#いまココ!
2020年12月25日(金)放送した内容#いまココ!
今ならでは!“おうちお正月”の楽しみ方 ~奈良市~
#いまココ!まもなくお正月。新型コロナで大変だった今年。いつもと違うお正月のしつらいを紹介します。 お正月飾りのひとつ、鏡餅。だけど、カビたり食べきれないという悩みを持つ方には、ガラスや陶器製の「新しい鏡餅」をおすすめ!その他、家にいながら全国の米どころの餅を味わって旅気分が味わえる食べ比べセットなど、「おうちで楽しむお正月」アイテムを全国の工芸品を扱う奈良創業の雑貨店から青木リポーターが中継でお伝えしました!
2020年12月10日(木)放送した内容#いまココ!#いまココ!
コマ大戦で目指せ世界一!~県立奈良朱雀高校~
#いまココ!日本のものづくりを支える中小企業や工業系の学校が知識と経験を詰め込んだコマを土俵の上で戦わせる「製造業コマ大戦」。相手をはじき出すか、長く回り続けたかで勝敗がきまります。国内外の技術者や企業チームが数多く参加する世界大会に奈良県立朱雀(すざく)高校機械研究部のメンバーが出場します。高校生とあなどるなかれ、前回大会では4位入賞に輝き、今年は世界一を目指しコマ作りに力を入れてきました。機械研究部が生み出した最強のコマとは!?柴原リポーターが部員たちの意気込みを中継でお伝えしました!
2020年11月26日(木)放送した内容#いまココ!#いまココ!
飲む芸術“アートスムージー”~五條市~
#いまココ!今、「アートスムージー」が注目を集めています。アートスムージーとは、複数のスムージーを重ねて層を作り、ドリンクの表面にフルーツを飾ったり、カラフルなソースでイラストを描いたりした飲み物です。アートスムージーを提供するのは、五條市の古民家カフェ。室町時代に三人の天皇が暮らしたという国の重要文化財を改装した建物で、「歴史のある場所で最先端のものを味わうというギャップ」を楽しんでほしいという思いが込められています。奈良県産の果物をふんだんに使って描く「アートスムージー」の魅力を前田リポーターがお伝えしました!
2020年11月12日(木)放送した内容#いまココ!
大人気!ほっくほくの秋の味覚~奈良市~
#いまココ!ことし、ならまちにオープンした一軒のお店がSNSでも注目を集めています。実は「焼き芋専門店」なんです。人気の理由は、スイーツ並みの糖度50度という甘さの焼き芋。厳格な管理で100日も熟成保存し、通常1時間で焼き上がるところをじっくり4時間焼くことで甘さを引き出しています。さらに、さつまいもを知り尽くしたスタッフ直伝のサツマイモ・レシピを紹介。青木リポーターが旬の味覚、サツマイモの魅力を中継でお伝えしました!
2020年10月29日(木)放送した内容#いまココ!
森川杜園の魅力再発見!!~奈良市~
#いまココ!幕末から明治にかけて活躍した、奈良市出身の奈良人形師・森川杜園(もりかわ・とえん)。明治天皇への献上や国際博覧会に作品が選ばれたほか、絵師や狂言師としても活躍した人物です。今年で生誕200年を迎えたことにちなんで開催されている展覧会では、作品の人気投票を開催。お気に入りの作品を探すことで、じっくり見比べ、記憶に残るきっかけになればという思いが込められています。柴原リポーターが学芸員の松村和歌子さんに見どころを伺いながら、奈良が誇る芸術家、森川杜園の魅力をたっぷりお伝えしました。
2020年10月15日(木)放送した内容#いまココ!
きのこの日 吉野のブナシメジ~吉野町~
#いまココ!10月15日は「きのこの日」。秋の味覚や鍋料理に欠かせないのがきのこですよね?県内最大規模を誇る吉野町のきのこ園では、収穫の最盛期を迎えています。栽培されてるブナシメジは、吉野杉のおがくずなどをブレンドした菌床を使用。水分を減らし、時間をかけて育てることで、シャキシャキとした食感と弾力のあるおいしいキノコができるそうです。さらに、農場では、きのこの収穫体験も行っていて、とれたてのきのこを味わうこともできます。農園イチオシのおいしい食べ方を紹介するなど、きのこがもっとおいしくなるポイントを前田リポーターがお伝えしました!
2020年9月17日(木)放送した内容#いまココ!
明かりで安らぐ 秋の夜長 ~大淀町~
#いまココ!大淀町にある、工芸家・坂本尚世(さかもと・ひさよ)さんの工房では、良質な吉野の木材の魅力を伝えようと、薄くスライスしたヒノキを使った照明器具を作っています。薄く削ったヒノキは光を当てると、夕日のような温かみのある明かりにかわります。さらに切り方や貼り合わせ方を工夫することで光の反射や陰影が生まれ、暖炉で燃える薪の炎すら表現できるといいます。地域の産業と伝統を新たなかたちで発信する坂本さんの工房から柴原リポーターが中継でお伝えしました。
2020年9月3日(木)放送した内容#いまココ!
台風シーズンを前に高めよう防災意識~奈良市~
#いまココ!

