長谷川静香

2020年02月28日 (金)

この冬お世話になった、お鍋さん   長谷川静香

日に日に暖かくなり、スギ花粉の気配に

目や鼻が反応しています…。

 

花粉症には辛い時期がやって参りましたが、

皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

 

 

そんな春の気配とともに、

我が家でひっそりと出番を終えようとしているのが、

 

 

鍋。

 

 

 

今年は記録的な暖冬でしたが、友人たちを招いて

いろいろな「変わり鍋」を楽しんだので、

いくつかご紹介させてください。

 

20200228_blog_hasegawa1.JPG

 

カマンベールチーズを丸ごと入れた、チーズ鍋。

最近お店でも見かけるメニューを真似してみました。

コンソメベースの味付けで、ポトフ風に。

〆はもちろん、チーズリゾットでいただきました!

 

 

20200228_blog_hasegawa2.JPG

 

こちらは、参加者みんなで具材を持ち寄った

ごちそう海鮮鍋!

これでもかというほどに魚介の出汁が出て、

おいしくないはずがありません…。

スープは雑炊にして、ほとんど飲み干してしまいました。

 

20200228_blog_hasegawa3.JPG

 

最後は、今年初挑戦のレモン鍋。

レモン汁を絞った鶏ガラスープに、輪切りのレモン、

さらに「追いレモン汁」をかけていただきました。

お肉もサッパリと食べられて、女子会にぴったりです。

 

 

 

 

振り返ってみれば、

どんな具材も巧みに受け止める包容力で、

身も心もポカポカにしてくれる、鍋…

なんて素晴らしい料理なんでしょう。

 

免疫力をつけるためにも、元気に仕事をするためにも、

栄養補給は欠かせません!!

春以降も時々お世話になろうかな?

 

 

みなさんも、たっぷり栄養や休息をとって

体調を整えてくださいね。

 

投稿者:長谷川静香 | 投稿時間:22:00 | 固定リンク


2020年01月07日 (火)

2020年、スタートしました!   長谷川静香

明けましておめでとうございます!

2020年、みなさんはどんな新年を迎えられましたか?

 

先日、番組で「仕事始め」についてお伝えしましたが、

ことしは曜日の並びで連休が長かった方も多く、

お正月モードから抜け出すのにひと苦労・・・という声も聞かれました。

 

うんうん、わかります、その気持ち。

 

かく言う私も、年末年始はお休みをいただいて、

北海道で過ごしてきました。

 

20200107_blog_hasegawa1.jpg

(小樽運河にて。雪は少なめ?)

20200107_blog_hasegawa2.jpg

20200107_blog_hasegawa3.jpg

(東京では見られない大きな「つらら」!)

20200107_blog_hasegawa4.jpg

(さっぽろ雪まつりの会場、大通公園です)

 

ニュースでもお伝えしていますように

今シーズンは記録的な雪不足で、

雪まつり用の雪を札幌市外からも運び込んでいるそうです。

 

現地の方にお話を聞くと、

例年にない雪不足に驚きながらも

「大丈夫です、これまでも毎年開いてきたんですから!」と

心強い言葉が返ってきました。

 

オール北海道のパワーで

ことしも雪まつりを成功させてほしいと思います。

 

さて、

北海道でのリフレッシュを終えて、

今週からはお仕事モードに戻って参りました!

 

ことしはオリンピック・パラリンピックイヤー。

みなさんを元気にできる、明るいニュースも

たくさんお伝えすることができますように・・・。

 

2020年も、どうぞよろしくお願いします。

投稿者:長谷川静香 | 投稿時間:21:27 | 固定リンク


2019年11月15日 (金)

石の地下空間へ   長谷川静香

みなさん、「大谷石」という石をご存知ですか?

 

今からおよそ2000万年前の

火山噴火によって堆積した凝灰岩で…

 

 

と難しい説明はさておき、

その大規模な採掘場が栃木県宇都宮市にあるんです。

 

ずっと訪ねてみたいと思っていた場所で、

先日ようやく行くことができました!!

20191115_blog_hasegawa1.JPG

どどん!!

切り立った、むき出しの岩肌。

 

宇都宮市大谷地区では、こんな風に

自然が作り出した岩場と採掘の跡が織り混ざった

珍しい風景を楽しむことができます。

 

 

しかし、さらなる見どころは…

20191115_blog_hasegawa2.JPG

長い階段を下った先に広がる地下空間。

大谷資料館の地下採掘場跡です。

 

深さ30メートル、

広さは2万平方メートルにもなるといいます。

20191115_blog_hasegawa3.JPG

20191115_blog_hasegawa4.JPG

奥へ奥へと広がる地下空間は、まるで神殿のよう。

気温はいつでも8度前後しかないそうで、

ひんやりと張り詰めた静寂な雰囲気が漂います。

 

採掘の歴史を伝える資料として、

当時の道具や石板なども展示してありました。

 

 

この巨大な地下空間は、

映画やミュージックビデオの

撮影に使われることも多いそうです。

作品を通して見たことがあるという方も

いらっしゃるかもしれませんね!

 

 

ずっと気になっていた場所に行けて、大満足。

ほかにも色々な絶景を見てみたいなーと、

ますます夢が膨らんでしまいました。

20191115_blog_hasegawa5.JPG

 

投稿者:長谷川静香 | 投稿時間:13:30 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2020年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バックナンバー

2020年

2019年


RSS

page top