2018年06月06日 (水)産地の晩ごはん ~「アスパラガス」を使ったレシピ~(新潟ニュース610 6月6日放送)


sanchi_180606.jpg

津南町のアスパラガスはすべて露地栽培で育てられています。
冬の間、たくさんの雪が降る津南町。
気温0度、湿度100%の状態の雪の下で眠っているアスパラガスは、みずみずしさが保たれ、甘く、やわらかいのが特徴です。
早朝5時前から収穫された朝採りのアスパラガスは、まさに新鮮そのもの!ぜひ、味わってみてください。

 

◆アスパラガスのきんぴら(4人分)
《材料》
アスパラガス:6本 豚ロース肉薄切り:60g にんじん:30g
酒・みりん・しょうゆ:大さじ1 ごま油:適量

【作り方】
① アスパラガスは薄い斜め切りにする
② 豚肉は食べやすい大きさに切り、酒をふる。にんじんは、細切りにする。
③ フライパンに油をひき、②をいためる。
④ ③に火が入ったらアスパラガスを入れて、強火でサッといため、みりん・しょうゆを回し入れる
⑤ 仕上げにごま油をたらしたら、完成!!

★強火でサッといためることで、シャキシャキした食感が楽しめます!


◆アスパラガスのフリット(4人分)
《材料》
アスパラガス:8本 薄力粉:30g 米粉:30g ベーキングパウダー:小さじ1
炭酸水:80~100cc
マスタードソース)卵黄:2コ マスタード:小さじ2 塩:2つまみ オリーブオイル:50cc
レモン汁:小さじ2

【作り方】
① マスタードクリームソースを作る
  ・卵黄、塩、マスタード・レモン汁を入れてよく混ぜる
  ・少しずつ、オリーブオイルを加え、クリーム状のソースを
② 薄力粉・米粉・ベーキングパウダーをまぜ、そこに炭酸水を加えて衣を作る
③ アスパラガスを食べやすい大きさに切り、薄く衣をつけて揚げたら完成!

★薄く衣をつけて揚げることで、アスパラガスの旨み・香りを閉じ込めることができます!


◆アスパラガスのスコーン(5個)
《材料》
アスパラガス(細め):2~3本 薄力粉:110g 塩:1つまみ 砂糖:小さじ3 
ベーキングパウダー:小さじ1 バター:20g 卵:1コ 粉チーズ:18g 
ブラックペッパー:適量

【作り方】
① アスパラガスはゆでて、2センチほどに切っておく
② 薄力粉・塩・砂糖・ベーキングパウダーをボウルに入れよく混ぜる
③ ②にバターを入れてそぼろ状になるまで、混ぜる。
④ ③に卵を加え、切るように混ぜてからまとめ、生地を作る
⑤ ④にアスパラガスを混ぜ込み、オリーブオイルを手に塗って、形を作る
⑥ 200度に熱したオーブンで10分焼けば完成!

★チーズとアスパラガスの相性抜群!朝ごはんにもぴったりです!


◆アスパラガスの二五八漬け
《材料》
アスパラガス:適量  二五八漬けの素:適量

【作り方】
① アスパラガスをさっとゆでる
② アスパラガスに二五八漬けの素を塗りこみ、5時間おけば完成!

★塩2:こうじ5:ごはん8の割合で作った漬け床が「二五八漬け」の素となります。
 これを発酵させ、自家製の二五八漬けの素を作ることができます。


◆アスパラガスの寒天
《材料》
アスパラガス:5本 砂糖:大さじ3と1/3 粉寒天:4g 水:500cc

【作り方】
① アスパラガスは3センチほどに切り、ゆでておく(穂先は細かく切っておく)
② ミキサーに100ccの水とアスパラガス(穂先以外)、砂糖を入れてかくはんする
③ 400ccの水に粉寒天を入れて沸騰させる
④ ②と③をあわせ、容器に入れて冷やし、穂先を飾りつけたら完成!

★さっぱりいただける一品です。お好みで砂糖の量を調整してください。


問合せ:津南町観光協会 025-765-5585

投稿者:_非表示_ | 投稿時間:16:22

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