう

初代天海天海の時代からの劇団員。体は大きめだが、女形の役者。舞台に立ったときの美しさは圧倒的。のちに新たに旗揚げされた鶴亀家庭劇に参加。一平には、特別な思いがある。

石田香里 松本妃代
劇団員

石田いしだ香里かおり

松本まつもと妃代きよ

歌劇団出身の女優。歌って踊れるのが自慢だが、喜劇の世界ではそれを披露する機会がなかなかない。千代を密かにライバル視している。

松島寛治 前田旺志郎
劇団員

松島まつしま寛治かんじ

前田まえだ旺志郎おうしろう

鶴亀新喜劇の劇団員。千代を母のように慕い、千代・一平夫婦と一緒に暮らしていた。千代と一平が離縁した後も、千代の身を案じている。

須賀廼家万歳 藤山扇治郎
劇団員

須賀廼家すがのや万歳ばんざい

藤山ふじやま扇治郎せんじろう

鶴亀家庭劇のライバル・須賀廼家万太郎一座の座員で万太郎を尊敬している。のちに、新たに立ち上がった「鶴亀新喜劇」に加わる。

須賀廼家千兵衛 竹本真之
劇団員

須賀廼家すがのや千兵衛せんべえ

竹本たけもと真之まさゆき

須賀廼家万太郎一座の元座員で万太郎を尊敬している。戦争から帰還し、須賀廼家万歳とともに鶴亀新喜劇に加わる。