2019年9月

産地の晩ごはん ~「モクズガニ」を使ったレシピ~(新潟ニュース610 9月25日放送)


sanchi_190925.jpg

村上市を流れる三面川に住む、モクズガニ!全国各地に生息していますが、三面川のきれいな水で育ったモクズガニはどろ抜きがほとんど必要なく、臭みのない上品な味わいが特徴です。さばくのはやや大変ですが、濃厚で上品なうま味のカニみそ、調理で出てくるダシは絶品!今回はそんなモクズガニを堪能できるレシピをご紹介します。 

 

◆ゆでガニ(4人分)
《材料》
モクズガニ:4~5杯 水:3000cc 食塩:90g(水の3%)
長ねぎの青い部分:1本分 しょうが:1かけ 

【作り方】
① 鍋に水と食塩を入れて、3%の濃度の塩水を作る
② カニを入れて、火にかける
③ ねぎとしょうがをいれ、弱火でじっくり、カニが赤くなるまでゆでる 

★ゆでるときは必ず水から!沸騰したお湯からでは中のカニみそが出てしまうことがあります
★ねぎとしょうがは、他の料理でだし汁をスープとして使うため、ゆでガニだけの場合はなくてOK 


◆モクズガニのみそ汁(4人分)
《材料》
モクズガニ:3杯 水:カニがひたるくらい 顆粒だし:小さじ1 日本酒:小さじ1
みそ:60g ねぎ(飾り用):適量 

【作り方】
① モクズガニは、甲羅をむき、エラをとって足を切り離しておく
  胴体と甲羅を半分に切って、足は包丁の背でたたく
② 鍋に水とモクズガニを入れて火にかける
③ 顆粒だし、日本酒を加え、沸騰してカニが赤くなるまで火を通す
④ 火を止めてみそを溶かし、器に盛ったらねぎをのせて完成! 

★水からじっくり火を通すことでよくだしが出ます
★日本酒で臭みを消し、味に深みを出します! 


◆モクズガニのチリソースがけ(4人分)
《材料》
モクズガニ:3~4杯 ケチャップ:100g 長ネギ:1本 しょうが:1かけ
にんにく:1かけ トウバンジャン:小さじ1/2 ラー油:少々 
カニのゆで汁:100cc程度  お酒:少々
ブロッコリー:1房 卵:2コ 片栗粉:適量 

【作り方】
① モクズガニは、甲羅をむき、エラをとって足を切り離しておく
  胴体と甲羅を半分に切って、足は包丁の背でたたく
② ①に片栗粉をまぶし、170~180℃の油で揚げる
③ にんにく、しょうが、長ネギをみじん切りにする
④ トウバンジャン、にんにく・しょうが、長ネギ、ケチャップを順に炒めてチリソースを作る
  味を見ながらゆで汁をお好みで加える
⑤ ④に②の揚げたカニを合わせて軽く炒め、水溶き片栗粉でとろみをつけたらラー油をかける
⑥ ブロッコリーはゆで、卵は炒って、⑤に添える 

★ゆで汁がない場合は塩などで味をととのえてください 


◆モクズガニの中国風がゆ(4人分)
《材料》
モクズガニ:2~3杯 米:1合 水:1500cc程度 サラダ油:適量
砂糖:15g カニのゆで汁:100cc程度 ねぎ(飾り用):適量

【作り方】
① モクズガニは、甲羅をむき、エラをとって足を切り離しておく
  胴体と甲羅を半分に切って、足は包丁の背でたたく
② 米を洗い、サラダ油をかけてなじませる
③ 鍋に水を入れて沸騰させ、②の米を柔らかくなるまで15分程度煮込む
④ モクズガニを入れて、さらに煮詰める
⑤ カニのゆで汁と砂糖を入れて味を調え、水分が適量になるまで煮詰めたらねぎを散らして完成 

★カニのゆで汁で香りと塩味をプラス!ない場合は塩を追加してください
★水の量は鍋の大きさなどにもよりますが、米がこげつかないようにしっかり対流する多めの量で!

投稿者:高橋 彩 | 投稿時間:18:00 | カテゴリ:産地の晩ごはん | 固定リンク
コメント(0)

ページの一番上へ▲