2016年6月

産地の晩ごはん ~新たまねぎを使ったレシピ~(新潟ニュース610 6月28日放送)


sanchi160628.png

柏崎市では、5年ほど前から、休耕田を利用してたまねぎを栽培し、
特産にしようという取り組みが始まっています。

10月に苗を植え、6月に収穫する新たまねぎ。
ことしは、冬の天候が安定していたため、
よく育ち豊作なのだそうです。

みずみずしく、甘味と辛味のバランスがよい新たまねぎ。
ぜひ、産地のレシピでお楽しみください。

 

★さっぱりオニオンサラダ(4人分)

《材料》
新たまねぎ:小1コ キャベツ:1/4コ ハム:6枚 酢・オリーブオイル:大さじ3
塩・コショウ:少々

《作り方》
① 新たまねぎは薄くスライスして、10分水にさらす。
② ハムは千切りに、キャベツは粗い千切りにして塩をふってもみ、しんなりさせる。
③ ボウルに、酢、オリーブオイル、塩・コショウを入れて混ぜドレッシングを作る。
④ ③に新たまねぎ、ハム、キャベツを入れてあえたら、完成!
★新たまねぎは、水にさらすと、辛味が取れて食べやすくなります。
冷蔵庫で冷やすと、さらにおいしくいただけます!

 

★新たまねぎのかきあげ(4人分)

《材料》
新たまねぎ:2コ コーン:小1缶 むきえび:1パック 天ぷら粉:130グラム 水:150cc 塩:1g

《作り方》
① 新たまねぎは、1.5センチ角に切る。
② ボウルに切った新たまねぎ、むきえび、コーンを入れ、粉をふる。
③ 水に溶いた天ぷら粉の中に②を入れ、よく混ぜる。
④ 形を整えながら180度の油で揚げたら完成!
★食感をよくするために、新たまねぎは大きく切りましょう!
油で揚げると、甘味が増しておいしくなります。

 

★キラキラ冷製パスタ(4人分)

《材料》
新たまねぎ:小1コ トマト:2コ パプリカ(赤・黄):各1/2コ きゅうり:1本 セロリ:1/2本
レモン:1/2(レモン汁として使います)スパゲッティ:300グラム トマトジュース:1/2カップ
EXオリーブオイル:3/5カップ 白ワインビネガー:大さじ2 塩・コショウ:少々

《作り方》
① 新たまねぎは5mm角に切り、水にさらす。
② トマトは湯むきし、5mm角に切る。そのほかの野菜も5mm角に切りそろえる。
③ 細かく切った野菜をボウルに入れよく混ぜる。
④ ③にトマトジュース、レモン汁、EXオリーブオイル、白ワインビネガー、塩・コショウを入れよく混ぜる。
⑤ スパゲッティは、柔らかめにゆでて、冷水でしめ、オリーブオイルを絡めておく。
⑥ スパゲッティに④のソースをかけたら完成!

 

★簡単レシピ★

新たまねぎの万能ソース(冷やっこや焼いた鶏肉、魚のムニエルなどに)
スライスした新たまねぎ(1/2コ分)+酢(大さじ1)+しょうゆ(大さじ2)+砂糖(大さじ1/2)
レンジ蒸し
新たまねぎを縦十字に切れ目を入れ、ふんわりラップをかけて7分加熱。削り節とポン酢をかければ完成
リング漬け
3mm厚の輪切りにした新たまねぎ+しょうがの千切りを、酢(大さじ2)、砂糖(大さじ1)、塩(小さじ1/2)に半日から1日漬けこむ

投稿時間:15:42 | カテゴリ:産地の晩ごはん | 固定リンク
コメント(0)

ページの一番上へ▲