斉田季実治

2019年10月23日 (水)

気象キャスターの役割とは?   斉田季実治

台風19号が伊豆半島に上陸し、東日本や東北に甚大な被害をもたらしてから10日ほどが経ちました。

未だに行方不明の方も多く、慣れない避難所での生活に疲れが溜まってきた方も多いと思います。

エコノミークラス症候群などによる災害関連死を防ぐためにも、被災地のライフライン等が少しでも早く復旧し、

日常の生活に戻れることを願っています。

 

私や家族は幸いにも被災しないで済みましたが、

気が付けばあの日の夜のことを考えていることが多いです。

NHKで深夜の大雨や台風の臨時放送を担当するようになって10年がたちますが、

これほど広域で河川が氾濫したのは初めてでした。

本来であれば、増水して氾濫の危険がある川をお伝えするはずが、あまりにも次々に川が氾濫したために

30分ごとの放送でも氾濫した川のそばの方に逃げてと呼びかけることしかできませんでした。

一方で、コンピュータによる6時間先までの雨の予想は驚くほど当たっていました。

関東甲信や福島県で大雨や暴風が吹いているころ、宮城県の内陸部や岩手県の沿岸で

これから記録的な大雨になることを示唆していたのです。

予想が外れることを願いながら放送していました。

刻一刻と状況が変化する中、自分は適切な情報を伝えることができたのだろうか、

少しでも命を守るための手助けができたのだろうかと考える日々が続いています。

 

今回の台風は異例の急発達をしたため、早くから警戒が呼びかけられました。

去年、近畿地方を中心に甚大な被害をもたらした台風21号と同じような被害が、

今度は関東周辺で起こるかもしれない。

昭和33年、伊豆半島や関東に大きな被害をもたらした狩野川台風に匹敵する大雨が降るかもしれない。

さまざまな過去の事例を提示しながら、台風19号の危険性や早めの避難の必要性を呼びかけました。

 

また、台風上陸のかなり前から大雨が降って、危険な状況になることが予想されていました。

私は前日に、屋外にある植木鉢や物干し竿をしまう様子の写真をTwitterで配信し、

台風接近の前日からNHKそばのホテルに泊まることも記しました。

気象予報士がいつも以上に警戒していることを、実際の行動を通して伝えたかったためです。

 

毎年のように災害が発生するいま、私たち気象キャスターの役割は、

災害で命を落とす方を少しでも減らすことだと思っています。

予報の精度を高めるのは、その手段の一つにすぎません。

できることは、まだあるはず。

自分の立場や経験を通して、何ができるのかをいま一度考え、行動に移していきます。

 

投稿者:斉田季実治 | 投稿時間:17:00 | 固定リンク


2019年08月22日 (木)

夏休みに星空案内人になりました   斉田季実治

20190822_blog_saita1.jpeg

去年12月の放送で「星空案内人(準案内人)」として、ふたご座流星群の楽しみ方をご紹介させていただきましたが、

夏休み中に“準”が取れて正式な「星空案内人」になりました。

この半年ほど、都内某所で望遠鏡を組み立てる練習をしたり、仲間たちと観望会を開いたりして研さんを積んできました。

20190822_blog_saita2.jpeg

「何が見えるんですか?」「もしかして天気の斉田さん?」と声を掛けてくださる方も多く、

楽しみながら学ぶことができました。

20190822_blog_saita3.jpeg

写真の月は望遠鏡は使わずに、高倍率のコンパクトデジカメで撮ったものです。

望遠鏡をのぞく時間がなくても、仕事帰りに毎日、夜空を見上げています。

誰でも、どこでも、見上げれば、空を楽しむことができます。

1人でも多くの方が、空や天気に興味を持ってもらえるように活動の場を広げていきます!

