2017年08月04日 (金)

気象キャスター 斉田季実治の天気豆知識

【台風の「転向点」と「長寿」】

 台風の進行方向が、西向きから北ないし東に大きく変わる地点のことを「転向点(てんこうてん)」といいます。この転向点では台風の動きが特に遅くなりますが、今回の台風5号は奄美大島付近で転向点を迎えるため、奄美地方は台風の影響を長く受けそうなのです。

 転向点のあと、台風は上空の風に流されて加速することになります。台風5号はまだどのタイミングで上空の風に乗るのかはっきりしないため、九州など西日本へ接近する日時も定まっていません。台風は急に加速して近づくおそれもありますので、早めの備えをお願いします。

 一方で、迷走を続けた台風5号は、ある記録を更新するかもしれません。あす5日(土)の午前9時で発生から15日間となり、2000年以降で最も長寿の台風となりそうです。過去には1986年の台風14号が発生から消滅まで19.25日という記録がありますが、今回の台風5号はこの記録を超える可能性がでてきました。

20170804_blog_saita.png

投稿者:斉田季実治 | 投稿時間:21:44


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2020年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バックナンバー


RSS

page top