2017年10月11日 (水)産地の晩ごはん ~「カリフラワー」を使ったレシピ~(新潟ニュース610 10月11日放送)


sanchi_171011.jpg

柏崎市では、休耕田を利用して、10年ほど前からカリフラワーの栽培を行い、
今では、地域の特産にしようと、25軒の農家が栽培に取り組んでいます。 

カリフラワーを選ぶ際は、ずっしり重く、色が真っ白なもの、
表面が滑らかで凹凸が少ないものが、新鮮で美味しいんだそうです。 

どんな味にもなじみやすく、おいしい食感のカリフラワー。
ぜひ、産地のレシピでお楽しみください。

 

◆カリフラワーのポタージュ(4人分)
《材料》
カリフラワー:小1コ たまねぎ:1/2コ じゃがいも:小1コ ローリエ:1/2枚
バター:10g 固形スープの素:1コ 豆乳:300cc 塩・こしょう:少々 パセリ:少々

【作り方】
① カリフラワーは小房に切り分ける
② じゃがいも・たまねぎを5mm幅に切る
③ 厚手の鍋にバターを入れ、①と②を炒め、たまねぎが透き通ったら、スープの素、ローリエ、
水100ccを加え、弱火で煮て火を止める。
④ 粗熱が取れたら豆乳を少し入れてミキサーでかくはんし、鍋に戻す。
⑤ 豆乳を加えて温め、塩・こしょうで味を調え、パセリを散らしたら完成!

★豆乳を使うことでサッパリ仕上がるほか、カリフラワーの味が引き立ちます。 


◆カリカリ!カリフラワー(4人分)
《材料》
カリフラワー:小1コ 卵:1/3コ 揚げ油:適量
《衣》
天ぷら粉:大さじ1と1/2 かたくり粉:大さじ2 しょうゆ:小さじ1/2 オイスターソース:小さじ1/2 塩:ひとつまみ 水:適量  

【作り方】
① カリフラワーは小房に切り分ける。
② 衣の材料に水を少しずつ加え、固めの衣を作る。
③ 手でもみこむように、カリフラワーに衣をつけ、170~180度の油できつね色に揚げる。 

★衣を固めに作るのがポイント!しっかり衣をつけて、カリっと揚げてください。 


◆カリフラワーのマヨカレー焼き(4人分)
《材料》
カリフラワー:1/2コ じゃがいも:2コ ウィンナー:100g 塩・こしょう:少々
マヨネーズ:1/2カップ 牛乳:60cc カレー粉:小さじ1/2 粉チーズ:大さじ1 

【作り方】
① 小房に切ったカリフラワーと、じゃがいも(厚めのいちょう切り)を下ゆでする。
② ウィンナーは斜め半分に切る。
③ ソースは混ぜておく。
④ 耐熱皿に材料を並べ、ソースをかけて250度のオーブンで15分ほど焼いたら完成! 

★マヨネーズとカレーで、野菜嫌いなお子さんでも楽しめます! 


◆カリフラワーのあえ物(4人分)
《材料》
カリフラワー:1/2コ かきのもと:50g
《三杯酢》
しょうゆ:小さじ1と1/2 酢:大さじ1 砂糖:大さじ1/2 塩:少々 だし汁:大さじ1 

【作り方】
① 小房に切ったカリフラワーをゆで、ざるにあげて水気を切り、水にさらさずに三杯酢であえる。
② かきのもとはさっとゆで、ざるにあげて、流水で冷まし、水気を絞る。
③ ①と②をあえたら完成! 

★カリフラワーは水にさらさず、熱いうちに調味料とあわせると、よく味がしみこみます! 


●カリフラワー購入など問合せ先●
田村農産:080-9549-8941 

投稿者:古澤 佳代 | 投稿時間:16:37

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