投稿者:斉田季実治 | 投稿時間:21:31 | 固定リンク


2019年07月09日 (火)

ラグビーワールドカップ   斉田季実治

20190709_blog_saita1.jpg

【斉田(中央) 大学生のころ】

ラグビーワールドカップ2019日本大会の開催まで2か月ほどとなりました。私がラグビーをしていたうん十年前には、日本でワールドカップが開かれることは想像すらできませんでした。

20190709_blog_saita2.jpg

【ラグビーワールドカップのトロフィー】

ニュースウオッチ9でもラグビーワールドカップを盛り上げるべく、スポーツキャスターの一橋さんが奔走してくれていますが、そのおこぼれを頂戴しながらラグビーをしていたころのことを思い出しています。

雨が降るとボールは滑りやすくなります。遠くに投げるサインプレーは使わずに、スクラムサイドの突破を試みるなど、高校時代から天気を意識してプレーをしていました。雨が降ると練習が短くなるので、授業中に雨乞いをしながら空を見上げていたこともあります。スポーツと天気は密接に関係していますので、今後はもっと一橋さんとコラボレーションしていきたいと思っています。

20190709_blog_saita3.jpg

【ラグビー日本代表のジャージ】

大会は9月20日から11月2日までですが、ことしの9月は残暑が厳しいことが予想されています。日本特有の蒸し暑さを味方につけて、日本チームが好成績を収めてくれることを期待しましょう。応援する方も熱が入ると思いますが、熱中症にはくれぐれもご注意ください。

投稿者:斉田季実治 | 投稿時間:15:09 | 固定リンク


2019年05月16日 (木)

雨の季節に変化?   斉田季実治

 今週の14日(火)に奄美地方で最初に梅雨入りの発表があり、きょう16日(木)に沖縄地方で梅雨入りが発表されました。

20190516_blog_saita.png

(2019年5月14日放送のニュースウオッチ9 気象情報より)

 平年の梅雨入りは沖縄地方が5月9日ごろ、奄美地方は5月11日ごろで沖縄のほうが早いですが、最近は奄美地方のほうが早い傾向が続いています。平年というのは1981年から2010年までの30年間の平均です。2008年以降をみると、沖縄と奄美は同じ日か、奄美のほうが早く梅雨入りしています。

 

20190516_blog_saita2.png

 そのほかの平年の梅雨入りは、九州南部で5月31日ごろ、九州北部や四国から東北は6月に入ってからです。ただ、この時期になると、本州付近にも活発な雨雲のもととなる非常に湿った空気が一時的に流れ込んで、局地的に大雨になることがあります。

 地球温暖化の影響などで一度に降る雨の量は多くなる傾向にありますので、大雨への備えは早めに確認しましょう。

投稿者:斉田季実治 | 投稿時間:21:58 | 固定リンク


2019年04月01日 (月)

今年のサクラは長く楽しめる?   斉田季実治

20190401_blog_saita01.jpeg

【写真 東京千代田区 千鳥ケ淵のサクラ 3月27日(水)撮影】

3月27日(水)に全国のトップを切って東京でソメイヨシノの満開が発表されました。この日、ニュースウオッチ9の取材で、東京千代田区にある千鳥ケ淵を訪れて、ボートからお花見の状況をリポートしました。また、3月31日(日)には東京世田谷区にある砧公園のサクラの様子も見てきました。

20190401_blog_saita02.jpeg

【写真 東京千代田区 砧公園のサクラ 3月31日(日)撮影】

 どちらのサクラもお花見を楽しめるほど咲いていましたが、木によって咲き方にばらつきがあると感じました。サクラは春先に暖かいと早く咲くため、日当たりのよい場所にあるサクラの木は早く咲く傾向にありますが、ことしは暖冬も影響してばらつきが大きくなっているかもしれません。

 サクラは前年の夏に次の春に咲く花の芽ができます。花の芽はいったん眠りにつきますが、真冬の寒さに一定期間さらされて花の芽は目を覚まします。これを「休眠打破(きゅうみんだは)」といいますが、この冬は暖かかったため、ちゃんと目覚めていない木で開花が遅れている可能性があるのです。

 サクラの開花にばらつきがあるということは、長くお花見が楽しめると捉えることもできます。東京は平年より一週間早く3月27日に満開の発表がありましたが、次の週末4月6日(土)7日(日)もお花見が楽しめるところがありそうです。

投稿者:斉田季実治 | 投稿時間:21:48 | 固定リンク


2019年02月28日 (木)

さくらがさいた   斉田季実治

20190228_blog_saita1.jpg

サクラとチューリップが咲いているのを見るとテンションが上がってしまう斉田です。

きのう2月27日にNHK放送センター隣の代々木公園で、河津桜が見ごろを迎えていました。曇り空で日中もヒンヤリとしていましたが、シートを広げて食事をしているご家族もいらっしゃいました。

20190228_blog_saita2.jpg

あすから3月に入りますが、3月も全国的に高温傾向が続く見通しで、ソメイヨシノの開花は平年より1週間ほど早い所が多くなりそうです。

お花見の幹事の方は、タイミングを逃さないためにも今後の気象情報は要チェックです!

