2017年6月

産地の晩ごはん ~「豆腐」を使ったレシピ~(新潟ニュース610 6月21日放送)


sanchi_170621.jpg

新潟県内には、180ほどの豆腐店がありますが、
今回は、豆腐のアレンジ料理教室も開いている、
阿賀野市の豆腐工房におじゃましました。

こちらの豆腐は、新潟市横越地区産の3種類の大豆をブレンドし、
天然のにがりを使って作られています。

ふっくら、やわらかな食感が特徴で、
県外からのお客さんもいらっしゃるそうです。

調理師の免許を持つ、店主の伊藤さんに、
手軽でおいしいお豆腐レシピを教えていただきました。

この夏、ぜひ、お試しください。

 

◆豆腐シューマイ(4人分)
《材料》
豆腐:1/2丁  豚ひき肉:100g たけのこ:30g しいたけ:大1枚 シューマイの皮:10枚
ごま油:大さじ1/2 かたくり粉:大さじ2 塩:少々 みそ:少々

【作り方】
① 豆腐は2~3時間、水切りをする。たけのこと、しいたけは、みじん切りにしておく。
② ひき肉・水切りした豆腐・たけのこ・しいたけ・ごま油・かたくり粉・塩・みそをボウルに入れよく混ぜる。
③ 耐熱皿にごま油を薄く塗り、タネを丸めて並べる(手にごま油をつけると丸めやすいです)
④ シューマイの皮を2mm幅に切り、③の上に乗せる。
⑤ 霧吹きで水をかけ、軽くラップをしてレンジで600wで4分ほど加熱すれば完成!

★型崩れを防ぐため、タネは、粘りが出るまでよく練ってください。
★肉だけのシューマイより、カロリーが4割ほどカットされ、ダイエットに最適です!


◆豆腐のアヒージョ(4人分)
《材料》
豆腐:1丁 エキストラバージンオリーブオイル:適量 鷹の爪・にんにく:適量
エビ・ミニトマト・マッシュルームなどお好みの具材 フランスパン
塩:適量 コショウ:適量

【作り方】
① 豆腐は、一晩かけてしっかり水切りする。
② 鍋に、鷹の爪・スライスしたにんにくを入れ、オリーブオイルをたっぷり注ぎ、中火にかける。
③ 油がフツフツしてきたら、すべての具材を入れて火を通す。
④ 塩・コショウで味を調えたら完成!

★魚介類を入れることで、オリーブオイルの風味が増し、豆腐がより美味しくなります。
★パンにオリーブオイルを付けてお召し上がりください。


◆おからの「からずし」
《材料》
おから:150g たまご:1コ りんご酢:50cc 白ごま:少々
しめ鯖:1/2枚 きゅうり:1/2本 にんじん:少々 しょうが:1かけ

【作り方】
① フライパンに、おから・たまご・りんご酢を入れてよくかき混ぜる。
② ①を弱火にかけて焦がさないようにかき混ぜる。
③ たまごに火が入り、そぼろの状態になったら、火からおろし、冷蔵庫で冷やす。
④ きゅうり(塩をして水を出す)・しめ鯖・しょうが・にんじんは千切りにしておく。
⑤ おからが冷めたら、③と白ごまをさっくりと混ぜれば完成!

★火にかける前に、あらかじめ、おから・たまご・りんご酢をよく混ぜ、なじませてください。
★おからが、おもてなしの一品になります!


◆お豆腐屋さん直伝!オススメ冷奴のたれ

①みょうがドレッシング
《材料》
みょうが:6コ
みりん:20cc しょうゆ:40cc 白だし:10cc 削り節:1パック すりごま:小さじ1

②濃厚!しょうがごまだれ
《材料》
しょうが:70g すりごま:大さじ3 しょうゆ:1/2カップ 砂糖:大さじ2 酢:大さじ1

【作り方】
みょうが、しょうがをみじん切りにして、それぞれの調味料と和えるだけ!!

★豆腐の甘さを引き立てるようなタレです。
★そうめんなどに使ってもGOOD!!

投稿時間:15:35 | カテゴリ:産地の晩ごはん | 固定リンク
コメント(0)

ページの一番上へ▲