2019年12月

2019年12月27日 (金)

年の瀬、この人に激励に行ってきました!   桑子真帆

年も押し詰まってきました。

ということで!

ことしの大晦日に大仕事を控えているこの人に、激励に行ってきました!

20191227_blog_kuwako1.png

「おはよう日本」でおなじみ、和久田麻由子アナウンサーです。

ことしは紅白歌合戦の総合司会を務めます。

 

いつもは真逆の勤務の私たち。

この日は和久田アナにちょっと遅くまで残ってもらい、私もちょっと早めに出勤して集合。

私からメッセージを送りました。

20191227_blog_kuwako2.png

「飲みこむ。」

会場にいると、出場者や観客の皆さんの圧倒的なパワーに飲みこまれそうになるんです。

だから、自分から飲みこんでしまうくらいの気概で頑張れ!という思いを込めました。

 

もしも飲み込まれそうになったときのために…

オリジナル特製ドリンクもプレゼントしました(外見だけ…笑)。

20191227_blog_kuwako3.png

このアイデアは、さかのぼること1年前…。

 

そう、私が紅白の司会をするにあたって

「ニュースウオッチ9」のみんなからもらった激励プレゼント!

20191227_blog_kuwako4.JPG

これが本当に力になったので、私も作ってみました(^^)

当日はもちろん、前日も本番さながらのリハーサルで体力を使うので、2日分です。

 

ことしはどんな紅白歌合戦になるんでしょうね。

私は一視聴者として楽しませていただきます。

まゆこ頑張れ!!

20191227_blog_kuwako5.png

来たる2020年が、皆さんにとって良い年になりますように☆

 

引き続き「ニュースウオッチ9」をよろしくお願いいたします!

 

投稿者:桑子真帆 | 投稿時間:22:00 | カテゴリ:桑子真帆 | 固定リンク


2019年12月27日 (金)

28。   星麻琴

こんにちは、リポーターの星です。

 

ことしも残すところあとわずかとなりました。

早いものですね。

みなさんにとってことしはどんな一年だったでしょうか?

 

私にとっては札幌から東京に異動し、生活が大きく変わった一年でした。

札幌では朝ニュースを担当することが多く朝型生活でしたが、今ではすっかり夜型です。

日々、現場でたくさんの方にお話を伺い、勉強させていただいています。

取材でお世話になったみなさん、本当にありがとうございます。

 

先日、出生数の減少についてのニュースを取り上げるなかで、

都内の中高一貫校(女子校)を取材しました。

20191226_blog_hoshi1.JPG

そこでは働く女性が増える中、

将来の人生設計を社会に出る前に考えてもらおう、という授業行われていました。

 

その名も「28プロジェクト」。

28歳になった時に、どんな自分でありたいか。

妊娠や出産の年齢に限界があることや、仕事と子どもを産み育てることの両立の難しさを知ってもらったうえで、

10年以上先の28歳のときになりたい自分の姿を生徒に話し合ってもらう授業です。

 

早い段階から人生設計を考えている高校生はキラキラ輝いていて、非常に刺激を受けました。

 

ふと気がつくと、自分は28歳。

私は高校生の頃どんな将来を描いていたのか……

漠然と「働きたいなぁ」とは思っていましたが、具体的なイメージは持っていなかったように思います。

20191226_blog_hoshi2.jpg

生徒の一人は

「理系の仕事に就いた上で、早めに子どもを産んで、その後バリバリ仕事に戻りたい。」

と話していました。

早い段階から具体的なイメージを思い描いていて、頼もしいと感じました。

 

高校生のみなさんは10年後、どのような人生を歩むのでしょう。

すてきな未来であって欲しいと思います。

 

みなさんにとって、来年も良い年になりますように!

 

投稿者:星麻琴 | 投稿時間:13:55 | カテゴリ:星麻琴 | 固定リンク


2019年12月25日 (水)

サンタさんへのおくりもの   糸井羊司

クリスマスイブ。

仕事を終えた深夜、

お腹を空かせて帰宅すると…。

 

なんと、テーブルの上に!

20191225_blog_itoi1.jpg

お〜!

カップケーキが2つも!!

