日曜美術館サイトにもどる
アートシーンサイトにもどる
2020年11月29日

コラム アイヌ文化から知る日本の多様な美

11/29放送の「アイヌ文様の秘密 カムイの里を行く」いかがでしたか? 日曜美術館の公式「日美ブログ」では今回ロケで訪れたアイヌの里、「二風谷」をクローズアップします。番組と合わせてお楽しみください。

nichi_column_ainu01.jpg
平取町立二風谷アイヌ文化博物館の周りには、野外施設としてアイヌの伝統的な住宅“チセ”が復元されている。奥に見えるのが平取町立二風谷アイヌ文化博物館。写真提供=平取町立二風谷アイヌ文化博物館

今回番組に登場した北海道沙流郡平取町二風谷(さるぐんびらとりちょうにぶたに)は新千歳空港から車で約1時間かけてたどり着く場所にあります(電車とバスでは2時間半〜3時間程度)。
15〜17世紀のアイヌ文化及び縄文〜擦文(さつもん)文化の生活の痕跡が残された二風谷遺跡に見られるように、古くよりこの辺りは人が連綿と居住する場所でした。現在も二風谷は北海道内でアイヌの人口比率が高い地域であり、暮らしている人の過半数がアイヌです。平取町内の地名のほとんどがアイヌ語起源で、二風谷という名もアイヌ語の「ニプタイ」(木の生い茂るところ)に由来します(諸説あり)。

カムイノミ(神に祈る儀式)の後チ(丸木舟)に乗り込み、安全を祈願するチサンケの祭礼が今日のアイヌ文化継承の一環として行われていたり、道内でも出色の展示内容を誇る平取町立二風谷アイヌ文化博物館があったり、伝統的なアイヌの家屋である茅の段葺き屋根による住宅・チセが復元されていたりと、アイヌ文化の保全に努めています。

nichi_column_ainu02.jpg
平取町立二風谷アイヌ文化博物館。番組で紹介したイクパスイ(写真手前)や、神への捧げ物として知られるイナウなど、さまざまなアイヌ固有の民具を見ることができる。 写真提供=平取町立二風谷アイヌ文化博物館

現在9棟ある復元のチセのうち2棟ではアイヌ伝統工芸の実演が毎日のようにされていて(※冬季は休業)、一棟では男性の仕事である木彫、もう一棟では女性の仕事としての織りや刺繍が披露されています。また他のチセではアイヌの舞踊体験などをすることができます。

民具を中心に常に1000点近くの資料が常時見られる平取町立二風谷アイヌ文化博物館のほか、生涯をかけてアイヌの民具蒐集を続けてきた地元のアイヌ文化研究者・萱野(かやの)茂氏のコレクションを展示する萱野茂二風谷アイヌ資料館や、地元の職人の店が立ち並ぶ通りなどもあります。文化博物館のすぐ隣にはアイヌの歴史を知る上での考古資料が充実している沙流川歴史館もあります。沙流川歴史館の屋上に上がると二風谷湖と対岸の森林の景色が美しく広がっており、アイヌ語由来の地名がついた沢や崖を見ながら、アイヌの古くからの歴史に思いをはせることができます。

nichi_column_ainu04.jpg
沙流川歴史館の屋上からは、アイヌ語地名がついた沢や崖が見える。 写真提供=平取町立二風谷アイヌ文化博物館

博物館を中心にイクパスイ(棒酒箸)、マキリ(小刀)、アットウシ(アイヌ特有の衣服)など、番組でも紹介したアイヌの民具に身近に接することもできます。 アイヌ文様が持つ意味については諸説あり、定まった解釈があるわけではありません。ただ、かつてはアイヌの家族において男たちは上手な彫刻ができなければ一人前ではないと技を磨き、女たちは刺繍や編み物の技術を母から娘、またその娘へと受け継ぎました。アイヌ文様には魔除けとしての意味があったとも言われますが、家族を守りたいとの思いを込めて代々引き継いできたのかもしれません。

平取町立二風谷アイヌ文化博物館学芸員・長田佳宏さんは「二風谷は過去形ではなく “今”に息づくアイヌの姿を見ることができる場所でもあります。来られた折にはそれを肌で感じてもらえたら」と仰っていました。

アイヌであっても自身のルーツから断絶されてしまった人が、二風谷に来て博物館を見たり地元の人と話すことで学び直すきっかけを得られるかもしれません。またアイヌではない人も、その文化に触れることで日本が多様な美を持つ国であることを再確認できるでしょう。日本の美の豊かさを感じに、アイヌの里を訪れてみてはいかがでしょうか?

◎平取町立二風谷アイヌ文化博物館
北海道沙流郡平取町二風谷55
開館時間:9時〜16時半
4月16日~11月15日 曜日に関係なく毎日開館/11月16日~4月15日 冬期間は毎週月曜日が定期休館日/12月16日~1月15日は休館

◎萱野茂二風谷アイヌ資料館
北海道沙流郡平取町二風谷79
開館時間:9時~16時半
休館日:特になし(冬期11月16日~4月15日は事前連絡を)

◎沙流川歴史館
北海道沙流郡平取町二風谷227-2
開館時間:9時~16時半
休館日:月曜(月曜日が祝・祭日の場合は翌日)・12月30日~1月5日