2016年04月22日 (金)

「熊本地震を取材して」  記者 溝下貴洋

記者の溝下です。ニュースウオッチ9の取材クルーとして熊本地震を取材しました。
私たちは地震発生翌日の15日に取材に入り、熊本県益城町を中心に取材をしました。
熊本は私の前任地であり出身地でもあります。
現地に入ってみると、被害は私たちの想像を大きく超えたものでした。かつて取材で訪れたことがある場所…思い出の場所…どこも大きく変わってしまっていました。
大きな被害を受けて大変な中にもかかわらず、現地では本当に多くの方々に取材に応じていただきました。私たちも取材に応じていただいた方々の思いを少しでも多くの人たちにお伝えできればという思いで、懸命に取材を続けました。
今回の地震を取材して感じたのは、何かが起きると私たちの暮らしは一瞬にして成り立たなくなるということです。コンビニが24時間開いていて食べ物や飲み物がすぐに手に入ること、蛇口をひねればきれいな水が出てくること…私たちが日々、特に意識もせずに過ごしている"ふつうの暮らし"が、いかにもろいものなのか痛感しました。
地震はいつ、どこで起きるか予測できません。だからこそ、私たち1人1人の災害への「日々の備え」が重要だと感じます。水や食料の備蓄は十分か、家具の固定はしてあるか。みなさんも災害への備えを改めて見直していただければと思います。
5日間の現地取材を終え、私はいま、東京のニュースセンターで日々のニュース制作にあたっています。故郷が大きな苦難に直面するなか、現地で感じたことを胸に、被災した人たちにとって少しでも役に立つ放送をお届けしていきたいと思っています。

nw920160422_1_1.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:18:45


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2020年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バックナンバー


RSS

page top