 

早速いただきま〜す、

と思いきや…

20191225_blog_itoi2.jpg

20191225_blog_itoi3.JPG

「さんたさん

 このカップけえきお 

 たべてくたさい」(原文ママ)

 

なんとまあ…(苦笑)

幼稚園児の息子から、

サンタさんへの贈り物でした。

※例の“事典”の息子です。

 詳しくは7月29日のブログをご覧下さい。

 

さらに、兄が手伝ったと見られる

こんな手紙まで。

20191225_blog_itoi4.JPG

 

困りました…。

 

いや、だって、

私が帰宅した時間には、

20191225_blog_itoi5.JPG

すでにサンタさんの姿は

なかったからです。

 

息子を喜ばせるために、

私が「サンタ」ってサインするのもねぇ…

いかがなものか。

 

しばらく考えた末、

このようにしました。

20191225_blog_itoi6.JPG

20191225_blog_itoi7.JPG

きょうはパパが、ブログの当番。

毎回ネタに困るパパにとって、

最高のクリスマスプレゼントに

なりましたよ(涙)。

 

投稿者:糸井羊司 | 投稿時間:14:11 | カテゴリ:糸井羊司 | 固定リンク


2019年12月20日 (金)

ハム郎がやって来た!HAM~HAM~HAM   滑川和男

ニュースリーダーの滑川和男です。

12月初旬に喉を傷めて、2日ほど番組を休んでしまいました。失礼しました。

皆さんも、体調管理、くれぐれもご注意下さい。

 

20191220_blog_namekawa1.jpg

さて、今年も残り少なくなってきて、新しい年もすぐそこですが、

師走に入って、我が家に新しい仲間がやって来たのでご紹介します。

「ハム郎」です!

20191220_blog_namekawa2.jpg

寝起きで眠そうな顔をしています。

名前に特に意味はありません(汗)

ハム太郎だと、どっかで聞いた名前なので、ハム郎にしました。

生まれて2か月ほどですが、かなり大柄で元気な男子です。

 

もともと我が家ではハムスターを飼っていて、数年前に天寿を全うしました。

最近になり、「来年はねずみ年だから、またハムスターを飼おうか」と

家族で話していたところ、goodtimingな話が舞い込んできました。

同じニュースリーダーの糸井アナウンサー宅で、

ハムスターのペアから子供がたくさん生まれ、譲ってくれるというのです!

早速引き取り、いま、新しい環境に絶賛順応中です。

20191220_blog_namekawa3.jpg

深夜の仕事が終わって帰ると、暗がりから「ブーン!」という回転音が聞こえます。

なんだろう?と思ったら、ハム郎が回し車を全速力で超高速回転させています(笑)

運動したら、お腹も空くよね。

「ひまわりの種、もっとくれ~」というハム郎に、深夜のリビングで癒されています。

20191220_blog_namekawa4.jpg

20191220_blog_namekawa5.jpg

投稿者:滑川和男 | 投稿時間:15:00 | カテゴリ:滑川和男 | 固定リンク


2019年12月19日 (木)

後期高齢者の負担は   今井翔馬

一定所得以上ある、75歳以上の後期高齢者の医療費の負担が、

1割から2割に増えることになりました。

 

きょう、「全世代型社会保障検討会議」の中間報告がまとまりました。

 

多くのお年寄りが集まる練馬区のサロンに行ってみると、

みなさん元気いっぱいに運動していました。

20191219_blog_imai1.JPG

病気の心配はないかと思いきや、

実際に話を聞いてみると、ほとんどの方が病院にかかっています。

20191219_blog_imai2.JPG

20191219_blog_imai3.JPG

「若い人よりも治りが遅いからどうしても病院に通う回数が多くなる」

「病院に行くのを我慢すると、さらに悪化して、もっと医療費がかかってしまうのでは」

「2割になると生きていけない」

と、切実な声でした。

20191219_blog_imai4.JPG

 

 

私の祖母も後期高齢者です。

健康には気をつけていますが、やはり年齢とともに病院にかかる回数が増えています。

医療費の負担が増えても、祖母は健康的な生活を送ることができるのか。

 

一方で、自分たちの世代の負担はどうなり、

自分が高齢者になったとき安心して医療を受けることができるのか。

 

後期高齢者だけでなく、若い世代も考えなければいけないニュースだと感じました。

投稿者:今井翔馬 | 投稿時間:22:15 | カテゴリ:今井翔馬 | 固定リンク


2019年12月18日 (水)

沖縄県のスタートは首里城   今井翔馬

17日(火)、2020年の聖火リレーの詳細なルートが発表されました。

 

