2016年1月

産地の晩ごはん ~プチヴェールのレシピ~(新潟ニュース610 1月29日放送)


puchibeeru.png

新潟市秋葉区の特産、プチヴェール。
青汁の原料となる「ケール」と、芽キャベツを掛け合わせてできました。

小さな中に、ビタミンCとベータカロチンを豊富に含んだ健康野菜。
雪にさらし、冬の寒さの中で育てることで甘味が増し、
葉がやわらかくなるそうです。

今回は、冬の食卓に春を呼び込むプチヴェールのレシピを
教えていただきました。

★プチヴェールの下処理方法
・沸騰したお湯に、塩ひとつまみを入れ、1分ほどゆでる。
・ゆであがったらザルにあけて水でしめ、色止めする。
★プチヴェールは、青臭さが残るため、ゆでて使いましょう!
独特の甘味と、シャキシャキした食感、鮮やかな色が楽しめます。

★プチヴェールの花畑サラダ(5人分)

《材料》
プチヴェール 10~15コ 卵 10コ
ドレッシング すりごま 大さじ1 マヨネーズ 大さじ1 みそ 小さじ1 砂糖 小さじ1

《作り方》
①プチヴェールをゆでる。
②すべての調味料を混ぜて、ドレッシングを作る。
③ゆで卵を5コ作り、ザルを使って裏ごしをする。残りの5コは、黄身と白身に分けメレンゲを作る。
④フライパンにクッキングシートをしいて、メレンゲを焼く。(ふたをして、弱火で1分)
⑤④を皿にあけ、プチヴェールと裏ごしをしたゆで卵、ドレッシングを飾れば完成!
★メレンゲは、焼くとふっくらして、雪のようになります。プチヴェールの緑と、卵の黄色で、食卓に春を!!

★プチヴェール入り春巻(5人分)

《材料》
プチヴェール 5コ 春巻きの皮 10枚 じゃがいも 2コ プロセスチーズ 5コ 明太子 60グラム
ゴマ油 適量 水溶き片栗粉 適量(春巻きを止める時に使います)

《作り方》
①ゆでたプチヴェールを、軸の方から3等分に切る。
②チーズ、明太子は、細長く切り、じゃがいもは、拍子切りにしてゆでる。
③春巻きの皮の上に、じゃがいも、チーズ、明太子、プチヴェールの順におき、巻いていく。
④熱したフライパンにゴマ油をひき、③を焼く。こんがりしたら、完成!
★切り口が鮮やかになるように、具材を並べるのがポイント!揚げていないので、ヘルシーです。
★おつまみ、お弁当にもGOOD!

★刻んだプチヴェールを彩りに!
【1】プチヴェールのおいなりさん
酢飯に、刻んだプチヴェール、ゴマを入れて混ぜる→甘辛く煮た油揚げに包めば完成!
【2】ヨーグルトソース
ヨーグルトに、刻んだプチヴェール、砂糖(はちみつでもOK)を入れて混ぜれば完成!
パウンドケーキなどにかけると、さわやかな味わいになります。



 

投稿時間:15:33 | カテゴリ:産地の晩ごはん | 固定リンク
コメント(0)

ページの一番上へ▲