尾﨑 侑美

2020年08月24日 (月)産地の晩ごはん ~「きくらげ」を使ったレシピ~(新潟ニュース610 8月19日放送)


sanchi_200819.jpg

豊富な水を使って育てられた長岡産のきくらげは、肉厚でぷりぷりの食感が特徴です。国産のきくらげは非常に少なく、国内自給率は6.6%ほど。さらに長岡では、今年から珍しい白いきくらげの生産も始まりました。
低カロリーで食物繊維やビタミンDなどの栄養素が豊富なきくらげ。今回は、そんなきくらげを使った夏にピッタリなレシピをご紹介します!


◆きくらげの夏野菜のおひたし(4人分)
《材料》
・生きくらげ200g ・オクラ 10本 ・モロヘイヤ 100g
〔・昆布(10cm)1枚 ・削り節 適量 ・塩 小さじ1 ・しょうゆ 大さじ2 ・みりん 大さじ2〕
※和風だしの材料 

【作り方】
① きくらげとオクラは、サッと洗って食べやすい大きさに切る。
② オクラ・モロヘイヤ・きくらげを、沸騰したお湯でそれぞれ1分半ほどゆでる。
③ 鍋に昆布と水を入れて火にかけ、沸騰する直前に昆布を取り出したら、削り節を入れてだしをとる。塩としょうゆで少し濃いめに味付けする。
④ だしが冷めたら具材と混ぜ合わせ、冷蔵庫で冷やせば出来上がり! 

★きくらげはぷりぷりした食感を残すため、短時間でゆでましょう!
★冷やして食べるので、味付けは濃いめがおすすめ。

◆白いきくらげのサラダ(4人分)
《材料》
・白い生きくらげ 200g ・春雨(乾) 50g ・きゅうり 2本 ・かにかまぼこ 12コ
〔・穀物酢 大さじ5 ・すりごま(白) 大さじ3・マヨネーズ 大さじ3
・オリーブ油 大さじ2 ・オリゴ糖 大さじ2
・しょうゆ 大さじ1 ・ごま油 大さじ1 ・にんにく 1片・塩こしょう 適量〕
※ドレッシングの材料 

【作り方】
① 白いきくらげは細く切って1分半ほどゆでる。
② きゅうり・かにかまぼこも、すべて細切りにする。
③ 春雨は表示時間の通りゆで、流水で冷ましザルにあげておく。
④ ドレッシングの材料を混ぜ合わせ、
下ごしらえした具材とドレッシングをザックリと和えれば、出来上がり! 

★白いきくらげも食感を生かすため短時間でゆでます。
★きくらげと春雨でヘルシーに仕上がります! 

◆きくらげとえびの炒め物(4人分)
《材料》
・生きくらげ 200g ・レタス 100g ・えび 10尾
・塩 2 つまみ ・酒 大さじ2 ・しょうが(千切り) 大さじ1 ・サラダ油 大さじ1
・中国風調味料 適量 ・ごま油 小さじ1 ・水溶きかたくり粉 小さじ1 ・水 大さじ1

【作り方】
① きくらげは食べやすい大きさに切っておく。
② 熱したフライパンで、みじん切りにしたしょうがを炒める。
香りが立ったら、塩と酒で下ごしらえしたえびを炒めていく。
③ えびの色が変わったらきくらげを入れ、中~強火で1分ほど炒める。
④ 調味料を入れて味を調えたらレタスを加え、水溶きかたくり粉を入れてとろみをつける。
⑤ 最後にごま油を回し入れれば、完成! 

★きくらげは炒めるときも短時間で調理しましょう! 

投稿者:尾﨑 侑美 | 投稿時間:13:00 | 固定リンク
コメント(0)

2020年06月24日 (水)産地の晩ごはん ~「放し飼い鶏の卵」を使ったレシピ~(新潟ニュース610 6月24日放送)


sanchi_200624.jpg

村上市山北地区の豊かな自然の中でのびのび育った健康的な鶏の卵は、濃厚な味で臭みがないことが特徴です。そんな鶏が卵を産み始めて3週間ほどの卵は『初卵(はつたまご)』と呼ばれ、縁起物とされています。今回は、放し飼い鶏の卵の特徴である濃厚な味を存分に楽しめるレシピをご紹介します!


