2020年07月22日 (水)産地の晩ごはん ~「丸えんぴつなす」を使ったレシピ~(新潟ニュース610 7月22日放送)


sanchi_200722.jpg

上越地域でしか作られていない、幻の丸えんぴつなす。
アクが少ないため時間が経っても色がきれいで、水にさらさずに調理が出来るのでおすすめです。今回は、丸えんぴつなすの柔らかさと甘さを生かしたレシピをご紹介します。


◆丸えんぴつなすの蒸し焼き(4人分)
《材料》
・丸えんぴつなす:2コ(400g) ・サラダ油:大さじ4~

【作り方】
① なすを縦半分に切る
② 油を引いて、両面に焼き色がつくまで焼く
③ 焼き色がついたら、蓋をしておよそ5分間、弱火~中火で蒸し焼きにする
④ 切り口が、透明になってきたら出来あがり!

★丸えんぴつなすは、皮も柔らかいのでそのまま蒸し焼きがオススメ!
★アクが少ないので、水にさらさず簡単に調理ができます!


◆丸えんぴつなすとツナのサラダ(4人分)
《材料》
・丸えんぴつなす:2コ(400g) ・たまねぎ:50g ・ミニトマト:5~6コ 
・ツナ(缶詰/油づけ/小):1缶(70g) ・レモン汁:小さじ2 ・しょうゆ:小さじ2

【作り方】
① なすは皮をむき、繊維に沿って5ミリほどの厚さに縦に薄く切る
② 沸騰したお湯に30秒ほどさっと通す
③ お湯に通したなすを引き上げ、冷水に入れて冷やす
④ 手で触れる熱さになったら、手でしっかり水気を絞る
⑤ たまねぎは薄切り、ミニトマトは四つ割りにする
⑥ ボウルにツナ缶とレモン汁としょうゆを入れドレッシングを作る
⑦ ドレッシングと、なすとたまねぎ、トマトを加え混ぜ合わせて完成!

★繊維に沿って切ることで歯ごたえがよくなるのでオススメ!


◆丸えんぴつなすとひき肉のラザニア風(4人分)
《材料》
・丸えんぴつなす:1コ(200g) ・合いびき肉:200g ・にんにく:1かけ ・たまねぎ:50g 
・トマトケチャップ:大さじ1 ・ウスターソース:大さじ2 ・ピザ用チーズ:100g 
・サラダ油:大さじ1~2
【ホワイトソース】・牛乳:300g ・薄力粉:大さじ2 ・バター:10g ・塩コショウ:少々

【作り方】
① なすを5ミリの厚さに横に薄く切る
② サラダ油を入れて温めたフライパンで、両面に焼き色がつくまで焼いて取り出す
③ 同じフライパンにサラダ油を追加し、みじん切りにしたにんにく、たまねぎを炒める
④ たまねぎが透き通ったら、ひき肉を加えて色が変わるまで炒める
⑤ ひき肉に、ケチャップとウスターソースで味付けをする
⑥ 別の鍋に、ホワイトソースを作る
⑦ 牛乳と薄力粉を入れて混ぜ、中火でとろみがつくまで加熱し、バターを加え塩コショウで味付けする
⑧ 耐熱皿に、なす、ひき肉、ホワイトソースの順に何度か重ねていく
⑨ 最後にチーズをのせて200度に予熱したオーブンで15分間焼いて、チーズがこんがり焼けたら完成!

★なすが苦手なお子さんや、どんな世代でも食べやすい絶品です!

投稿者:上岡 梨紗 | 投稿時間:16:00 | カテゴリ:産地の晩ごはん | 固定リンク
コメント(0)

2020年07月15日 (水)新人アナウンサーです!


はじめまして!

今年度から新潟局に仲間入りしました、木村穂乃です。

主に県内のニュースや中継、リポートを担当します。

 

お隣の群馬県出身で、新潟県には幼い頃よく遊びに来ていました。

思い出が詰まった地でアナウンサーのキャリアをスタートできて嬉しいです。

kimura1.jpg

学生の頃、イギリス・バースで

 

学生時代には北南米やヨーロッパ、アフリカなど、色々な国を留学や旅行で訪れました。

初めての場所に赴き、人や文化と出会うことが大好きなので、今度は取材でもプライベートでも新潟県内各地を巡りたいです!

