2018年09月19日 (水)産地の晩ごはん ~「大洞原トマト」を使ったレシピ~(新潟ニュース610 9月19日放送)


sanchi_180919.jpg標高500mに位置する妙高市大洞原地区。
ここで育てられるトマトは、朝晩と日中の寒暖差によって旨みが凝縮され、
味が濃いのが特徴です。
また、水はけのいい妙高山の火山灰土によって、甘く肉厚な美味しいトマトになります。
妙高の自然の恵みによって育まれた大洞原のトマトを、ぜひ、お楽しみください。

 

◆トマトのマリネサラダ(4人分)
《材料》
トマト:4コ たまねぎ:1/2コ 青じそ:8枚
オリーブ油:大さじ2 レモン汁:大さじ2 白だし:大さじ2 きび砂糖:大さじ1

【作り方】
① たまねぎはみじん切りにして、水にさらし、キッチンペーパーで水気をとる。
② トマトは湯むきをして、冷やしておく。
③ ボウルに調味料を入れまぜ合わせ、たまねぎをからめて、冷やす。
④ ②を輪切りにし③をかけ、千切りにした青じそを散らせば完成!

★湯むきをしたトマトはまるごと冷やすのがポイント!食べる直前に切りましょう!


◆トマトまるごとグラタン(4人分)
《材料》
トマト:4コ まいたけ:20g たまねぎ:1/4コ マカロニ:20g オリーブ油:適量
ピザ用チーズ:適量 パン粉:少々 バター:少々
ホワイトソース)バター:30g 薄力粉:20g 牛乳:200cc 塩・こしょう:少々

【作り方】
① ホワイトソースを作る。
  鍋にバター・薄力粉を入れて溶かしたあと、牛乳を少しずつ加え、塩・こしょうで味を
  ととのえる。
② マカロニは、ゆでておく。
③ トマトの底を少し切り、平らにする。ヘタもとり、トマトに穴をあけくりぬく。
  くりぬいたトマトは、角切りにする。
④ たまねぎと、まいたけは、みじん切りにして炒める。
⑤ ④にホワイトソースとゆでたマカロニを入れてかき回し、沸騰したら弱火して角切りにした
  トマトをまぜ合わせる。
⑥ トマトの器に、⑤をたっぷり入れ、バター・チーズ・パン粉をのせて、180度のオーブンで
  5分ほど焼けば完成!(パン粉にこげ色がつくまで焼いてください)

★大洞原の肉厚なトマトの特徴をいかしたレシピです!


◆鶏肉のトマト煮込み(4人分)
《材料》
トマト:5コ(4コはソース用・1コは飾り用) 鶏もも肉:400g たまねぎ:1コ
しめじ:40g 薄力粉:適量 
ケチャップ:大さじ1 中濃ソース:大さじ1
コンソメ:大さじ1 ローリエ:1枚 にんにく:4かけ オリーブ油:適量
塩・こしょう:少々

【作り方】
① 鶏肉は開き、フォークで穴をあけ、塩・こしょうをしてなじませ、薄力粉を薄くまぶす。
② にんにくは、2かけをスライス、2かけをみじん切りにする。たまねぎはスライスしておく。
③ フライパンにオリーブ油を熱し、スライスしたにんにくを温める。香りが出てきたら、
  鶏肉を皮面からこんがり焼き、火が通ったら、一度取り出す。
④ 同じフライパンで、たまねぎと、しめじも炒めておく。
⑤ トマトの万能ソースを作る。(湯向きしたトマトをザクザク切り、同量の水で煮込む)
⑥ 別の鍋に、④と⑤・⑤と同量の水・ケチャップ・中濃ソース・コンソメ・ローリエ・にんにく
  (みじん切り)を入れ、火にかける。
⑦ ⑥に鶏肉を入れて、10分ほど煮込む。
⑧ その後、鶏肉・しめじを取り出し、ソースが半分ぐらいになるまで煮詰めたら、ミキサーに
  かけてなめらかにし、鍋に戻す。塩・こしょうで味をととのえ、ケチャップを少し入れる。
⑨ 皿に⑧のソースをひき、その上に、切り分けた鶏肉をのせる。しめじと、角切りにしたトマトを
  飾れば完成!

★万能トマトソースを使っているので深い味わいを楽しめます!


◆トマトたっぷり米粉ハヤシ(4人分)
《材料》
トマト:4コ 牛肉:300g たまねぎ:3コ 米粉:大さじ4
バター:20g 
ウスターソース:大さじ2 ケチャップ:大さじ2 コンソメ:小さじ2 ローリエ:1枚 米

【作り方】
① たまねぎはくし切り、牛肉は食べやすい大きさに切る。
② トマトは湯むきし、角切りにする。
③ フライパンにバターを熱し、たまねぎと牛肉を炒める。
④ 適量の水と、②・ウスターソース・ケチャップ・コンソメ・ローリエを加え、かき混ぜる。
  沸騰してきたら、弱火にして煮詰める。(焦げ目が付かないように、時々かきまぜて
  ください。)
⑤ 米粉を加え、とろみをつけたら完成!

★市販のルーを使わずに、本格的なハヤシライスができます。

投稿者:_非表示_ | 投稿時間:17:00

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