ページの本文へ

にいがたWEBリポート

  1. NHK新潟
  2. にいがたWEBリポート
  3. 災害時に停電…。サラダ油が簡易ランプに!懐中電灯も有効活用

災害時に停電…。サラダ油が簡易ランプに!懐中電灯も有効活用

ちょこっと防災そなえドキ NHKニュース・防災
  • 2023年04月11日

停電が起きる理由は様々です。地震などの災害時に限らず倒木や風による飛来物、雷、大雪などのほか鳥の巣によっても起こります。

例えば今夜突然の停電で部屋が真っ暗になったとしたら皆さんはすぐに明かりを確保できますか?まずは備えの基本「懐中電灯」です。

リビングや寝室、脱衣所など複数の場所に備えておきましょう。暗い中での移動や作業には両手が空くヘッドライトが便利です。部屋全体を明るくしたい時は「LEDランタン」がおすすめです。

「LEDランタン」がない場合は、懐中電灯にビニール袋をかぶせたり水の入ったペットボトルを照らしたりすることで照らす範囲を広げることができます。

万が一、電池がなくなったらどうすればいいでしょうか。ろうそくは倒れると火が移って火災になる危険性があります。また風が吹くと消えてしまいます。サラダ油を使った「安全・簡単手作りランプ」をご存じでしょうか。

コップが倒れても中の油が外に出るだけで炎はコップの中に残り、火災にはなりにくい特徴があります。また風の影響も受けません。家庭にある材料で作ることができます。


防災士狩野アナの記事はこちら

ほかのおすすめ記事

  • 狩野史長

    新潟放送局アナウンサー 防災士

    狩野史長

    青森、長崎、鳥取、大阪を経て現在は新潟放送局で「新潟ニュース610」や「金よう夜きらっと新潟」のキャスターを担当。2019年防災士の資格取得。東日本大震災や熊本地震、鳥取県中部地震、大阪府北部地震、西日本豪雨、東日本台風などの現地取材多数。「ちょこっと防災そなえドキ」をプロデュース。

ページトップに戻る