 

ところで、新潟県に来て驚いたことがあります。それは…海鮮のおいしさ!!

  

kimura2.jpeg

魚介類はあまり得意ではないと思っていたのですが、新潟に来て1か月、すっかり好きになりました。

これから県内のおいしいものにたくさん出会えるのが楽しみです。

全身で感じた新潟県の魅力を、放送を通じてお伝えします!

 

少しでも早く新潟県の皆さんに信頼していただけるアナウンサーになれるよう頑張りますので、これからよろしくお願いします!

 

投稿者:木村 穂乃 | 投稿時間:15:07 | カテゴリ:木村 穂乃 | 固定リンク
コメント(1)

2020年06月24日 (水)産地の晩ごはん ~「放し飼い鶏の卵」を使ったレシピ~(新潟ニュース610 6月24日放送)


sanchi_200624.jpg

村上市山北地区の豊かな自然の中でのびのび育った健康的な鶏の卵は、濃厚な味で臭みがないことが特徴です。そんな鶏が卵を産み始めて3週間ほどの卵は『初卵(はつたまご)』と呼ばれ、縁起物とされています。今回は、放し飼い鶏の卵の特徴である濃厚な味を存分に楽しめるレシピをご紹介します!


◆冷たいカルボナーラ(4人分)
《材料》
・卵(温泉卵用) 4コ ・スパゲッティ(1.4mm) 280g ・ベーコン(塊) 160g 
・黒こしょう(粗びき)適量 ・塩 適量 ・オリーブ油 大さじ2
ソース
〔・卵(卵黄) 8コ ・生クリーム 120ml ・粉チーズ 60g〕

 

【作り方】
① ベーコンを5mm角に切り、オリーブ油で炒める。
② 卵黄と卵白を分けて、ボウルに卵黄、生クリーム、粉チーズを入れて混ぜ合わせ、
   粗熱をとったベーコンを加える。ソースは冷蔵庫で冷やしておく。
③ スパゲッティを表示時間より1分長めにゆで、しっかりと水気をとってソースと混ぜ合わせる。
④ 温泉卵をつくる。
   沸騰したお湯に少し水を入れて温度を下げ、生卵を入れて12分置いておく。
⑤ スパゲッティの上に温泉卵を盛りつけて、粉チーズ、黒こしょうをふりかけたら…
   出来上がり!

★スパゲッティをゆでるときの塩の量は、水の1.5%の割合。(通常は1%くらい)
   味付けがシンプルな分、少し塩を多めに入れる!

★味が薄まらないようにパスタの水気はしっかりとる。


◆夏野菜のオープンオムレツ(4人分)
《材料》
・卵 3コ ・じゃがいも 1コ ・たまねぎ 1/2コ ・ミニトマト 6コ
・ピーマン 1コ ・ズッキーニ 1/2コ ・青じそ 4枚 ・みょうが 2コ
・塩 ひとつまみ ・こしょう 適量 ・オリーブ油 大さじ2
ソース
〔・ヨーグルト 大さじ2 ・マヨネーズ 大さじ2〕

【作り方】
① 野菜を5mm幅に薄く切り、火の通りにくいじゃがいも、たまねぎを炒めていく。
② そこに、塩を加えて溶いた卵を加えて火を通す。
③ 残りの野菜(ミニトマト、ピーマン、ズッキーニ)をのせたらフタをする。
④ 火が通ったら青じそとみょうがをちらし、ヨーグルトとマヨネーズを混ぜ合わせたソースを
   かけたら出来上がり!

★卵を入れるときは、フライパンをゆすって入れるとふっくら仕上がる!

