海外安全情報

外務省の危険情報を中心に、世界各国・地域の治安情報、災害情報、感染症情報をお伝えしています。在留邦人の緊急時のライフラインの一つとしてもご利用ください。
NHKワールド ラジオ日本で放送しています。

地域別情報

安全情報に関しては、外務省海外安全ホームページもご参照ください

アジア・オセアニア

2022年11月15日更新

南太平洋のパプアニューギニアの首都ポートモレスビーでは治安が悪化していて、現地の日本大使館が注意を呼びかけています。

パプアニューギニアの日本大使館によりますと、ポートモレスビーでは地元の住民同士の対立をきっかけに、道路封鎖や市場閉鎖などが発生しています。また、経済状況の悪化に伴い、失業中の若者グループによる強盗なども頻発していて、治安の悪化に歯止めがかかりません。さらに、市内には不法占拠された住居が数十か所あり、これらが犯罪の発生源にもなっています。
これに対して、地元の警察は人員や予算の不足から十分に機能しているとは言えず、治安回復が見込めない状況です。犯罪の検挙率も低く、各地で脱獄事件が相次ぎ、脱獄者が再び犯罪行為を繰り返しています。
現地の日本大使館は、ポートモレスビーは不安定な情勢が続いていて、小競り合いが大きな暴力的衝突にもなりかねないとして、現地に滞在する日本人に対し、治安関連の情報を収集し、市内には危険な場所が多くあることを常に意識して行動するよう注意を呼びかけています。

2022年11月8日更新

ベトナム南部のホーチミンにある日本総領事館は、最近ホーチミンで空港からタクシーに乗った日本人が、運転手に現金をすり取られる被害の報告が相次いでいるとして注意を呼びかけています。

ホーチミンの日本総領事館に寄せられた被害の報告には次のようなものがあります。
▽タクシーの助手席に座ったところ、支払いの際、取り出した財布を運転手にとられ、知らないうちに高額紙幣を抜き取られていた。
▽空港で運転手に声をかけられ、配車アプリで手配していた車両だと思って車両確認せずにタクシーに乗ったところ、目的地とは異なる場所に連れて行かれ、法外な料金を請求された。
現地の日本総領事館は、こうした被害を避けるために、次のような注意を呼びかけています。
▽空港でタクシーに乗る際は、正規の場所で大手のタクシーを利用する。
▽配車アプリでタクシーを手配した場合は、乗る前に必ず車両情報を確認する。
その上で、どんな場合でも、決して運転手に財布の中身を見せたり、手渡したりしないよう合わせて呼びかけています。

中東・中央アジア

2022年11月29日更新

11月20日、トルコ国防省はクルド人武装組織の拠点を攻撃し、これに対して武装組織がロケット弾を発射するなど、トルコとイラク北部の国境付近では緊張が高まっていて、日本の外務省は、「スポット情報」を出して注意を呼びかけています。

11月13日にトルコの最大都市イスタンブールで起きた爆発をめぐり、トルコ政府は20日までに60人以上を拘束し、トルコや欧米がテロ組織に指定するPKK=クルド労働者党が企てたテロだと非難してきました。その上で11月20日、トルコ国防省は隣国のシリアとイラクの国内にあるPKK傘下の組織とみなすクルド人武装組織の拠点を、空爆して破壊したと発表しました。
その後、21日には武装組織によるロケット弾などの攻撃が相次ぎ、トルコとイラク北部の国境付近では緊張が高まっています。
こうした事態を受け日本の外務省は11月20日「スポット情報」を出して、イラク北部のトルコとの国境付近には、危険情報の上から二番目にあたる渡航中止勧告が出されていて、今後軍事行動がさらにエスカレートする懸念もあるとして、この地域への渡航、移動はどのような目的であれやめるよう呼びかけています。

