第88回NHK全国学校音楽コンクール 大会形式や運営方法に関するお知らせ

今年度のコンクールにつきましては、感染対策に配慮し、規定の見直しをしてまいりました。
この度、さらなる感染対策の強化をすべく、下記の通り大会形式と運営方法を変更します。
参加校のみなさまにはおかれましては、以下の事項を必ずお読みくださるようお願い致します。

本番時のマスクの着用について

●変更前

マスクの有無にかかわらず左右2m、前後2mの間隔を確保してコンクールを進行します。

  • ※会場内では、マスク着用が原則ですが、本番のステージで歌唱する際に、マスクを着用するかどうかは各学校の判断とします。

●変更後

原則、左右2m、前後2mの間隔を確保してコンクールを進行します。
また不織布マスクを正しく着用した上での歌唱を統一ルールとします。

  • ※体質や疾患など、特別な理由により不織布マスクの着用が困難な児童生徒については個別に対応します。
  • ※マスクの下にフレーム等を使用することも可能です。(ただし、鼻と顎のところに隙間ができない形状・サイズのものをご使用ください) 6月10日 追記
  • ※会場条件から左右2mの距離を確保できない場合は、最低1.5mの距離を確保します。該当の地区の参加校には事前の説明会などでお知らせします。

マスクの着用については、熱中症等のリスクもあります。練習時も、水分補給を十分おこない、本人が体調の異変を感じた場合はマスクを外して休むなど、健康状態に留意しながらおこなってください。また健康面で不安がある場合は、無理をなさらないようにお願いします。

運営方法の変更につきまして

感染対策強化のため、「本番」の演奏以外を省略する形での運営を予定しています。基本は以下の通りです。

1.当日は本番の時間にあわせてご来場いただき、歌唱後はすみやかに退館していただきます

(受付時間をずらすことで、多人数での参集、参加校同士の接触・滞留を避けるとともに、校外活動の時間を最小限にとどめます)

2.リハーサルは、原則、実施しません

(距離が十分確保でき換気条件が整っている場所や、舞台ステージ上で短時間の声出し時間はもうける場合などがあります)

3.昼食会場・昼食時間は設けません

(飲食時のリスクを軽減し、滞在時間を短縮します)

4.参加校の児童・生徒および引率者のみの入館とします

(代わりに代表者による記録用撮影をしていただけるようにします)

5.開会式および表彰式は実施しません

(結果発表は最小限の人数での実施となります。またはHP上でおこないます)

6.参加児童・生徒の健康チェックの強化

(学校単位で、別途お知らせする「健康観察チェック」をお願いします。また発熱等感染の疑いがある児童・生徒の参加はご辞退いただきます。)

ブロックコンクール・全国コンクールの開催方法につきまして  2021年9月16日更新 

今後のコンクールの開催方法は、地域の実情に合わせて判断してまいります。

日頃の活動におかれましても文部科学省や各地の教育委員会の通知などに従っていただくことや、コンクールの参加にあたっては保護者からの理解・同意を得ていただきますよう、重ねてお願い申し上げます。

NHK全国学校音楽コンクール事務局

ページトップへ