ページの本文へ

にいがたWEBリポート

  1. NHK新潟
  2. にいがたWEBリポート
  3. 新潟の海の魅力を伝えたい 美しい浜辺で行うハマベリングとは

新潟の海の魅力を伝えたい 美しい浜辺で行うハマベリングとは

新潟市中央区日和山浜
  • 2023年07月21日

新潟の海のよさをもっと多くの人たちに伝えたい。新潟市中央区の日和山浜で2023年から始まった「ハマベリング」。美しい浜辺の魅力を伝える取り組みの裏には、新潟の海に魅せられ、新潟の海のよさを全国に広めようと活動する一人の男性の思いがありました。(動画4分25秒)

ハマベリングとは

夏の日和山浜を気軽に多くの人に楽しんでもらおうと2023年から始まり、新潟市中央区が民間に委託して行っている取り組み。バーベキューコンロの貸し出し以外はすべて無料で利用できるほか、利用者の休憩スペースからは海と浜を一望できる。手作りのウッドデッキが人気!

 

佐渡市出身 本間海渡さん

ハマベリングを委託されたNPOの代表、本間海渡(ほんま・かいと)さん、34歳。ハマベリングを通して日和山浜を身近に感じてほしいといいます。本間さんは佐渡市出身で海が身近な場所で過ごしてきました。新潟市に移住してからも市内の海に通い続け、中でも日和山浜の海は特別な存在です。本間さんは「日和山浜は水がきれいで透明度が高くていつ来ても透き通った水が楽しめる。小さい子供からお年寄りまで年代問わず使えるような海辺にしていきたい。海への思い入れは誰よりもある」と話します。

ハマベリングの今後

本間さんは「まだまだ認知されていないところもありお客さんの呼び込みが弱いが、やっとスタートできたのでこれをきっかけに発信力を高めていきたい。ハマベリングは来年以降も続ける予定です。より日和山浜を訪れてもらえるようなイベントも計画したい」と意気込んでいます。
2023年のハマベリングは8月20日まで新潟市中央区の日和山浜で開かれています。期間中はワークショップやイベントも定期的に行うということです。

取材者の声

渡邉キャスター

ハマベリング初開催で準備や計画は手探りでしたが、その中でも「より多くの人に日和山浜に来て浜や海の良さを体感してほしい!」という本間さんの日和山浜への愛を感じました。 今後の展開も楽しみです。

ページトップに戻る