ページの本文へ

にいがたWEBリポート

  1. NHK新潟
  2. にいがたWEBリポート
  3. 高速道路で地震が起きたら 急な地震時に役立つ対処法

高速道路で地震が起きたら 急な地震時に役立つ対処法

ちょこっと防災そなえドキ  NHKニュース・防災
  • 2024年03月21日

いざという時のために今日からできるちょっとした備えをご紹介します。
今回は高速道路で地震にあった時の対処法です。(動画1分27秒)

高速道路でスピードを出して走っている時に地震が発生したら、あなたはどうしますか?

決して急ブレーキをかけてはいけません。ゆっくりと減速し左側の路肩に停車してエンジンを止めましょう。後続車両の追突を避けるためハザードランプを点灯します。大災害時には高速道路は消防車や救急車などの緊急車両の専用道路となります。道路を下りるように誘導があった場合は指示に従いましょう。

やむをえず車を離れなければならない場合はサイドブレーキをひき窓ガラスを閉めます。キーはつけたままでドアはロックせずに離れます。緊急通行車両の通行の妨げとなる場合には道路管理者があなたの車を移動することもあります。いざというときに備えて、車に食料や水、携帯トイレやカイロなどを備えておくと安心です。

狩野アナの防災記事はこちら

ほかのおすすめ記事

  • 狩野史長

    新潟放送局 アナウンサー

    狩野史長

    青森、長崎、鳥取、大阪を経て現在は新潟放送局で「新潟ニュース610」や「金よう夜きらっと新潟」のキャスターを担当。2019年防災士の資格取得。東日本大震災や熊本地震、鳥取県中部地震、大阪府北部地震、西日本豪雨、東日本台風などの現地取材多数。「ちょこっと防災そなえドキ」をプロデュース。

ページトップに戻る