投稿者:尾﨑 侑美 | 投稿時間:16:00 | カテゴリ:産地の晩ごはん | 固定リンク
コメント(0)

2020年04月24日 (金)思いやりの距離と未来を信じて


世界から彩りが消え、モノクロ世界のように感じる今日この頃。

新型コロナウイルス感染拡大で、世の中から日常生活や娯楽が失われ、息苦しい日々を送っている方も多いと思います。家族と会う、友達とご飯を食べる、スポーツの試合を見に行く…皆さん多くのことで“我慢”されていて、ストレスもたまってきていると思います。でもそんな時だからこそ、「思いやり」をもった発言や行動が必要だと感じます。

言葉は繊細です。自分でも、どのような言葉を発しているか見直す日々です。

kitajima111.jpeg

 

行動ではどうでしょうか。今、「ソーシャル・ディスタンシング」という言葉が注目されています。カタカナで分かりにくいよ!という方、簡単に申しますと『人と人との距離をあけ、感染のリスクを下げよう』というものです。距離はおよそ2メートルで2人の人が互いに手を伸ばして、届くか届かないくらいとのことです(厚生労働省によると)。

 

kitajima2222.jpg

 

今回その『ソーシャル・ディスタンシング』を新潟ゆかりのものでお伝えする動画を作りました。わたし北嶋、後輩の伊原アナ、キャスターの俊吉アナの3人が出演しています。NHKにいがたTwitterアカウントでもご覧になれますが、おそらく『そのたとえで分かるわけないだろ!』というご指摘があることでしょう。

 

kitajima3333.jpg 

4月23日放送の『新潟ニュース610』では制作の思いを伝えられなかったので、ここでお伝えします。今年はいろんなイベントや地域のお祭りが中止となり、生きがいを失っている方、観光業に携わる方で大変な思いをされている方も多いと思います。まだ事態の収束が見えない中ではありますが、おさまって日常を取り戻したときには、新潟の素晴らしい四季や文化を多くの人(県内外問わず)に楽しんでほしい、それを楽しみに苦しい時期を一緒に乗り越えたいという思いがあります。この思いに共感してくださった自治体や団体の方にご協力いただき、動画の制作に至りました。少しでも2mを意識するキッカケになれば幸いです!

願いはひとつです。1日も早くこれまでの日常が戻ってほしい、生活の彩りを取り戻したい。そのために思いやりの距離を取りましょう!好きだからこそ距離を置きましょう!

私も家で、ひとり、大好きなB’zさんの曲を聴きながら運動しています!

皆さんはどのような「おうち時間」過ごしていますか?

 

投稿者:北嶋 右京 | 投稿時間:20:46 | カテゴリ:北嶋 右京 | 固定リンク
コメント(1)

2020年04月22日 (水)産地の晩ごはん ~「サクラマス」を使ったレシピ~(新潟ニュース610 4月22日放送)


sanchi_200422.jpg

幻の高級魚といわれる、サクラマス。佐渡の荒波の中で育った、サクラマスは運動量が多く身がたんぱくなのが特徴です。養殖で育ったサクラマスは、刺身やカルパッチョとしても楽しめます。今回は、サクラマスの特徴である身の柔らかさなどを活かしたレシピをご紹介します。

 

◆サクラマスのカルパッチョ(4人分)
《材料》
サクラマス:120g 塩・砂糖:大さじ3 たまねぎ:2コ
お好みでポン酢しょうゆなど

【作り方】
① 砂糖と塩を同じ量で混ぜ、切り身全体にしっかり砂糖と塩を混ぜたものを塗り込む。
② ①をボールの上などに置き、冷蔵庫で2時間置いておく。
③ ②を水で洗い、キッチンペーパーで水分を拭き取る。
④ 切り身を2-3ミリくらいに薄く切る。
⑤ お好みでポン酢しょうゆなどをかけて完成!

★砂糖と塩でしめることで、身が引き締まり弾力アップ!


◆サクラマスの塩焼き(4人分)
《材料》
サクラマス:120g 塩・こしょう:少々

【作り方】
① 塩、こしょうを少々切り身にかける。
② 魚焼きグリルに入れ、強火で6分間から9分間ほど焼く。
(フライパンの場合は、油を少々引き皮面から3分間ずつ焼く)
③ 身が少し白くなり、皮がきつね色になったら出来上がり!

★香ばしい香りを残すため、皮をつけたまま焼くのがオススメ!
★サクラマスは、冷めても身がふっくらしているのでお弁当にもぴったり!


