日曜美術館サイトにもどる

2019年5月26日 / 旅の紹介 第92回 山形へ 近代洋風建築をめぐる旅

5/26放送「にほん美の地図 ―山形―」では山形市、酒田市、大石田町、3つの地域を旅しましたが、「出かけよう、日美旅」では山形市内の洋風建築を巡りながら、近代における山形の都市計画に思いをはせます。

yamagata_01.jpg
山形市内、七日町。七日町大通りの突き当たりに位置する旧県庁舎(文翔館)。

つづきをよむ >>


2019年5月12日 / 旅の紹介 第91回 愛媛へ 一遍の故郷を訪ねる旅

激動の鎌倉時代、僧・一遍(いっぺん)は人々を救済に導くためにひたすら全国を行脚しました。
国宝「一遍聖絵」(いっぺんひじりえ)には、旅の内に過ごした一遍の生涯が鮮やかに描かれています。その舞台のひとつ、一遍生誕の地である愛媛県松山市を中心に訪ねました。

ippen_01.jpg
愛媛県・岩屋寺。天をつく岩山に囲まれる本堂。

つづきをよむ >>


2019年4月28日 / 旅の紹介 第90回 京都へ 空海と密教に触れる旅

番組では現在東京国立博物館で開催中の「東寺展」(〜6/2)に絡めて、東寺の立体曼荼羅(まんだら)を主に紹介しましたが、「出かけよう、日美旅」では、京都で空海を感じるいくつかのスポットを巡ります。

toji_01.jpg
東寺の境内。手前に見える建物が立体曼荼羅が展開されている講堂。

つづきをよむ >>


2019年4月 7日 / 旅の紹介 第89回 神戸へ スズキコージ「コーベッコー」の旅

絵本作家のスズキコージさんは8年前、神戸の街に越してきました。コージさんの目からは神戸の街はどんなふうに見えているのでしょうか。お気に入りの神戸を教えてもらいました。

koji_01.JPG
公開制作の様子を番組で紹介した巨大絵画。(会場協力=神戸北野美術館)

つづきをよむ >>


2019年3月10日 / 旅の紹介 第88回 三重へ 曽我蕭白の「奇想」を追う旅

番組では、辻惟雄『奇想の系譜』が光を当てた、前衛的で自由奔放な表現を志した江戸時代の画家たちを紹介しました。
「出かけよう、日美旅」では、その代表格と言える曽我蕭白(しょうはく)が数多くの作品と逸話を残した伊勢地方を訪ねました。

kisou_01.jpg
安養寺(三重県鈴鹿市)に伝わる蕭白の「達磨図衝立」。圧巻の筆の勢い。

つづきをよむ >>


2019年2月24日 / 旅の紹介 第87回 広島・倉敷へ 日本で印象派を堪能する旅

番組では、日本で見られる印象派をテーマにいくつもの美術館が紹介されましたが、「出かけよう、日美旅」でも印象派絵画を堪能しに、広島のひろしま美術館と倉敷の大原美術館を巡ってきました。

impressionism_01.jpg
まとまった数の印象派絵画が常設で見られる、ひろしま美術館。第1展示室の入り口正面にはモネの「セーヌ河の朝」が掛かる。

つづきをよむ >>


2019年2月17日 / 旅の紹介 第86回 深川・両国・九段へ 北斎と馬琴の面影を探す旅

70代を迎えてから、「冨嶽三十六景」などの名作を世に送った葛飾北斎(1760-1849)。
その画力は、40代の頃に取り組んだ挿絵の仕事で培われたと言われています。
北斎が最も多くコンビを組んだ作家が曲亭(滝沢)馬琴(1767-1848)でした。二人の巨匠ゆかりの場所を訪ねました。

hokusai_01.jpg
『南総里見八犬伝』で名高い曲亭(滝沢)馬琴。深川江戸資料館にて。

つづきをよむ >>


2019年1月27日 / 旅の紹介 第85回 瀬戸・名古屋へ 北川民次を巡る旅

1921年から15年にわたりメキシコに暮らした画家・北川民次(1894 -1989)は、帰国後愛知県の瀬戸市を気に入り、この町に長く暮らしました。民次を感じに、瀬戸と名古屋に出かけました。

tamiji_01.jpg
名鉄瀬戸線「新瀬戸駅」から徒歩7分、丘の上に建つ瀬戸市立図書館を彩る北川民次の壁画。

つづきをよむ >>


2019年1月 6日 / 旅の紹介 第84回 安曇野へ 写真家・田淵行男と北アルプスを感じる旅

山岳写真家であり高山蝶(コウザンチョウ)※の研究者としても知られた田淵行男(1905-1989)。田淵と、彼が愛した安曇野の自然を感じに長野県に旅します。

tabuchi_01.jpg
訪れたのは12月の初旬。北アルプスを眺める。雲の切れ目からのぞいている一番高い部分は田淵行男が206回登った常念岳。

※高山蝶……日本の高山に限ってすむ蝶の通称。本州では1500m以上、北海道では1000m以上の高地で生息するとされている。

つづきをよむ >>


2018年12月 9日 / 旅の紹介 第83回 大森へ 林忠彦の足跡を訪ねる旅

近代文学史に輝く文学者や焼け跡から立ち上がる人々など、戦後のさまざまな表情をフィルムに収めてきた写真家・林忠彦(1918-1990)。1940年代後半から50年代にかけて暮らした、東京都大田区大森を訪ねました。

hayashi_01.jpg
大森駅近くの山王小路飲食店街(通称・地獄谷)。秋山庄太郎など親しい写真家と飲み歩いては、最後にこの場所に足を運んだ。

つづきをよむ >>


2018年12月 2日 / 旅の紹介 第82回 ノルウェー・オスロへ ムンクと北欧の風土を感じる旅

「私の芸術は自己告白だ」と手記でも語っているように、作家自身の内面を映し出しているとされるムンクの絵画。同時にその芸術は彼が生まれ育った土地とも密接につながっています。ノルウェーに行き北欧の風土を感じながら、ムンクの絵に思いをはせます。

munch_01.jpg
今回の日美旅はオスロ在住の方に協力をいただいた。その方から送られてきた、12月のオスロの空の写真。「どちらかと言えば春や夏に見る機会が多いですが、冬でもこんな空はあります」。

