2016年4月

産地の晩ごはん ~山菜を使ったレシピ~(新潟ニュース610 4月28日放送)


20160428sansai.jpg県内でも有数の豪雪地「魚沼市」。
雪解けとともに山は、山菜の宝庫になります。
天然の山菜は、香りが強いのが特徴。
また、魚沼の山菜は、雪解け水の恵みによって適度にあくが抜け、
美味しくなるんだそうです。

今しか味わえない山の恵み。
産地のレシピをぜひ、お楽しみください。


★山菜の天ぷら

《材料》
ウドの穂先の部分・タラの芽・コシアブラ・コゴミなど山菜全般 市販の天ぷら粉:適量

《作り方》
①山菜は洗い、水を切る(少し水分を残した状態にしておく)。
②山菜を種類ごとにボウルに分け、天ぷら粉をふる(表面が白くなる程度に)。
③180度に熱した油で、すばやく揚げたら完成!
★衣がほとんどついていないので、山菜そのものの味わいを楽しむことができます。


★ウドのきんぴら(3~5人分)

《材料》
ウド:10本 さつま揚げ:3~5枚 しょうゆ:大さじ3 砂糖:大さじ2~3 酒:大さじ3

《作り方》
①ウドの薄皮をむき、5センチの長さに切り、15分ほど水にさらして、あくを抜く。
②油を敷いたフライパンで、ウドを炒める。
③ウドに油が回ったら、細切りにしたさつま揚げを入れ、さらに炒める。
④③にすべての調味料を入れ、蓋をする。ウドがやわらかくなったら、完成!
★フライパンに蓋をして、じっくりと蒸すのがポイントです。
★やわらかくならない場合は、水を足して蒸してください。


★木の芽(あけびの新芽)のオムレツ (4人分)

《材料》
木の芽:200グラム たまねぎ:小1こ にんじん:小1本
豚ひき肉:200グラム 卵:5こ 塩コショウ:適量 ケチャップ:お好みで

【木の芽の下処理方法】
沸騰したお湯に塩を入れ、木の芽をゆでる。木の芽の色が変わったら、3時間水に浸し
あくを抜く。

《作り方》
①豚ひき肉と、みじん切りしたにんじん・たまねぎをフライパンで炒め、塩コショウで味を調える。
②火を止めて、①に、適当な大きさに切った木の芽を入れ、混ぜる(これが、オムレツの具材になります)。
③別のフライパンに油をしき、とき卵を流し入れ、少し焼く。
④③に②の具材を入れ、卵で具材を包みこんだら、オムレツの完成!
お好みでケチャップを付けてお召し上がりください!
★木の芽は、しっかりあくを抜いてから調理してください。きれいな緑と、独特の苦みを
楽しめます。


★山菜お手軽メニュー★

◆木の芽のごはん
炊きあがったごはん(5合)に、刻んだ木の芽・塩(大さじ3~5)を混ぜたら、
木の芽ごはんの完成!

◆コゴミのサラダ
ゆでたコゴミと、レタス・きゅうりをボウルに入れ、シーザードレッシングであえたら完成!
(みそ+マヨネーズでもおいしくいただけます。)

投稿時間:19:00 | カテゴリ:産地の晩ごはん | 固定リンク
コメント(0)

はじめまして!【高橋彩】


新潟県のみなさま、はじめまして。

28年度から新潟放送局にキャスターとして仲間入りしました。高橋彩です。

同期が一文字違いの名前ですが、私は、あや、です!笑 

 

新潟県には祖父母の家があり、小学生の頃は夏休みに毎年遊びに来ていましたが

素敵なご縁でキャスターとして働かせて頂ける事になって、びっくり!そしてとっても嬉しいです。

食べる事が大好きで、何を食べても本当に美味しい新潟県に住めて幸せです。

まだ来てから短い期間ですが、早くも美味しいものを食べすぎてスカートのファスナーが…

気をつけます…。

 

夏の新潟県しか知らないので、新潟の春も秋にも冬にも出会えるのが楽しみです。

どんな方に出会ってどんな話が出来るのか、わくわくどきどきしています。

みなさんが頑張っているところをしっかり見てお伝えして、

新潟県がもっと魅力的に感じられるようなお手伝いをしたいです。

初めての経験ばかりなので不安も大きいですが、

たくましい日本海の女を目指してがむしゃらに頑張ります。

どうぞよろしくお願いします!

 IMG_41000.jpg

 

 

投稿者:高橋 彩 | 投稿時間:11:40 | カテゴリ:高橋 彩 | 固定リンク
コメント(3)

ページの一番上へ▲