◆サクラマスのフライ(4人分)
《材料》
サクラマス:320g 塩・こしょう:少々 生パン粉:適量 卵:1コ 小麦粉:適量
揚げ油:適量

【作り方】
① 切り身に塩・こしょうを少々振り、軽く身をたたき染み込ませる。
② 切り身に小麦粉を付け、溶き卵にくぐらせパン粉を全体にたっぷりとつける。
③ 165度から170度くらいの油で1分30秒間ほど、揚げれば完成!

★適度な脂分なので、揚げてもさっぱり食べられます!

投稿者:上岡 梨紗 | 投稿時間:17:00 | カテゴリ:産地の晩ごはん | 固定リンク
コメント(0)

2020年04月20日 (月)情熱 始めました


 

こんにちは、佐藤俊吉です。

先日放送した「にいがた情熱工房2020」、見ていただけましたか?

 shunkichi001.jpg

 

実はこの企画、前回赴任していた2012年に立ち上げたもので、

県内の情熱を持ってものづくりをしている会社を訪ねて

新潟を元気にするヒントを探すコーナーです。

2年間で21社の方々にお世話になりながら、

新潟から全国へ、そして世界へ挑戦している

すばらしい製品とその裏側に隠された開発秘話を探ってきました。

 

2度目の新潟赴任でもぜひまたやろう!

ということで2020東京オリンピック・パラリンピックに合わせて復活しました!

 

第1回は、これを作っている会社。

 

shunkichi002.jpg

 

東京オリンピックで金メダルが期待される競泳の瀬戸大也選手が着る水着です!

この水着の生地を加工している会社が五泉市にあります。

この生地、とにかくすごいんです。

薄さ0.2ミリなのに強い締めつけ力があり、そして驚きのはっ水性もあります。

 

shunkichi0003.jpg

 

開発の裏には、かつて競泳界を揺るがした「高速水着問題」がありました。

イギリスのメーカーが開発した ゴムなどを使用した高速水着で

世界記録が次々と塗り替えられましたが、2010年に使用が禁止に。

「水着は布だけで作る」ルールに変わり、

そこから日本のメーカーの挑戦が始まりました。

布でも強い締め付けやはっ水性を実現するため、

大手生地メーカーが作った生地の加工を任されたのが

五泉市にある今回おじゃました会社でした。

 

shunkichi0004.jpg

            (昭和40年から続く会社の金塚社長と)

 

独自技術で生地に強い伸縮性とはっ水性を持たせることに成功し、

2012年のロンドンオリンピックから日本の競泳陣のメダルを支えてきました。

瀬戸選手が今履いているのは2020年モデルの水着で、

ロンドンの時と比べてはっ水性がさらに上がるなど進化を続けています!

瀬戸選手以外にもこの会社が加工した生地の水着で

オリンピックに挑む選手がたくさんいます。

東京オリンピックは延期になりましたが、ますます観る楽しみが増えました。

ぜひ多くのメダルを期待しています!

 

工場見学が趣味の私にとっては今回もわくわくの連続でした。

これからもこういった新潟の会社のすごい技術、ものづくりに迫っていきます。

新型コロナウイルスの影響で暗いニュースが多いですが、

前向きな明るい話も伝えていきたいですね。

 

投稿者:佐藤 俊吉 | 投稿時間:15:00 | カテゴリ:佐藤 俊吉 | 固定リンク
コメント(1)

2020年04月03日 (金)皆さん、ありがとうございました!


 

3月27日(金)の新潟ニュース610で挨拶させていただきましたが、、、

新潟放送局を卒業し、仙台に異動となりました。

 

ブログでの挨拶が遅くなってしまい、失礼いたしました。

 

3年間、本当にありがとうございました!

そして皆様、お世話になりました。

思い返すと3年とは思えない程、思い出がいっぱいです。

とても濃い時間を過ごさせていただきました。

 

新潟といえば

“お米”と“お酒”というイメージが強かったのですが

上越、中越、下越そして佐渡と広い県内いろいろな所に取材で行かせていただき、

お米やお酒だけじゃない、新潟のいいところ知ることができました。

今や新潟の大ファンです(^^♪

 

社会人、そしてアナウンサーとしての第一歩を新潟で踏み出せたことは

私にとって大きな財産になりました!