20190228_blog_saita3.jpg

投稿者:斉田季実治 | 投稿時間:19:02 | 固定リンク


2019年01月28日 (月)

ブルーモーメント   斉田季実治

気象予報士として、星空案内人(準)として、昼夜を問わず空を見上げていますが、最も好きな時間は昼と夜の境目です。

日の出前と日の入り後のわずかな時間、空が濃い青に染まることがあります。

20190128_blog_saita.jpg

【1月18日撮影】

「ブルーモーメント」と呼ばれる現象で、よく晴れて空気が澄んでいるときに青が際立ちます。
このため、空気中に塵や水滴が多くなりやすい夕方よりも、早朝のほうが濃い青の空に出会えることが多いです。

この時期、関東など太平洋側では「西高東低の冬型の気圧配置」のときに、すっきりと晴れるため、おすすめです。

寒くて早く目覚めてしまった朝、布団にくるまって二度寝をするのも至福の時間ですが、ちょっと空を眺めてみてはいかがでしょうか?

投稿者:斉田季実治 | 投稿時間:21:01 | 固定リンク


2018年12月17日 (月)

気象予報士の星空案内   斉田季実治

20181217_blog_saita1.PNG

ふたご座流星群の流れ星はご覧になりましたか?

12月13日(木)の放送で「星空案内人(準案内人)」として、初めて星空の楽しみ方をご案内させていただきました。星空を見るためには、空が晴れている必要があるため、気象予報士の知識が役に立ちます。ただ、私が星空案内人になろうと思った理由は、それだけではありません。

空を見上げ、空を楽しむ人が増えてほしいという思いがあるためです。そうすることで皆さんが空の変化に敏感になり、気象情報を上手に活用することを願っています。

20181217_blog_saita2.jpg

年明け早々1月4日ごろには、三大流星群のひとつ「しぶんぎ座流星」が見られるほか、1月6日には3年ぶりに日本で部分日食が見られます。新年最初のイベントとして、空を見上げてみてはいかがでしょうか?

投稿者:斉田季実治 | 投稿時間:18:10 | 固定リンク


2018年11月01日 (木)

いつもと違う紅葉を見に行こう!   斉田季実治

20181101_blog_saita1.jpg

【NHK放送センター前 10月30日撮影】

 

 今週になって東京渋谷にあるNHK放送センター前の木々も赤や黄に色づき始めました。最低気温が8度以下になると紅葉するスイッチが入り、5~6度以下になると紅葉はぐっと進むと言われています。

 ことしは相次いだ台風による強風や塩害の影響で、紅葉する前に葉を落としたり、枯れてしまったりした木も少なくありません。去年まで通勤通学の途中に見ていた紅葉は、ことしは綺麗ではない可能性があるのです。でも、だからこそ、新たな紅葉スポットを求めて旅をしてはいかがでしょう?

20181101_blog_saita2.jpg

20181101_blog_saita3.jpg

【石川県小松市にある那谷寺 10月28日撮影】

 

 もちろん何かのついででも構いません。目的地に移動中の空の上からだって、紅葉は楽しむことができます。

20181101_blog_saita4.jpg

【空から見た紅葉 10月28日撮影】

 

投稿者:斉田季実治 | 投稿時間:16:40 | 固定リンク


2018年09月27日 (木)

15秒天気予報を始めました!   斉田季実治

先週からニュースウオッチ9公式インスタグラム(@nhk_nw9)の「ストーリーズ」で、放送直前に、短い動画で天気予報をお届けしています。

午後8時過ぎのリハーサルのすぐ後に撮影した動画です。

あすの行動に役立つよう、天気のポイントを15秒以内にまとめていますが、詳しく知りたいと思われたらニュースウオッチ9の気象情報の放送をぜひご覧ください。

最近では、番組の冒頭から出演して解説させていただく機会も増えています。

20180927_blog_saita.png

日々の自分の写真を並べてみて驚いたのが、自分の髪型の違いです。

実は私、メイク中はうとうとしてしまうことが多く、髪型はほぼメイクさんにお任せしています。

たまに奇抜な髪型になっていると思うこともありますが、最初に驚いているのは私自身です。

投稿者:斉田季実治 | 投稿時間:15:49 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー


RSS

page top