2019年2月

産地の晩ごはん ~上越市牧区の「雪下にんじん」を使ったレシピ~(新潟ニュース610 2月13日放送)


sanchi_190213.jpg上越市の牧地区では、5年ほど前から雪下にんじんの栽培が始まりました。
多いときには、2mほども雪が積もるというこの地域。
収穫できる状態のにんじんを、あえて収穫せず、雪の下にしておくことで、甘みが増し、
みずみずしさがアップするほか、にんじん特有の匂いがなくなります。
にんじんが苦手な方にも、オススメの雪下にんじん。
ぜひ、産地のレシピでお楽しみください!

 

◆雪下にんじんのスープ(4人分)
《材料》
雪下にんじん:中1本 たまねぎ:1コ バター:20g 小麦粉:大さじ1
牛乳:150cc 水:200cc コンソメ:小さじ2~3 塩・こしょう:適量

【作り方】
① にんじん・たまねぎを薄く切る。
② 鍋にバターをひき、たまねぎを炒める。そこに、にんじんを入れ、さらに炒める。
③ ②に小麦粉を少しずつ加えて炒め、牛乳・水・コンソメを加えて、材料が柔らかくなるまで煮る。
④ ③がなめらかになるまで、ハンディープロセッサーをかけ、塩・こしょうで味を調えたら完成!
  ※ミキサーを使う場合はある程度冷ましてから、ミキサーにかけてください。


◆雪下にんじんの冷しゃぶ風サラダ(4人分)
《材料》
雪下にんじん:中2本 豚もも肉(しゃぶしゃぶ用):250g
らっきょ酢:大さじ3 オリーブオイル:大さじ2 乾燥バジル:大さじ2~3

【作り方】
① にんじんをピーラーでむく。
② 鍋に湯をわかし、しゃぶしゃぶの要領で豚もも肉に火を通し、冷水にとって冷まし水気を切る。
③ ①と②をボウルに入れ、らっきょ酢・オリーブオイル・乾燥バジルとあえれば完成!

★ピーラーでリボン状にすることで、シャキシャキした食感を楽しむことができます。


◆雪下にんじんのきんぴら(4人分)
《材料》
雪下にんじん:大1本 さつまいも:1本 白ゴマ:大さじ2~3 めんつゆ:大さじ2~3 
サラダ油:適量

【作り方】
① にんじん・さつまいもを大きめの拍子切りにする。(さつまいもは水にさらしておく)
② ①をそれぞれビニール袋に入れ、電子レンジで3分ほど加熱する。(袋の中に水を少量加える)
③ フライパンにサラダ油をひき、さつまいも・にんじんを炒める。
④ ③にめんつゆを入れて絡め、水気がなくなったら、白ゴマを加え完成!

★雪下にんじんは、大きめに切って存在感アップ!レンジで加熱することで時短になります。


◆雪下にんじんとツナのサラダ(4人分)
《材料》
雪下にんじん:1本 ツナ缶:1コ めんつゆ:大さじ1~2 白ごま:適量 ごま油:適量

【作り方】
① にんじんを千切りにする。
② ①にツナ・めんつゆ・ごま油・白ごまをあえたら完成!


◆雪下にんじんのピラフ(4人分)
《材料》
雪下にんじん:中1本 ツナの缶詰:1コ パクチー:お好みで

【作り方】
① にんじんをすりおろす。
② 炊飯器に米・①・ツナの缶詰を入れて炊けば完成!
  (材料をすべて入れてから水を3合にあわせてください)

投稿時間:10:20 | カテゴリ:産地の晩ごはん | 固定リンク
コメント(0)

ページの一番上へ▲