NHKディレクソン IN 新潟

日時 平成29年10月1日(日)  午前10時〜午後6時30分 会場 新潟日報メディアシップ (新潟市中央区万代3-1-1) NHKは新潟を元気にすることができるのか

10月1日(日)実施「NHKディレクソンIN新潟」動画

ディレクソンとは…

参加者みんながディレクターになって NHKのコンテンツやサービスのアイデアを出し合い、 創り上げる“新感覚参加型エンタメ空間”!

※ディレクソン=ディレクター+アイデアソンを掛け合わせた造語

TIme Schedule

09:30 受付
10:00 オープニング〜インプット
11:00 アイスブレイク〜チーム分け
12:00 グループディスカッション
途中昼食配付/臨時休憩
16:20 プレゼンテーション
17:30 審査
17:50 審査発表〜表彰

Twitter

    #NHKディレクソン #NHK新潟
    #新潟を元気にする をつけて投稿してね!

    • 9:30~11:00
      【NHKディレクソンIN新潟】受付~オープニング~インプット

      ●受付
      たくさんの応募の中から選ばれた約30名の方が受付をしました。
      「NHKを使って新潟を元気にする」というテーマで、参加者の皆さんがどんなアイデアを出すのか楽しみです。

      ●オープニング
      ファシリテーターの河原あずさん、タムラカイさんの進行で「NHKディレクソンIN新潟」がスタート!

      ●インプット
      NHK新潟放送局・矢野達史局長が「NHKがやろうとしてきたこと」「NHKが課題に感じていること」などを参加者の皆さんにインプットしました。
      インプットスピーチでは、NHK新潟が考えるテレビの役割は”地域の課題に取り組むこと”。
      「全国で2番目に人口が減少している県」、「地域経済の景気を示すバロメーターである地価が他の政令指定都市と比べて最低水準」、「著しい医療不足」などの課題に取り組んできたことを挙げ、しかし・・・なかなか見てもらえない現状であるということをスピーチしました。

      9:30~11:00
      【NHKディレクソンIN新潟】
      受付~オープニング~インプット

    • 11:00~12:00
      【NHKディレクソンIN新潟】アイスブレイク~チーム分け

      アイスブレイクでは、参加者同士が「表情」で「感情」を表現するエモグラフィーを使って交流を深めました。
      その後、6つのグループに分かれてグループディスカッションへ!

      11:00~12:00
      【NHKディレクソンIN新潟】
      アイスブレイク~チーム分け

    • 【NHKディレクソンIN新潟】審査員紹介

      参加者のアイデアを”辛口で審査する”審査員の方の紹介です。

      横山文規(NHK新潟放送局 チーフ・プロデューサー)
      西村真里子(HEART CATCH代表)
      伊佐知美(灯台もと暮らし編集長)
      間瀬博文(新潟Komachi編集長)
      江口歩(お笑い集団NAMARA代表)


      【NHKディレクソンIN新潟】
      審査員紹介

    • 12:00~16:00
      【NHKディレクソンIN新潟】グループディスカッション1
      グループ名:ぬる燗

      12:00~16:00
      【NHKディレクソンIN新潟】
      グループディスカッション1
      グループ名:ぬる燗

    • 12:00~16:00
      【NHKディレクソンIN新潟】グループディスカッション2
      グループ名:チームSIX

      12:00~16:00
      【NHKディレクソンIN新潟】
      グループディスカッション2
      グループ名:チームSIX

    • 12:00~16:00
      【NHKディレクソンIN新潟】グループディスカッション3
      グループ名:チーム3

      12:00~16:00
      【NHKディレクソンIN新潟】
      グループディスカッション3
      グループ名:チーム3

    • 12:00~16:00
      【NHKディレクソンIN新潟】グループディスカッション4
      グループ名:NHK(新潟放送協会)

      12:00~16:00
      【NHKディレクソンIN新潟】
      グループディスカッション4
      グループ名:NHK(新潟放送協会)

    • 12:00~16:00
      【NHKディレクソンIN新潟】グループディスカッション5
      グループ名:にいがたPR向上委員会

      12:00~16:00
      【NHKディレクソンIN新潟】
      グループディスカッション5
      グループ名:にいがたPR向上委員会

    • 12:00~16:00
      【NHKディレクソンIN新潟】グループディスカッション6
      グループ名:ヤングチーム

      12:00~16:00
      【NHKディレクソンIN新潟】
      グループディスカッション6
      グループ名:ヤングチーム

    • 16:20~17:30
      【NHKディレクソンIN新潟】プレゼンテーション

      ①ヤングチーム
      平均年齢22.6歳のヤングチーム。
      マスコットキャラクターを使って新潟を盛り上げる企画。

      ②チームSIX
      高校生が新潟のダメダメなところを壊していく!
      「高校生実録ドキュメント~ムラっと新潟~」というタイトルのシリーズ作。
      第一弾は「性」という切り口で企画を提案。

      ③NHK(新潟放送協会)
      もしも、新潟が独立して一つの国になったら・・・。
      NHKが誇る膨大なアーカイブスデータを活用したドラマ仕立ての企画。

      ④ぬる燗
      ぬる~い。ゆる~い感じのチームということで「ぬる燗」。
      企画名は「新潟ネガティ部TV」
      “ネガティブな新潟人”と“ポジティブな県外人・外国人”との化学変化で、否定的な考え方の新潟人だけど、ちょっとだけ前向きになる企画。

      ⑤にいがたPR向上委員会
      PR下手な新潟県民がSNSを使って情報発信。
      新潟を“情報発信力No.1の県”にする!という企画。

      ⑥チーム3
      新潟は神社とコンビニだと神社のほうが多い。
      みんなで映画を作り、最後は神社で屋外上映会を開催するという企画。


      全6チームのプレゼンテーションが終了。
      はたして優勝は、どのチームになるのか・・・

      16:20~17:30
      【NHKディレクソンIN新潟】
      プレゼンテーション

    • 17:30~18:30
      【NHKディレクソンIN新潟】審査発表~表彰~クロージング

      いよいよ表彰!!
      優勝、準優勝のほかに、審査員特別賞の3賞が決定!!
      優勝した企画は、NHKが番組化します!!
      今後の情報については「NHKディレクソンIN新潟」特設サイトで随時発信していきます。

      17:30~18:30
      【NHKディレクソンIN新潟】
      審査発表~表彰~クロージング