2022年9月28日更新

イランで、スカーフのかぶり方が不適切だとして逮捕された女性が警察に暴行され死亡したとして、首都テヘランなどで大規模なデモが行われる異例の事態となっています。

イランの国営通信によりますと、テヘランで22歳の女性、マフサ・アミニさんが「ヘジャブ」と呼ばれるスカーフのかぶり方が不適切だとして、警察に逮捕されたあと、9月16日に急死しました。
地元の警察は、心臓発作が原因で倒れたあと、すぐ病院に運ばれたが死亡したと説明していますが、アミニさんの出身地である西部のクルディスタン州では、死亡したのは警察官による暴行が原因だとして、政府に抗議するデモが相次いでいます。
9月19日にはテヘランでも大規模なデモが行われる異例の事態となり、市の中心部で撮影された映像では、通りを埋め尽くした大勢の人たちが抗議の声をあげる様子が映っています。
厳格なイスラム国家のイランでは、女性は公共の場ではスカーフなどで髪を隠すことが義務づけられ、保守強硬派のライシ政権はこの数か月、取り締まりを強化していました。
イランの日本大使館は、デモなどを見かけても決して近寄らず、安全の確保に努めるよう注意を呼びかけています。

南北アメリカ

2022年12月6日更新

南米ブラジルの最大都市サンパウロでは、新型コロナウイルス感染防止対策のための規制が緩和されるに伴って犯罪件数が増加傾向にあり、現地の日本総領事館が注意を呼びかけています。

現地の日本総領事館によりますと、サンパウロでは市内各地で銃を用いた強盗事件が昼夜を問わず多発しています。2021年にはサンパウロ州全体の強盗事件は25万件を超え、人口10万人あたりの発生件数は日本の600倍を超えています。
また最近、旧市街のセントロ地区で滞在する日本人が強盗の被害にあうケースも報告されていて、中でもセー地区の大聖堂やルース駅周辺での被害が目立っています。セントロ地区は観光地として有名ですが、治安状況はかなり悪く、犯罪が起きる可能性が高い場所とされています。
現地の日本総領事館は、特定の用事がない限りは出来るだけセントロ地区に立ち入らないように注意を呼びかけた上で、何らかの理由でこの地区を訪れる必要がある場合は、単独行動や暗くなってからの訪問を避けるよう合わせて呼びかけています。

2022年11月29日更新

南米のアルゼンチンでは、首都ブエノスアイレスなどで強盗や殺人などの凶悪犯罪が発生していることから、日本の外務省が注意を呼びかけています。

日本の外務省によりますと、アルゼンチンでは近年経済状況の悪化に伴い、貧困を背景とした犯罪が多く発生しています。特にブエノスアイレスでは有名観光地や地下鉄の駅周辺などで強盗や盗難が多発していて、滞在する日本人が被害を受けるケースも報告されています。
また、ブエノスアイレス市内には「ビジャ」と呼ばれるスラムが点在しています。ここでは銃を用いた誘拐、殺人などが日常的に発生していて、警察の力も十分には及んでいない状況が見られます。このため日本の外務省は現地に滞在する日本人に対し、「ビジャ」には決して近づかないよう注意を呼びかけています。
さらにブエノスアイレス市内では、このところ連日のように市内中心部などで政府に対する抗議活動が行われていて、抗議活動が過激化して負傷者が発生するケースも見られるため、日本の外務省は抗議活動が行われている場所の周辺には決して近づかないよう合わせて呼びかけています。

ヨーロッパ

2022年12月6日更新

スイスではクリスマスシーズンが近づき、クリスマス市などで人が多く集まる機会が増える中、現地の日本大使館が犯罪やテロへの注意を呼びかけています。

スイスでは各地でクリスマス市が始まっていますが、新型コロナウイルス感染防止のための規制が緩和されていることもあって、観光地などでは多くの人出が見られるようになってきました。現地の日本大使館は、このような一般市民が多く集まる場所ではスリなどの犯罪が多発する懸念があるとして、こうした場所を訪れる日本人に対し、貴重品からは常に目を離さず、多額の現金を持ち歩かないよう注意を呼びかけています。
また、この季節、不特定多数の人が集まる場所は、これまでにもテロがたびたび発生していることから、今後も引きつづきテロの発生が懸念されるとして、滞在する日本人に対し、
▽観光地や公共施設、公共交通機関のターミナルなどを訪れる際は、常にテロの標的となりやすい場所であることを意識して行動する。
▽不審な人物や動きがあればすぐにその場を離れる。
といった注意を呼びかけた上で、万が一テロに遭遇した場合は、警備当局の指示に従い冷静に行動するよう合わせて呼びかけています。

