2017年11月22日

産地の晩ごはん ~「しるきーも」を使ったレシピ~(新潟ニュース610 11月22日放送)


sanchi_171122.jpg

新潟市北区では、シルクスイートという品種のサツマイモを「しるきーも」と名付け、特産化に取り組んでいます。
甘みが強く、シルクのようになめらかな食感が特徴のしるきーも。
その魅力を存分に楽しめるレシピを教えていただきました。

 

◆しるきーものスパニッシュオムレツ(4人分)
《材料》
しるきーも:200g ベーコン:4枚 ほうれんそう:50g たまねぎ:160g 卵:4コ
粉チーズ:大さじ1 コンソメ(顆粒):2g 塩・こしょう:少々 オリーブ油:大さじ1

【作り方】
① しるきーもは、縦半分に切ってから、スライサーで薄くし、水にさらす。
② ①をフライパンに広げて並べ、水大さじ3を加え蓋をし、蒸し焼きにして、皿にあげる。
③ ほうれんそうはゆで、1センチに切る。
④ フライパンで細切りにしたベーコン・たまねぎをいためる(塩こしょうで味付け)
⑤ 卵を割りほぐし、③と④、粉チーズ・コンソメを入れてよく混ぜる。
⑥ フライパンにオリーブオイルを入れ、⑤を加え軽く混ぜたら、しるきーもを上に均等に並べ中火で火を通す。
⑦ 火が通ったら裏返して両面焼けば完成!

★スパニッシュオムレツは、通常じゃがいも使いますが、しるきーもを使うことで、甘くしっとりとした食感を楽しめます。


◆しるきーものヨーグルトみそ焼き(4人分)
《材料》
しるきーも:200g しめじ:80g ブロッコリ:40g スライスチーズ(溶けるタイプ):2枚
みそ:小さじ1 ヨーグルト:大さじ1 マヨネーズ:大さじ1 バター:10g 塩・こしょう:少々

【作り方】
① 一口大に切ったしるきーもは、水からゆでる。(沸騰したら弱火でじっくり煮る。)
② しめじ・ブロッコリは、電子レンジで1分半加熱する。
③ ボウルに①・バター・塩・こしょうをしてまぜ、しめじを加えて耐熱皿に入れ、ブロッコリを添える。
④ みそ、マヨネーズ、水切りヨーグルトを小さめの袋に入れてよくもみ、袋の先端を切る。
⑤ ③に④のソースを搾り出し、軽く裂いたチーズをのせる。
⑥ グリルやトースターで5分焼けば完成!

★みそのコクとチーズ、しるきーもの甘みがマッチして、おもてなしにぴったりの一品です!


◆フルーツきんとん(4人分)
《材料》
しるきーも:300g パイン(缶詰):3枚 みかん(缶詰):8粒 キウイ:1コ りんご:100g
パイン缶シロップ:大さじ3 塩:少々

【作り方】
① しるきーもは、皮を厚めにむき、1~2センチの厚さに切って水にさらし、やわらかくゆでる。
② ①をザルにあげて水気を切り、鍋に戻し入れて鍋の中でつぶす。
③ 空煎りをして、しるきーもの水分をとばし、火にかけたまま塩(少々)と、パイン缶の汁を加え、練るように混ぜていく。
④ パインは6等分・りんご、キウイは5mm幅のいちょう切りにする。
⑤ ③と④・みかんをざっくりと混ぜたら完成!

★砂糖を使わず、さっぱりとした甘みが特徴です!滑らかな舌触りもGOOD!


◆お手軽レシピ
①焼き芋
 水にぬらしたしるきーもを、アルミホイルでくるみ、160度で90分焼けば完成!

②しるきーものごはん
 米2合、大きめに切ったしるきーも(適量)、塩(少々)、酒(大さじ2)を入れて炊くだけで完成!

投稿時間:16:33 | カテゴリ:産地の晩ごはん | 固定リンク
コメント(0)

ページの一番上へ▲