ページの本文へ

にいがたWEBリポート

  1. NHK新潟
  2. にいがたWEBリポート
  3. わたしの原点

わたしの原点

新潟局キャスター 藍川眞帆
  • 2023年03月14日

苦手だった運動
スポーツキャスターとして新潟県内のプロスポーツチームを取材している私ですが、昔からスポーツが大好きだったわけではありません。
小さい頃から体を動かすことが苦手で、学生時代に一番嫌いだった科目は体育。
両親の楽しみでもあるサッカー観戦や野球観戦にもまったく興味を持てませんでした。

運動は苦手でしたが3歳の頃から習っていたタップダンスは大好きでした。

私を変えた「高校サッカー」
そんな私がスポーツにひかれて今の仕事に至ったきっかけは「高校サッカー」です。
父の転勤により、生まれ育った静岡を4年間離れていましたが、高校2年の時に再び静岡に。
転入先は、県内でも有名なサッカー強豪校の静岡学園。
同級生の多くがサッカー部員で、朝早くから練習に取り組み、放課後も一目散にグラウンドに向かう彼らに驚かされました。
熱心に取り組めるものがなかった私は、将来の夢や目標をしっかりと持ち、それに向かってたゆみない努力を続ける同級生を羨ましく感じていました。

彼らから学んだのは「努力はすぐに実を結ぶわけではない」ということ。
どれだけ練習を重ねても、悔しい結果に涙を流す姿を何度も見てきました。
ただ、その時の努力が堅い土台となり、何層にも重なっていくことで、高い壁をヒョイっと乗り越えることができるということも彼らが教えてくれました。
頑張る選手たちの姿に多くの力をもらううちに、いつの間にかサッカーのとりこに。
私の原点は間違いなく「高校サッカー」です。


大好きなサッカーに関わって
高校卒業後は、大学のサッカー部のマネージャーやJ3クラブでのインターンシップの経験を積み、J2クラブへの就職を決めました。
スタッフ、選手、サポーター、そして地域の方々が1つになって試合を作っていく過程に携われたことはとても貴重だったと思います。
大好きなサッカーに深く関わることで、次第にもっと多くの人にスポーツの持つ力や選手たちの魅力を伝えられる仕事がしたいと考えるようになりました。

大学でサッカー部マネージャーを務めていました。夏は水が減るのが早い…!
クラブスタッフとして奮闘!大勢のボランティアさんと一緒に試合を作り上げていった日々は大切な思い出です。

そして一念発起してキャスターを目指すことに!
試合で何度か訪れたことがある新潟とご縁があり、スポーツキャスターとしてマンデーアルビレックスを担当できていることを本当に本当にうれしく思います。
サッカー、野球、バスケットボール、華やかな舞台に隠れた選手たちの思いを伝えられるよう、これからも1試合1試合大切に取材していきます!

ページトップに戻る