私がこの日取材したのは、

1964年の前回の東京オリンピックの聖火リレーのスタート地点となった沖縄県です。

20191218_blog_imai1.JPG

名護市には、当時、実際に火が灯った、住民手作りの聖火台が今もきれいに残されています。

地元の駅伝大会などで、今もよく火が灯されるそうです。

 

この聖火台がある道が、再びルートとなることが発表され、

前回の聖火ランナーの宮里操さんも、

「再び地元が盛り上がる。本当に嬉しい」と、喜びがあふれていました。

20191218_blog_imai2.JPG

 

沖縄県のスタート地点は、10月に火災が起きた首里城の「守礼門」。

20191218_blog_imai3.JPG

まだ修復はほとんど進んでいませんでしたが、

聖火リレーが走る5月、たくさんの人に注目してもらえることに、地元の人は期待していました。

 

この日の最高気温は27度。

気温も、沖縄の人の聖火リレーにかける思いも、とてもアツい1日でした!

20191218_blog_imai4.JPG

投稿者:今井翔馬 | 投稿時間:22:00 | カテゴリ:今井翔馬 | 固定リンク


2019年12月13日 (金)

ウオッチでリード   深川仁志

このところニュースウオッチ9リポーターが

ニュースを読む姿を見かけることありませんか。

 

日々、現場を奔走する私たちが

行儀よくスタジオに座っているのです。

 

 

20191213_blog_fukagawa1.png

あっちゃんは相変わらずの落ち着き。

 

 

20191213_blog_fukagawa2.png

翔馬は普段よりも大人っぽく。

 

 

20191213_blog_fukagawa3.jpg

星ちゃんはいつも通りのポーカーフェイス。

 

 

20191213_blog_fukagawa4.png

わたくし深川はふだんとは違う前髪です。

いわゆる2Pキャラでお届けしています。

 

先日は地震や海外で発生した事件など、

特設のニュースを立て続けに経験しました。

いつもとは異なる緊張感に

冷や汗が止まりませんでした。

 

 

 

テレビだけではなく、

ラジオでもニュースや気象情報を担当しています。

 

20191213_blog_fukagawa5.jpg

 

写真のこの日は各地で荒天となり、

気象警報や竜巻注意情報が相次いで発表され、

慌ただしい1日になりました。

 

ラジオスタジオに座る機会は多くないので、

いささか緊張して臨んでいたのですが、

私にとって心強い仲間もいました。

 

20191213_blog_fukagawa6.jpg

気象予報士の弓木春奈さんです。

実は高校時代の先輩後輩という間柄。

私が1学年上です。

こんなところで再会できるとは思っていませんでした。

 

昔話に花を咲かせながら、

ともに放送を出せることに喜びを感じています。

 

 

頻度は多くないものの、

今後もニュースウオッチ9リポーターが

様々な曜日や時間帯のニュースを担います。

 

現場取材の経験をスタジオでも活かし、

安定したニュースリードを心掛けます。

 

 

投稿者:深川仁志 | 投稿時間:17:30 | カテゴリ:深川仁志 | 固定リンク


2019年12月10日 (火)

坊やです。   高橋篤史

機動戦士ガンダム40周年ということで、
最近、ガンダム関連の取材でお台場の専門店にうかがいました。
わたしはガンダムと言えば、最初のシリーズしかちゃんと見ていない若輩者です。

ただ、プラモデルは幼稚園のころよりそれなりに作ってきて、
今年も作ってしまいました。プロ野球12球団とのコラボ。
西武ライオンズバージョンのガンダムとザクです。
20191210_blog_takahashi1.jpg20191210_blog_takahashi2.jpg

未だに坊やです。

ガンダム関連の企画、今月放送となる予定ですが、
現場での「高橋、行きまーす!」や
「悲しいけど、これ、仕事なんだよね」など
ベタにちりばめたガンダム名言リポートが
使われているか、カットされているか、
ぜひご覧ください。

使われていなかったらその理由はなぜか?
たぶん「坊や」だからさ、
ということで。。。

投稿者:高橋篤史 | 投稿時間:13:44 | カテゴリ:高橋篤史 | 固定リンク


2019年12月06日 (金)