◆冷たいカルボナーラ(4人分)
《材料》
・卵(温泉卵用) 4コ ・スパゲッティ(1.4mm) 280g ・ベーコン(塊) 160g 
・黒こしょう(粗びき)適量 ・塩 適量 ・オリーブ油 大さじ2
ソース
〔・卵(卵黄) 8コ ・生クリーム 120ml ・粉チーズ 60g〕

 

【作り方】
① ベーコンを5mm角に切り、オリーブ油で炒める。
② 卵黄と卵白を分けて、ボウルに卵黄、生クリーム、粉チーズを入れて混ぜ合わせ、
   粗熱をとったベーコンを加える。ソースは冷蔵庫で冷やしておく。
③ スパゲッティを表示時間より1分長めにゆで、しっかりと水気をとってソースと混ぜ合わせる。
④ 温泉卵をつくる。
   沸騰したお湯に少し水を入れて温度を下げ、生卵を入れて12分置いておく。
⑤ スパゲッティの上に温泉卵を盛りつけて、粉チーズ、黒こしょうをふりかけたら…
   出来上がり!

★スパゲッティをゆでるときの塩の量は、水の1.5%の割合。(通常は1%くらい)
   味付けがシンプルな分、少し塩を多めに入れる!

★味が薄まらないようにパスタの水気はしっかりとる。


◆夏野菜のオープンオムレツ(4人分)
《材料》
・卵 3コ ・じゃがいも 1コ ・たまねぎ 1/2コ ・ミニトマト 6コ
・ピーマン 1コ ・ズッキーニ 1/2コ ・青じそ 4枚 ・みょうが 2コ
・塩 ひとつまみ ・こしょう 適量 ・オリーブ油 大さじ2
ソース
〔・ヨーグルト 大さじ2 ・マヨネーズ 大さじ2〕

【作り方】
① 野菜を5mm幅に薄く切り、火の通りにくいじゃがいも、たまねぎを炒めていく。
② そこに、塩を加えて溶いた卵を加えて火を通す。
③ 残りの野菜(ミニトマト、ピーマン、ズッキーニ)をのせたらフタをする。
④ 火が通ったら青じそとみょうがをちらし、ヨーグルトとマヨネーズを混ぜ合わせたソースを
   かけたら出来上がり!

★卵を入れるときは、フライパンをゆすって入れるとふっくら仕上がる!

投稿者:尾﨑 侑美 | 投稿時間:16:00 | 固定リンク
コメント(0)

2019年04月27日 (土)はじめまして!


 皆さん、はじめまして!

 

今年度から新潟放送局に仲間入りしたキャスターの尾﨑侑美です。

 

「ひるまえ伝言板」でデビューしてから1か月が立ちました。

本番は緊張しますが、皆さんから届く川柳を読むのが毎日の楽しみになりつつあります。

お昼の時間帯、皆さんがほっと一息つけるような温かい番組をつくれるよう頑張ります!

 

そして、取材やロケで皆さんとお会いできるのが今からとても楽しみです!

私は妙高市出身ですが、まだまだ訪れたことがない地域がたくさんあります。

先日は同期の上岡ちゃんと、初めて新潟市の白山神社のお花見に行ってきました!

これから少しずつ、思い出の場所が増えていくといいなあと思います。

 

縦に長い新潟がグッと近く感じられるように、たくさんの魅力を伝えていきます!

 

同期の上岡ちゃんと力を合わせて頑張ります!

まだまだひよっこですが、どうぞよろしくお願いします!

 

 ozaki1.png

 

※左が尾﨑、右が上岡です!

 

 

投稿者:尾﨑 侑美 | 投稿時間:16:28 | 固定リンク
コメント(2)

ページの一番上へ▲