第88回 課題曲

小学校の部「好奇心のとびら」作詞:原 ゆたか 作曲:田中 公平 編曲:横山 裕美子「ねえ きみ/歌が すき?/生き物が すき?/それとも/きれいなものが すき?/きみの すきなことって なんだろう?/ググッと くることは ない?/ビビッと かんじたこと ない?/キュルンと むねにささったことは?/いつかであう ワクワク ドキドキ/きみの 見たい 知りたい やってみた/その好奇心が/心の とびらの 導火線/すべて うまくゆく物語は/きっと おもしろくないさ/ねえ きみ/本が すき?/のりものが すき?/それとも/笑わせるのが すき?/きみの すきなことって なんだろう?/じーんと したことは ない?/ハッと きづいたこと ない?/ピカンと ひらめいたことは?/いつか ぶつかる ハラハラ ドキドキ/きみの 見たい 知りたい やってみたい/その好奇心が/心の とびらの カギになる/なにも おこらない物語は/きっと たいくつな だけさ/大ぼうけんに ふみだすために/さあ 心のとびら 開こう/バーン!!」

原ゆたかさん

作詞:原 ゆたかさん (児童書作家)

1953年、熊本県に生まれる。1974年KFSコンテスト・講談社児童図書部門賞受賞。主な作品に、「ちいさなもり」「プカプカチョコレー島」シリーズ、「よわむしおばけ」シリーズ、「ほうれんそうマン」シリーズ、「かいけつゾロリ」シリーズ、「サンタクロース一年生」「イシシとノシシのスッポコペッポコへんてこ話」シリーズ、「ザックのふしぎたいけんノート」シリーズ、「にんじゃざむらいガムチョコバナナ」シリーズなどがある。

原 ゆたかさんからのメッセージ

私は、小学生のころから、絵を描くのが好きでここまで生きてきました。
大人になった今、子どものころに好きな事が見つかってよかったと思っています。
だからこそ、みなさんにも、社会に出るまでにいろいろなものを見て、聞いて、読んで、知って、体験して、自分が何が好きで夢中になれるのかを1つでも見つけてほしいのです。そんな思いを込めて、詩を書きました。

作曲者・編曲者からのメッセージはこちら

音とり用 パート別音源

同声二部 音源を再生 音源を再生 指揮者からのアドバイス 動画を見る
ピアノ
手元動画
音源を再生  
動画サムネイル ピアノ:石野真穂

指揮者 大門康彦さんからのアドバイス

ALT
① 歌詞を見なおして新しい発見をしよう!
ALT
② 歌詞を読んでみよう!
ALT
③ リズムにのって歌おう!パート1
ALT
④ リズムにのって歌おう!パート2
ALT
⑤ 2番のポイント!
ALT
⑥編曲者 横山裕美子さんから質問!

「Nコン2020みんなのコンサート」での演奏です

小学校の部 課題曲 「好奇心のとびら」
同声二部(11月23日録音) 音源を再生

2020年2月 原ゆたかさんと合唱団の対話

「ビビッと」「ググッと」はどんなイメージ?最後の「バーン!」は?
合唱団の子どもたちが質問しました!

作曲者・編曲者からのメッセージ

田中公平さん

作曲:田中 公平さん

東京藝術大学音楽学部作曲科卒業後、レコード会社に3年間勤務。
その後、米国ボストンのバークリー音楽院に留学。帰国後、本格的に作・編曲活動を始める。作曲した楽曲は10,000曲を越え、2008年からは新たに歌手としての活動も開始し、2011年頃からは海外でのコンサート等行うなど、世界にアニソンを普及すべく精力的に活動している。

<主な作品>
「ワンピース」「サクラ大戦」「勇者王ガオガイガー」「かいけつゾロリ」など

田中 公平さんからのメッセージ

今年のNコン小学校の部の課題曲を、作曲させて頂きました。実は私も、高校の合唱部に入っていまして、何十年も前にNコンの予選に参加した事がありました。結果は出ませんでしたが、すごく良い体験をした、と思っています。思いっきり声を出して、みんなと上手くハモった時、心が震えるような感覚を覚え、チームとして1 曲を歌い通した時、友達との深いキズナを感じました。同じ経験を皆さんにもして欲しい。そんな『想い』で作曲しました。
原先生の歌詞は『好きな事を夢中に』と、皆さんにエールを送っておられます。私は、それに『元気』のエッセンスを加えました。この歌を歌うと、きっとものすごく楽しくなる、と思いますよ。

横山裕美子さん

編曲:横山 裕美子さん

東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。合唱・音楽劇を中心に作曲活動をしている。小学生用の合唱曲は人気曲「シーラカンスをとりにいこう」をはじめとして、「マホウツカイの日々」「ポトリオフォルパック」など多数。Nコン課題曲は第77回小学校の部「いのちのいっちょうめ」を作曲。現在、東京藝術大学大学院音楽教育、東邦音楽大学等で非常勤講師。

横山 裕美子さんからのメッセージ

冒頭から印象的なラストまで、躍動感にあふれ、楽しいリズムと個性的な和声に彩られた、とても素敵な原曲です。
編曲するにあたって、原曲の世界観をそのままに、合唱とピアノのアンサンブルの面白さを、いっぱいに詰めこんでみました。
1番と2番とでは表情が違いますから、皆さんで相談しながら、いろいろと試してみて、表現を工夫すると良いでしょう。
皆さんの演奏をとても楽しみにしています。

編曲者 横山裕美子さんからのアドバイス

ALT
① 編曲への思い
ALT
② 和音を感じながら音程(おんてい)を取ろう
ALT
③ 1番と2番のちがい
ALT
④ この曲を歌うみなさんへ
ALT
⑤ 指揮者 大門康彦さんから質問!

楽譜・CDはこちら楽曲・CDはこちら

課題曲JukeBox

ページトップへ