ならメシ

自宅で簡単、プロの技! 県内の一流料理人達が、お手軽絶品メニューを伝授します。

新着レシピ
 
 「アスパラジ・エ・ウォーバ」(2018年5月11日放送)  
料理画像

シェフ

山嵜 正樹(やまざき まさき) さん

奈良市のイタリアン料理店オーナーシェフ
シェフ歴・・・11年
ポリシー・・・奈良産の野菜をできるだけ使う

今回教えてくれた シェフのお店情報
●店名 : リストランテ ボルゴ・コニシ
●住所 : 奈良市小西町24 フラッツ小西2F
●電話 : 0742-26-5581
料理のポイント
材料(2人分)
アスパラガス
6本
タマゴ
2コ
エクストラバージンオリーブ油
適量
【A】タマゴソースの材料
2g
粉チーズ
10g
エクストラバージンオリーブ油
5g
パセリ
1g
コショウ
2g
【B】蒸し焼き用の材料
少量
30ml
手順
  • (1)タマゴソースに入れるパセリをみじん切りにします。      
  • (2)冷蔵庫から取り出した冷たい卵に少しだけヒビを入れ、[中火]で7分間茹でます。
    こうすれば程よく半熟になり、殻にヒビを入れることで殻をむきやすくなります。
  • (3)(2)の半熟タマゴをフォークを使ってつぶします。
    そこに【A】を加えてよくまぜたら、タマゴソースの出来上がり。
  • 【新鮮なアスパラガスの見分け方】
    ・穂先がしまり紫色がかっている
    ・切り口がみずみずしい
    ・はかまが少なくきれいな三角形
  • (4)アスパラは根元を切り落としたあと、はかまを切り落とし、半分に切ります。
    ★根元を落とす場所は、包丁を少しずつ入れていき、スパッと切れたところです。
    切り落とした根元は、香りづけに使うのでとっておきます。
  • (5)フライパンに油をひき、火[中火]をつけ、(4)のアスパラを根元から先に入れ、続けて穂先も投入します。
  • (6)(5)に【B】を加えて、香りづけに切り落とした根元を入れ、ふたをして4分間蒸し焼きにします。
    ★根元と穂先を同じタイミングで炒めることで、わざとムラをつくり、アスパラの硬さの違いを楽しめます。      
  • (7)タマゴソースをのせ、仕上げにエクストラバージンオリーブ油をかければ出来上がり。
料理のポイント
料理のポイント画像

  • ★根元を落とす場所は、スパッと切れたところ。★
  • ★わざとムラを作り、硬さの違いを楽しむ★
▲ ページの先頭へ