浦和レッズのエース!興梠慎三選手   一橋忠之

みなさん、こんにちは。

前任地の京都時代、週末はよくお寺巡りをしていました。

そのうちのひとつ、龍安寺にあったつくばいの文字「吾唯足知」(われ ただ たるを しる)。

この言葉を先日、インタビューをしながら思い出しました。

20191206_blog_ichihashi1.JPG

浦和レッズのエース、興梠慎三選手。

ACL決勝、第2戦の直前というタイミングにも関わらず、和やかな雰囲気で応じてくれました。

今シーズンの興梠選手はACLでチームを2年ぶりの決勝に導く原動力としてゴールを量産。

J1でも史上初の8年連続二桁得点を達成するなど、活躍を見せています。

ただ、デビュー当時から取材をしてきてずっと引っかかっていたのが、これだけ活躍しながら個人タイトルとは無縁なこと。

鹿島、浦和でチームとしてはACLもJリーグも、カップ戦も、天皇杯も。主なタイトルはすべて獲得し、

そのチームの中心選手の一人として活躍してきました。

かつて、鹿島時代のオリヴェイラ監督や日本代表の岡田武監督も興梠選手の能力の高さに太鼓判を押していました。

にもかかわらず、得点王などのタイトルを獲得したことはありません。

日本代表としても16試合の出場。

同じ年の長友佑都選手が歴代2位タイの122試合に出場しているのと比べるとずいぶん少なく感じていました。

ACL決勝前という本来の趣旨からはそれると思いつつ、その疑問をぶつけてみると・・・。

 

一橋:「これだけ活躍しているのに不思議で、自分の欲とかないですか?」

興梠:「自分の欲はないですね。普通の選手だったらチームで活躍して日本代表に選ばれたいとか

    海外に行きたいとかあると思いますけど、僕に関してはチームのためにいつもやってきたので。」

一橋:「何でですか?」

興梠:「正直言うと昔からエリートで来ていないので、例えば年代別の代表とかに入っているわけでもないし、

    プロになること自体、奇跡といわれていたので、だからここまでやれると思っていなかった。

    高みを目指していなかったというか、それがいいことか悪いことか分んないですけど、

    自分はこう考えてきたので、僕はこれでいいのかなと思いますけどね。」

 

そう笑顔で話す興梠選手を見ていて思い出したのが冒頭の言葉です。

正確な意味は分かりませんが、無欲の先にある大きなもの。

そんなものを目指しているように感じる興梠選手に改めて質問を続けてみると…。

 

一橋:「逆に言うと、興梠さんってどういうところを目指して、どういうモチベーションでやってらっしゃるんですか?」

興梠:「やっぱり日々みんなこうやって家族以上に一緒にいる時間が長い選手たちと一緒に喜びを味わいたい。それが一番ですよね。」

 

その3日後、レッズはACL決勝で敗れ、タイトルを逃しました。

そして、いまJリーグでは残留争いの中にいます。

最終戦。

興梠選手がどんなプレーをするのか。

試合後、どんな風に仲間とその瞬間を迎えるのか。

楽しみにしたいと思います。

投稿者:一橋忠之 | 投稿時間:13:30 | カテゴリ:一橋忠之 | 固定リンク


2019年12月05日 (木)

空のはしご   斉田季実治

 20191205_blog_saita1_2.png

【写真左 12月4日 東京シティビューからの眺め】 【写真右 12月5日 渋谷スカイからの眺め】

 

西高東低の冬型の気圧配置となり、太平洋側の地域は晴れて空気の乾燥する日が多くなってきました。

空一面の青空が見たいと思い、きのう4日、六本木ヒルズの展望台「東京シティビュー」へ足を運びました。

ここは天体観測のために度々訪れる場所で、年間パスポートを持っています。

もっと高いビルやタワーはありますが、窓ガラス越しではなく、

風を感じながら空全体を見渡すことができるお気に入りの場所です。

 

そして、きょう5日、渋谷に先月オープンした「渋谷スカイ」に初めて行ってきました。

2日続けて同じような場所にいくのか?と言われそうですが、

空は刻々と変化するので飽きることはありません。

また展望台の形状や広さ、高さの違いなどから、くつろぎ方や眺め方も変わってきます。

お気に入りの場所が一つ増えました。

20191205_blog_saita3.JPG

【渋谷スカイから見た、東京シティビュー 80倍ズーム】

投稿者:斉田季実治 | 投稿時間:22:00 | カテゴリ:斉田季実治 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バックナンバー

2020年

2019年


RSS

page top