2015年08月19日 (水)産地の晩ごはん ~かぐらなんばんのレシピ~(新潟ニュース610 8月18日放送)


kagurananban0818.png

 

長岡市山古志地区の特産「かぐらなんばん」。山古志のみなさんにとっては、特別な野菜です。
11年前の中越地震で大きな被害を受けた山古志地区。
避難生活を送る中でも、仮設住宅の近くに畑を借り、
みんなでかぐらなんばんを育てたそうです。ピリッとした辛さが特徴のかぐらなんばん。
緑色の部分は甘く、ほのかな辛さなのですが、種やその近くの白い部分は激辛!!
この甘味と辛味が、なんとも言えない美味しさを生みだし、やみつきになってしまうんです。
調理の際は、種や、その近くを触ると、ヒリヒリするので、
素手で触らないように気を付けてください!

 
★かぐらなんばんとなすのみそ炒め(4人分)

《材料》
神楽南蛮:6コ なす:3コ みそ:大さじ3 さとう:大さじ1 酒:大さじ1
 
《作り方》
かぐらなんばんの上の部分を切り、包丁を使ってタネを取る。
かぐらなんばんを食べやすい大きさに切る。
ナスは太めの拍子切りにし、水にさらしてアクを取る。
油を敷いたフライパンで、ナスをしんなりするまで炒めたら、かぐらなんばんも加えてさらに炒める。
全体に火が入ったら、さとう・酒を回し入れ、なじませる。
みそをよく絡ませたら、完成!
 
★種と、その近くは触るとヒリヒリするので、素手で触らないように注意してください!
★青じそなどを入れると、さわやかな味わいになります。

かぐらなんばんと牛肉の甘辛煮(4人分)

《材料》
神楽南蛮:6コ 牛肉(こま切れ):200g
しょうゆ・さとう:各大さじ1~2 酒:大さじ3~4

《作り方》
かぐらなんばんと、牛肉を食べやすい大きさに切る。
フライパンに、しょうゆ・さとう・酒を入れ、一煮立ちさせて、一口大に切った牛肉を入れる。
牛肉に火が入ったら、かぐらなんばんを入れて、汁気がなくなるまで煮込んだら完成!
 
★汁気がなくなるまで、じっくり煮込むと、おいしく仕上がります!

かぐらなんばんの肉詰め(4人分)

《材料》
神楽南蛮:6コ 豚ひき肉:150g たまねぎ:1/4コ にんじん:1/5本 卵:1コ
とろけるチーズ:2枚 塩・こしょう:適量 かたくり粉:大さじ1
 
《作り方》
かぐらなんばんの種を取って器にし、電子レンジで1分加熱する。
たね作り:ひき肉に、みじん切りにした野菜と卵、調味料を入れて、よくこねる。
①の器に、たねを入れ、電子レンジで4~5分加熱し、肉に火を通す。
③の上に、とろけるチーズをのせて、オーブンで焼く。
チーズに焦げ目がついたら完成!
 
★かぐらなんばんで、洋風の味を楽しめます!ケチャップをつけてもGOOD!!

 

投稿者:_非表示_ | 投稿時間:17:08

コメント

昨日のニュース610で見ましたが、種を食べた時は本当に辛そうでしたね。種を素手で触っただけでヒリヒリするって、どれだけ辛いんでしょう。そんな辛いものを食べて味見されてる古澤さんのガッツには、恐れ入りました。カレーなど甘口しか食べない私には、挑戦したくもないです。

投稿日時:2015年08月19日 22:22 | 土着民@中越

コメントの投稿

ページの一番上へ▲