つづきをよむ >>


2018年11月25日 / 旅の紹介 第81回 にほん 美の地図 ―熊本―

今回の「出かけよう、日美旅」は11/25放送「にほん 美の地図」と連動して、旅の案内をお届けします。熊本への美の旅に、ご一緒しましょう。

kumamoto_01.jpg
熊本県阿蘇郡小国町に行く途中に立ち寄った、阿蘇山の見晴らしが素晴らしい「大観峰(だいかんぼう)」にて、番組司会の小野正嗣さん。

つづきをよむ >>


2018年11月18日 / 旅の紹介 第80回 中井~御茶ノ水へ 松本竣介のまなざしをたどる旅

太平洋戦争中も都市の風景を描き、独自の表現を深めていった松本竣介(1912-1948)。
アトリエがあった新宿区中井を中心に、作品にまつわる場所を巡ります。

MS_01.jpg
中井を流れる妙正寺川沿い。竣介がスケッチ帳を手に散策した場所のひとつ。

つづきをよむ >>


2018年11月11日 / 旅の紹介 第79回 オランダ・デルフトへ フェルメールを巡礼する旅

17世紀オランダの黄金時代に繁栄を築いた古都・デルフト。ヨハネス・フェルメール(1632-1675)は一生のほとんどをこの街で過ごしました。フェルメールの人生を感じに、オランダ南西部の街・デルフトへ旅します。

vermeer_01.jpg
ザウドコルク運河の南岸より旧市街を望む。フェルメールの「デルフトの眺望」はこの辺りから描いたものと考えられる。

つづきをよむ >>


2018年10月28日 / 旅の紹介 第78回 フランス・ベルヴィルへ ルオーのルーツを探す旅 

20世紀フランスを代表する画家のひとり、ジョルジュ・ルオー(1871-1958)は、生涯にわたって宗教画を描きました。ルオーが生まれたパリの下町、ベルヴィルを訪ね、彼の原風景を探ります。

rouault_01.jpg
丘の斜面にあるベルヴィル公園。パリでも随一の高台で素晴らしい眺め。市内が一望できる。

つづきをよむ >>


2018年10月21日 / 旅の紹介 第77回 京都へ 刀にゆかりの地を訪ねる旅

“山城鍛冶”を総括し、国宝刀剣19件が出品される「特別展 京のかたな」が京都国立博物館で開催中です(〜11/25)。かつて名だたる刀鍛冶が多く住み、また時の権力者が名刀を所持したことからも、京都は刀剣文化の中心でした。その面影をたどる旅に出かけます。

katana_01.jpg
北野天満宮が所蔵する太刀「鬼切丸(別名 髭切)」。鎌倉時代の刀。

つづきをよむ >>


2018年9月16日 / 旅の紹介 第76回 新潟・中越地方へ "木喰さん"と出会う旅

江戸時代後期の僧侶、木喰(もくじき)が全国を遊行しながら彫った仏像は、庶民に寄り添う存在でした。木喰仏が最も多く残っている新潟県の中越地方を旅します。

mokujiki_01.jpg
小千谷市・小栗山木喰観音堂の観音像。

つづきをよむ >>


2018年9月 2日 / 旅の紹介 第75回 新潟へ 大地の芸術祭2018を回る旅

越後妻有(えちごつまり、新潟県十日町市と津南町)を舞台に、2000年から3年に1度開催されている「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」。
アートを媒介として、この地域ならではの魅力を世界に発信することを理念とし、進化を続けています。広大なエリアに展示された作品のうち、番組で紹介しなかったものを中心に巡ってみました。

dg_01.jpg
清津峡渓谷トンネルに誕生した新たな名所。マ・ヤンソン/MADアーキテクツによる「ライトケーブ」。

つづきをよむ >>


2018年8月12日 / 旅の紹介 第74回 信州へ いわさきちひろと北アルプスを感じる旅

今年はいわさきちひろ生誕100年。いわさきちひろは東京を中心に活動しましたが、両親の郷里であった長野・松本は小さいときからたびたび訪れ、ゆかりの深い土地でした。終戦もこの地で迎えました。また戦後、松川村に越した両親に、生まれたばかりの息子を預けて、東京からひんぱんに通いました。今回は、ちひろにとっての心のふるさと、長野・信州に旅します。

chihiro_01.jpg
「国破れて山河有り」。終戦の翌日にあたる8月16日、いわさきちひろは山のスケッチに、こう言葉を添えた。当時の心境に思いをはせる。

つづきをよむ >>


2018年7月29日 / 旅の紹介 第73回 奄美大島へ 田中一村と奄美を感じる旅

今年は日本画家・田中一村の生誕110周年にあたる年。現在、佐川美術館(滋賀)での個展が開催中です。またパリで行われている「ジャポニスム2018 深みへ−日本の美意識を求めて−」展にも出品されています。今回は田中一村が暮らし、描いた奄美大島に旅します。

amami_01.jpg
奄美大島に渡って間もない昭和30年代の頃の田中一村。精かんな顔立ちが印象的。田中一村記念美術館にて。

つづきをよむ >>