豪雨に地震、台風など、甚大な被害をもたらす自然災害を体感できる施設が奈良市にあります。「奈良市防災センター」では、最大震度7の揺れや、風速20メートルの強風と200ミリの大雨を体感できるほか、防災グッズや救命救急法などを学ぶことができます。さらに今年は、新型コロナウイルスの感染を防ぐために、身近な物で作れるスリッパやコップなども学べるようになっています。災害から身を守る最新のノウハウを前田リポーターが中継でお伝えしました。

2020年7月30日(木)放送した内容#いまココ!
三輪そうめんの新たな魅力を提案~桜井市~
#いまココ!

桜井市にある素麺の製造販売会社では、素麺の新たな魅力を提案しょうと、珍しいメニューを出す飲食スペースを設け注目を集めています。店の飲食スペースでは、クルミを使った担々麺風の素麺、バジルと海老の出汁を使った冷製パスタのような素麺などを味わうことができます。また、素麺の販売コーナーには、オリーブオイルを使って製造した特別な素麺から、梅や柚子、抹茶を練りこんだカラフルな素麺まで、13種類もの素麺が並んでいます。中継では、伝統を守りながら、三輪そうめんの新たな可能性を追求する企業のユニークな取り組みについて、柴原リポーターがお伝えしました。

2020年7月16日(木)放送した内容#いまココ!
かき氷ブーム 製氷会社が後押し~大和郡山~
#いまココ!

奈良でここ数年、ブームとなっている「かき氷」。今年は新型コロナウイルスの影響で、イベントが中止になったり、休業したりする店が出ています。そんな中、奈良市に本店、大和郡山市に営業所がある製氷会社も、これまでスポーツ施設でかき氷を販売していましたが、館内飲食禁止となり、今年の営業を断念せざるをえなくなりました。しかし、製氷会社がブームの火を絶やすことはできないと、営業所の屋外スペースでの臨時営業を決断しました。とっておきのかき氷はもちろん、コロナ禍ならではの工夫と製氷会社のアツい思いを、前田リポーターが中継でお伝えしました!

2020年7月2日(木)放送した内容#いまココ!
柿畑に誕生!絶景キャンプ場~五條市~
#いまココ!

五條市西吉野町に今月、テントの設営などをぜず優雅なキャンプを楽しむ「グランピング」施設がオープンします。場所は、山の山頂にある柿畑。目の前には金剛山、夜には満点の星が望める抜群の立地です。さらに、バーベキュー場では地元産の野菜やジビエが味わえたり、柿畑で農業体験も楽しめます。施設を開業したのは、柿農家の3代目・柳澤佳孝さん。10年前から農業のかたわら自宅横でカフェを開業し、柿の加工品の直売も手がけています。五條の魅力がぎゅっとつまった施設から青木リポーターがお伝えしました。

2020年6月19日(金)放送した内容#いまココ!
種も一緒にがぶり!スイカの新品種誕生~橿原市~
#いまココ!

橿原市の種苗メーカーが、種を気にせず食べられる、小玉すいかの新品種「ピノ・ガール」を開発し注目を集めています。ピノ・ガールは直径およそ17センチで1.6~2.2キロ。種が小さいすいかを16年かけておよそ40回交配させ、種の大きさを従来の小玉すいかの4分の1程度まで小さくしたものです。栽培方法も独特で、やま形にネットを張り、ツルが上へと伸びていく立体栽培を取り入れ、実を宙に浮かせて育てます。奈良をすいかの名産地にしたいと16年の歳月をかけて開発されたすいかの魅力をお伝えしました。

2020年4月9日(木)放送した内容#いまココ!
今こそはじめるテレワーク ~天理市~
#いまココ!

時間や場所にとらわれずに柔軟な働き方ができると注目されているテレワーク。 インターネット環境やテレビ会議システムなどが完備されたテレワーク施設が天理市にあります。 商店街の空き店舗を活用して市が4年前に開いた施設で、初めてテレワークを行う人でも安心して利用できるようサポートも充実しています。 テレワークを行う人が増えるなか、必要なツールの体験やちょっとしたコツなど、今話題のテレワークのあれこれを前田リポーターが中継でお伝えしました。

▲ ページの先頭へ