2018年11月

産地の晩ごはん ~新潟市西蒲区・巻の「長芋」を使ったレシピ~(新潟ニュース610 11月14日放送)


sanchi_181114.jpg新潟市西蒲区の巻地区では、今、特産の長芋が収穫の最盛期を迎えています。
巻地区の長芋は、水はけが良い砂丘地で育てられているため、色や形がきれいで、
シャキシャキとした食感が特徴です。
さらに、まっすぐ育てるために、タネを撒く前に、土を柔らかく耕す作業を行うほか、
表面をきれいに仕上げるため、根をバーナーで焼くなど、とにかく、見た目にもこだわって
栽培しているんです。
生だけでなく、煮ても、炒めても、揚げてもおいしい、巻の長芋。
ぜひ、産地のレシピでお楽しみください。

 

◆長芋と柿の和風サラダ(4人分)
《材料》
長芋:200g 柿:1コ 三つ葉:1/2束 
ポン酢しょうゆ:大さじ2 白だし:大さじ2 青じそチューブ:少々(なければ青じそ:5枚)

【作り方】
① 長芋と柿は皮をむき、拍子切りにする。
② 三つ葉は根をおとし、サッとゆで、2センチぐらいに切る。
③ ボウルにポン酢・白だし・青じそチューブを入れて混ぜる。
④ ①に③をあえ、三つ葉を散らせば、完成!

★長芋は大きめに切ると、より食感を楽しめます。柿の甘みが味のアクセントになります!


◆長芋とアスパラ&ベーコンの炒めもの(4人分)
《材料》
長芋:200g アスパラ:5本 ベーコン:50g マヨネーズ:大さじ1~2 塩・こしょう:少々
めんつゆ:少々

【作り方】
① 長芋は半月切り、アスパラは斜め切りにする。
② フライパンにマヨネーズを入れてあたため、長芋を弱火でじっくり炒め、
そこに、アスパラと水(大さじ3)を加え、さらに炒める。
③ アスパラに火が通ったら、塩・こしょうで味を調え、ベーコンを加えてさらに炒める。
④ お好みで、めんつゆを回し入れたら完成!

★マヨネーズで炒めることで、コクが出て美味しく仕上がります。
★炒めている途中で、長芋が崩れないように、大きめに切るのがポイントです。


◆長芋とかにかまぼこの煮物(4人分)
《材料》
長芋:600g かにかまぼこ:160g すき昆布(乾燥):10g 塩:小さじ1~2 片栗粉:少々

【作り方】
① 皮をむいた長芋を、2センチの輪切りにする。
② 長芋が重ならないようにフライパンにならべ、すき昆布(水でもどしたもの)と、
ほぐしたカニカマを散らす。
③ ひたひたになるくらいの水と塩を加え、フタをして、弱火~中火で8分~10分煮る。
④ 長芋に火が通ったら、火を止めて、水溶き片栗粉でとろみを付けたら完成!

★しっとり・ホクホクした食感を楽しめます。


◆長芋とおからの揚げボール
《材料》
長芋:150g 生おから:200g ひき肉:300g ひじき(乾燥):5g 卵:1コ
しょうが(すりおろし):大さじ1 みそ:大さじ1 小麦粉:大さじ1 揚げ油:適量 めんつゆ:適量

【作り方】
① 長芋としょうがは、すりおろしておく。ひじきは、水で戻しておく。
② 全ての材料をよく混ぜ、直径2センチの一口大に丸める。
③ 180度に熱した油で、5~6分、色よく揚げる。
④ お好みで、めんつゆにつけて、いただきます。

★揚げると膨らむので、小さめに丸めてください。


◆長芋のとろとろ中華スープ
《材料》
長芋:200g ねぎ:適量 卵:2コ 中華スープの素:小さじ2~3
水:800ml 塩・こしょう:適量

【作り方】
① 長芋は皮をむき、すりおろし、卵と混ぜ合わせておく。
② 鍋にスープの材料を入れて火にかけ、煮立ったら中火にして、①を入れ、大きく混ぜて火を止める。
③ 塩・こしょうで味を調え、きざみネギを加えたら完成!

★ツルツル・フワフワの食感を楽しめるスープです。

投稿時間:17:00 | カテゴリ:産地の晩ごはん | 固定リンク
コメント(0)

ページの一番上へ▲