2022年11月22日更新

ドイツ西部のデュッセルドルフにある日本総領事館は、ノルトライン=ヴェストファーレン州では、イベントなどで人の動きが活発になっていて、それに伴って犯罪の増加が懸念されるとして、現地に滞在する日本人に対し注意を呼びかけています。

現地の日本総領事館によりますと、日本企業が多く集まるノルトライン=ヴェストファーレン州では、新型コロナウイルスの感染防止対策が緩和されて以来、観光客が戻り、大規模なイベントや企業の活動も再開されていますが、これに伴って日本人が被害者となる犯罪が起きています。
今後、ノルトライン=ヴェストファーレン州では、冬に向けて見本市などが予定され、日本人をねらったスリや置き引き、あるいは空き巣狙いなどの犯罪の増加が懸念されます。
このため、現地の日本総領事館は、滞在する日本人に対し、次のような注意を呼びかけています。
▽移動中は、貴重品を常に目に入るところで保管する。
▽周囲に関係者しかいないと思われる場でも警戒を怠らない。
▽多額の現金を持ち歩かない。
こうした注意に加え、現地の日本総領事館は、滞在する日本人に対し、日頃から犯罪に対する警戒心を失わないよう合わせて呼びかけています。

アフリカ

2022年11月22日更新

東アフリカのケニアの首都ナイロビでは銃やナイフを用いた犯罪が増えていて、現地の日本大使館が注意を呼びかけています。

ケニアの日本大使館によりますと、最近首都ナイロビでは、銃やナイフなどを用いた凶悪な犯罪が増えていて、外国人が被害者となって重症を負うケースも見られるということです。
10月下旬には、昼間、車を待っていた外国人男性がオートバイに乗った複数の若者に携帯電話を奪われ、11月上旬には、別の外国人男性が複数の男によって監禁された上暴行を受け、現金と携帯電話を奪われるという事例が報告されています。
こうした状況を受け、現地にある日本大使館は、犯罪被害から身を守るため、次のような注意を呼びかけています。
▽可能な限り徒歩での移動は避け、特に夜間早朝の移動の際は必ず車両を使う。
▽外出の際は極力持ち物を減らし、万が一犯罪にあった場合の被害を少なくする。
その上で、ケニアの日本大使館は、犯罪に巻き込まれた場合は抵抗せず、身体の安全を第一に考えるよう合わせて呼びかけています。

2022年11月15日更新

9月に軍によるクーデターが起きた西アフリカのブルキナファソでは、治安が極めて悪化していることから、日本の外務省は危険情報のレベルを引き上げ、滞在する日本人に注意を呼びかけています。

ブルキナファソでは、西部のマリとの国境周辺地域、南西部のコートジボワールとの国境周辺地域、それに南部のガーナとの国境周辺地域などで、イスラム過激派組織による治安機関への襲撃や住民をねらった誘拐などが頻発しています。
このため、日本の外務省は10月27日、これらの地域の危険情報を最も高いレベルの「退避勧告」に引き上げ、滞在する日本人に対し直ちに退避するよう呼びかけるとともに、どんな理由があってもこの地域への渡航はやめるよう合わせて呼びかけています。
また、首都ワガドゥグについても、経済状況の悪化が続き、市民の不満が蓄積されていることから、今後大規模なデモやそれに伴う暴動などの発生が懸念されるとして、危険情報を上から2番目の「渡航中止勧告」に引き上げ、滞在する日本人に対して注意を呼びかけるとともに、ワガドゥグへの渡航は目的にかかわらずやめるよう呼びかけています。