 

仙台では、大好き東北 定禅寺しゃべり亭という番組のMCを務めます。

お笑い芸人やタレントといったゲストを交え、東北の魅力を紹介していく番組です。

 

新潟で経験させていただいたことを忘れず

これからも放送で新潟の皆さんに見て、応援いただけるよう励みます♪

 

ありがとうございました。

  

morita999.jpg

 

 

 

投稿者:森田 茉里恵 | 投稿時間:22:06 | カテゴリ:森田 茉里恵 | 固定リンク
コメント(2)

2020年03月27日 (金)最高の4年間をありがとうございました!


 

番組でもご挨拶させていただきましたが・・・、とうとう3月で新潟を離れることになりました。

「お昼はじょんのびくらし情報便」を1年、「新潟ニュース610」を3年担当させていただき、新潟には4年間お世話になりました。

 

楽しかった!としか言えない4年間でした!

新潟は、住みやすいとか食べ物 お酒がおいしいとか、もちろん具体的に言える良い所はたくさんあるのですが、

私の場合は、新潟がとにかく肌に合うといいますか、いるだけで安らげて楽しめる場所です。

実家に帰省して、新潟に戻るときいつのまにか「新潟に行くね」ではなく「新潟に帰るね」と言っていた自分に気がついて、本当に第二の故郷になっているなと思っています。

 

こちらに来たときに、「日本海の強い女になりたい」なんて今思うと恥ずかしいことを言っていたのですが(笑)

4年かけて県内の様々な場所にお邪魔し、地元を盛り上げたいと活動する、たくさんの格好良い方々に取材をしてきました。

そんなみなさんに刺激を受けて、4年前よりも人間としての厚みが出た気がします。

あ、新潟のごはんで実際身体も厚みは出たんですが(笑)

私も頑張らなくちゃ!こんな素敵な人になりたい!という方々ばかりで、

その刺激が、これから私が生きていくための「強さ」になったと思います。

 

そんな新潟で育てて頂いた強さをもって・・・

来年度からは、NHK BS1平日朝8時からの「キャッチ!世界のトップニュース」のサブキャスターを隔週で担当させていただきます。

名前の通り、世界各国で放送されているニュースを、ほぼそのままお伝えする番組です。

かつてない問題に直面して日本国内も混乱している今、世界を見ることで何かヒントを得ることが出来るのではと思います。

新潟にいたあの人ちゃんとやってるなぁと思っていただけるように、頑張ってきます!

 

拠点は変わりますが、せっかく他の場所にいくなら、それをいかして新潟を盛り上げるお手伝いが出来たらいいなぁなんて思っています。

それほど大好きな場所です。まだその後が気になるニュース、話題がたくさんあるのに、離れてしまうのは本当にさみしいですが、

世界のことを勉強しながら、いつも新潟のことを気にしています。

またお会いしましょう!いってきます!

 takahashiaya111.jpg

投稿者:高橋 彩 | 投稿時間:21:00 | カテゴリ:高橋 彩 | 固定リンク
コメント(7)

2020年03月23日 (月)マスク不足を乗り切れ!手作りマスクの作り方!


今年も花粉症の季節がやってきました。私も毎日むずむずしています。

3月19日の新潟ニュース610でご紹介した手作りマスクの作り方のおさらいです。

市販のマスクと比べると効果は劣りますが、花粉の吸い込む量を抑える効果は期待できます。

また、新型コロナウイルスについても、飛まつを人に飛ばさないという点では有効です。

 

材料は外布(マスクの表地)・ガーゼ・ゴムひもの3点です。

ihara001.png

 

作る上で注意すべきポイントは3つです。

ihara002.png

 

 それでは早速作っていきましょう!

