Special コラム  十勝晴れ

【第11回】十勝の酪農家さん・農家さんの恋愛事情!

十勝からこんにちは!ライターTです。
写真の牛の額の模様、ハートに見えますでしょうか…?ということで、今回のテーマは、「恋愛」です!

天陽くんと菊介さんの協力を得て、ついにプロポーズを成功させた照男兄ちゃん。真面目で不器用な照男兄ちゃんが、はっきりとした口調で結婚を申し込む姿にキュンとしました。そして、それとは対照的に、静かに涙を流しながら、なつの肖像画を塗りつぶしていく天陽くんの姿が印象的な第10週でした。

十勝で生きていく2人の、それぞれの転機。今回は、照男兄ちゃんや天陽くんと同じように、十勝で酪農・農業を営む人たちに、恋愛そして結婚についてインタビューしてまいりました。

ドラマみたい…!

まず、お話を伺ったのは、「なつぞら」で酪農指導をされている廣瀬文彦さん・真由美さんご夫妻。酪農業のほか、乳製品の加工や酪農体験学習にも取り組んでいます。なかでも、酪農業は創業100年を迎えたとのこと。すごい!

しかし、そんな廣瀬さんも先代との関係に悩み、酪農業以外の選択肢を考えたことがあったそうです。そんな時、「酪農だけは辞めないほうがいいわ」とアドバイスしたのが、当時は恋人だった真由美さん。「文彦さんから、牛や仕事そのものに対する愚痴を一度も聞いたことがない」という真由美さんのことばを聞いて、文彦さんは自分の中にある酪農への情熱に改めて気づくことができました。それからは、先代も認めるほど精力的に働くようになったとか。

そして、お互いに結婚を決意したとき、大きな壁が立ちはだかりました。当時は、酪農に対する3K(きつい、汚い、危険)のイメージが強く、真由美さんのご両親は猛反対!文彦さんも過去に、酪農への思いや夢を理解してもらえず、交際相手と別れたことがあったそうです。

そこで真由美さんは、「職業や肩書ではなく、彼自身を見てちょうだい!」とご両親に訴え、ご実家で結婚を宣言したそうです。かっこいい!

今年で結婚41年目。さまざまな苦難を乗り越え、力を合わせて新たな挑戦を続けてきました。

文彦さん「いつも私を信じて、鼓舞してくれました。妻と出会えて、生まれてこられてよかったです」
真由美さん「いつの間にか、夫の夢が私の夢になっていました」

どんなときもお互いを尊敬し合い、助け合ってきたご夫妻の姿がすてきでした!

農家さんの恋愛事情“出会い”

ここからは、知り合いの農家さんたちにお話を伺いました!

地元出身者同士の出会いは、「知人の紹介」が多いそうです。照男兄ちゃんと砂良さんも、「知人の紹介」と言えなくもない・・・かな?地元出身者同士だけど、遠距離恋愛という方も!「十勝から離れていましたが、帰省した際に出席した結婚式で奥さんに一目ぼれ。電話やメールで“しつこく”アプローチしました。もともと実家の農場を継ぐために十勝に戻るつもりでしたが、奥さんのそばにいるため、予定よりも早く帰ってきました」

農家さんの恋愛事情“結婚”

「結婚」となると、立ちはだかるのが「親」の壁。廣瀬さんのお話や自分自身の友人のエピソードから、なんとなく親の反対があるものと思っていた私ですが、意外とそういうわけでもないようで、「とくに反対されませんでしたよ」という答えが続きました。十勝が豊かな土地であること、機械化が進んで、農作業が効率化されていることなどが理由のようです。

そんななか、おもしろいエピソードを話してくれたご夫婦がいました。奥さんのお名前は、ここではAさんとしましょう。Aさんのご出身は愛知県。Aさんのお母様は、娘が遠く離れた場所に嫁いでいくのを阻止するため、作戦を立てました。北海道の一番つらい時期を見せれば交際をやめるだろうと考え、真冬の十勝にAさんを送りだしたのです。

ところが、Aさんがそこで見たのは十勝川に集まる白鳥の美しい姿と、暖かい部屋でゆったりと優雅にくつろぐ旦那さん(当時は恋人)のご家族。(実際嫁いでみると、そこまで優雅ではなかったそうですが。笑)その光景を目の当たりにしたAさんは、お母様の思惑とは反対に、北海道での暮らしに対する期待が高まったそうです。めでたく結婚にいたりました。

ちなみに、畑作農家の場合は、農閑期の冬は時間に少し余裕があるそうです。海外旅行に出かけることもあるとか。

嫁入り道具に“猟銃”という、なかなか物騒な代物を頼んだ砂良さん。農家さんたちにも嫁入り道具について聞いてみました。一番共感したのは、“車”というご回答。広大な十勝で生活するには必須ですよね。

農家のお仕事についても聞いてみました。「大変なことは何ですか?」と尋ねると、朝早くて夜遅いこと、時期によっては休みがしばらくないこと、天気に左右されること、などが挙げられました。でも、好きな仕事だから平気ですというお答えも。

大変なこともたくさんある酪農家・農家さんのお仕事ですが、お話してくれたみなさん、とても幸せそうでした。
今回インタビューさせていただいた方々と同じように、照男兄ちゃんと砂良さんも、幸せな家庭を築いていってほしいと思いました。

みなさん、お幸せに!

BACK NUMBER コラム 十勝晴れ