2019年7月

産地の晩ごはん ~「白なす」を使ったレシピ~(新潟ニュース610 7月31日放送)


sanchi_190731.jpg


ゆでたまごのように真っ白な、越後白なす!病気に弱く収穫量が少ないため作る人がほとんどいなくなってしまいましたが、燕市や西蒲区の農家を中心にした生産者グループにより復活しました。クセのない味わいで、熱を加えると甘みが強くとろっとした食感になります。調理するときは鋭いトゲに注意!
今回はそんな越後白なすを使ったレシピをご紹介します。

 

◆焼き白なす(4人分)
《材料》
白なす:4本 しょうゆ:適量 薬味(しょうが・大葉など):適量

【作り方】
① なすの尻に十文字に切れ目を入れる。
② 魚焼き器や網の上になすを置き、強火で焼く。
③ 柔らかくなったら火からおろす。
④ へたを持ち、やけどしないよう手を水で冷やしながら皮をむく。
⑤ 食べやすい大きさに切って皿に盛りつける。

★強火で一気に焼くことで、中も白くとろとろに仕上がります。
★切れ目を入れることで、焼いているときに破裂することを防ぎます!


◆白なすのポタージュスープ(4人分)
《材料》
白なす:大1本 たまねぎ:中1/2コ 固形コンソメ:1個 水:300cc
ホワイトソース)バター:30g 薄力粉:30g 牛乳:400cc
塩・こしょう:少々 ローリエ:1枚

【作り方】
① ホワイトソースを作る。
鍋にバター・薄力粉を入れて溶かしたあと、牛乳を少しずつ加え、塩・こしょうで味をととのえる。
② 白なすは乱切りに、玉ねぎはざく切りにし、水300ccと一緒に鍋に入れ、コンソメとローリエの葉も入れて煮る。
③ 粗熱をとり、ミキサーにかける。
④ ①のホワイトソースに③を入れて弱火にかけ、塩・こしょうで味をととのえる。

★白なすとホワイトソースの白が見た目にさわやかなスープです!


◆白なすステーキのサルサソースがけ(4人分)
《材料》
白なす:4本 トマト:中2コ たまねぎ:1/4コ
セロリ:15cm パセリ:適量 にんにく:1かけ
オリーブ油:50cc 塩:小さじ1/2 こしょう:少々

【作り方】
① 白なすは縦半分に切り、皮を下にして180℃の油で素揚げする。
② トマトは皮をむき、横半分に切って種を取り、きざむ。
③ たまねぎ、セロリは粗みじん切りにする。
④ パセリはみじん切り、にんにくはすりおろす。
⑤ ②~④とオリーブ油を混ぜ、塩、こしょうで味をととのえる。
⑥ ①の素揚げしたなすに、⑤をかける。

★皮を下にして揚げることで、ムラなく白く出来上がります!


◆白なすのヨーグルトケーキ(4人分)
《材料》
白なす:大1本 砂糖:30g レモン汁:大さじ2
クリームチーズ:200g プレーンヨーグルト:150g
生クリーム:200cc 砂糖:30g
ゼラチン:10g 水50cc

【作り方】
① 白なすは皮をむき、小さく切って水にさらす。
② 砂糖、レモン汁、水100ccと、①の水を切ったなすを入れ、水分がなくなるまで煮て冷ます。
③ 水50ccにゼラチンを入れてふやかす。
④ クリームチーズをボウルに入れてすり混ぜ、なめらかになったらヨーグルトを加えて混ぜる。
⑤ 生クリームを角がたつ直前、7分立てまで泡立て、④と混ぜ合わせる。
⑥ ⑤に②の白なすを加えて混ぜる。
⑦ ③のゼラチンを湯煎にかけ溶かし、⑥に加える。
⑧ 冷蔵庫で2~3時間冷やし固め、皿に移して完成!

★クセのない白なすはデザートにも!りんごのような味わいでなす嫌いの子どもにも食べやすいです。

投稿者:高橋 彩 | 投稿時間:15:00 | カテゴリ:産地の晩ごはん | 固定リンク
コメント(0)

ページの一番上へ▲