まずガーゼのサイズを決めます。

ガーゼを顔に当て、縦は鼻と口が覆われる長さ、横は頬が覆われる長さに切ります。

外布は横幅をガーゼよりも4㎝長く切ります。

 

ihara0003.png

 

次に下書きをしていきます。

ガーゼ・外布をそれぞれ2つ折りにします。

柄がついている場合、柄を内側にするのがおすすめです。

下書きは下の写真のように書いてください。

 

ihara0004.png

 

折り目の中心から0.5㎝ずつ離れた点と、上辺・下辺の折り目から3㎝離れた点に線を引きます。

その線の1㎝離れたところから直角に伸びる線を引きます。

この下書きをガーゼ・外布の両方にします。

 

ここから下書きに沿って縫っていきましょう。

赤い線の部分を縫い、縫い目から1㎝離れたところで切ります。

 

ihara0005.jpg

 

外布とガーゼを開いて中心をぴったり合わせて重ね、青線部分を縫います。

 

ihara0006.jpg

 

縫い終わったらこちらも縫い目から1㎝離れたところで切ります。

 

ihara0007.jpg

 

続いてアゴにあたる部分を縫います。

下から1㎝程離れたところを直線に縫います。

 

ihara0008.jpg

 

縫い終わったら、横の開いている部分からひっくり返します。

 

ihara009.JPG

 

端を折り、ゴムひもを取り付ければ・・・・

 

ihara0010.jpg

 

完成です!縫い目が直線だけなので手軽にできますよ!

 

ihara011.JPG

 

 

監修:大久保公裕さん(日本医科大学教授)  ワタナベ・コウさん(裁縫家)

投稿者:伊原 弘将 | 投稿時間:23:56 | カテゴリ:伊原 弘将 | 固定リンク
コメント(2)

2020年03月18日 (水)産地の晩ごはん ~「越後姫」を使ったレシピ~(新潟ニュース610 3月18日放送)


sanchi_200318.jpg

つやつやと輝く新潟のいちご、越後姫。皮が柔らかく輸送が難しいため、あまり県外に出ないいちごなんです。いちごと言えば、そのまま生で食べるか、デザートにするのが主な食べ方ですよね。でも今回は、おつまみやサラダ、主菜と、晩ごはんになるメニューをご紹介していきます。越後姫の香りの高さを生かしたレシピ、どうぞチャレンジしてみてください!

 

◆越後姫とチーズの生ハム巻き(4人分)
《材料》
越後姫:4個(大きめのもの) クリームチーズ:30g パセリのみじん切り:大さじ1 生ハム:4枚 粗びき黒こしょう:適量

【作り方】
① 常温に戻したクリームチーズ、パセリのみじん切りを混ぜる
② 越後姫の半面に①を塗り、生ハムを巻く
③ 食べやすいようにピックを刺し、粗びき黒こしょうをふる

★生ハムの塩気が越後姫の甘さを引き立てます。パーティーにもオススメ!


◆魚介と越後姫のサラダ(4人分)
《材料》
越後姫:10~12個 ベビーほたて(お好みの魚介類):100g ベビーリーフ:25g レモン:1/3個
新玉ねぎ:1/6個
ドレッシング(リンゴ酢:大さじ2 オリーブ油:大さじ1 ゆずこしょう:小さじ1 しょうゆ:小さじ1)

【作り方】
① 越後姫はヘタをとって縦に四つ割りにする
② ドレッシングの材料をすべてボウルに入れてよく混ぜ合わせ、そこにみじん切りにした新玉ねぎを加える
③ ゆでたベビーほたてと越後姫を②に加えて絡める
④ ベビーリーフを加え、ざっくりと和える
⑤ 皿に盛り付け、レモンの皮をすりおろしながらかける

★リンゴ酢がなければ、お酢でもOK!


◆豚肉のソテー 越後姫ソースがけ(4人分)
《材料》
豚肩ロース肉:4枚
ソース(越後姫:6~7個 バルサミコ酢:大さじ2 はちみつ:大さじ1と1/2 しょうゆ:大さじ1)
塩・こしょう:適量  オリーブ油:適量 パセリのみじん切り:適量

【作り方】
① 豚肉に塩こしょうをふる
② オリーブ油で豚肉を焼き、一度皿にとる
③ 油を捨てずに、そのまま②のフライパンに、ソースの材料をすべて加え、とろみが出るまで煮詰める
④ 肉の上に③のソースをかけ、パセリを散らす

★越後姫の香りが豚肉に合う!簡単ですが深みのある味になります

投稿者:高橋 彩 | 投稿時間:17:00 | カテゴリ:産地の晩ごはん | 固定リンク
コメント(0)

ページの一番上へ▲