ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK奈良放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK奈良放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です

ならナビ総合テレビ(奈良県域) 午後6:30〜7:00

ならナビならナビ
ならナビコーナー紹介 動画一覧 放送予定 ならナビ写真募集 アナキャスブログ

見浪 哲史

  2020年7月13日(月)

 歴史息づく環濠集落 〜前編〜

14日(火)放送の「岡本教授の大和まだある記」。
51回目のテーマは、「環濠(かんごう)集落」です。
環濠集落とは、その字のとおり堀に囲まれた集落のことで、
奈良にはなんと300以上の環濠集落があるそうです。

前編では奈良の代表的な環濠集落として知られる「稗田(ひえだ)環濠集落」と、
稗田環濠集落からほど近い「若槻(わかつき)環濠集落」の2か所を訪れました。

実際に歩いてみると、土塀や蔵など昔の面影がいたるところに残っています。
また、まるで迷路のように細い路地が入り組んでいますが、この作りにはある重要な意味があるんだとか。

「歴史息づく環濠集落 〜前編〜」は、7月14日(火)放送です。
ぜひご覧ください。



見浪 哲史

  2020年4月22日(水)

 こんなときこそ!家で体を動かそう

こんにちは。
アナウンサーの見浪です。

自宅で過ごす時間が長くなり、運動不足気味という方も多いのではないでしょうか。
20日と21日の「こんなときこそ!」のコーナーでは、家でも簡単にできる体操を紹介しました。
講師は、奈良教育大学教授の笠次良爾(かさなみ りょうじ)さんです。
笠次さんの専門はスポーツ医学と保健体育で、整形外科医でもあります。
そんな笠次さんオリジナルの体操「ダイナミックストレッチ」を教えていただきました。

ダイナミックといっても、激しく体を動かすわけではありません。
じっとしていると硬くなりがちな股関節や肩によく効く体操で、現在52歳の笠次さんも毎回走る前に必ず行うそうです。
バランスが取りにくいときなどは、イスや机につかまりながら、あるいは座りながら行っても大丈夫です。

以下、笠次さんのコメントもご紹介します。

「健康を保つには規則正しい生活、『十分な睡眠』『3食バランスのとれた食事』『適度な運動』が必要です。
また、運動不足は生活習慣病の発生・悪化につながる恐れもあります。
今回ご紹介したダイナミックストレッチは、もともと小学校の体育の準備運動として導入を進めているものですが、運動不足の方にはちょうどいい運動になるかと思います。
数分でできて関節が動かしやすくなるので、手軽なウォーミングアップとしてもおすすめです。
自粛期間が明けたあとも、普段の運動前の準備体操としてご活用ください。
家の中でも工夫次第で運動は可能なので、無理せず楽しく体を動かしましょう!」

体を動かすと、身も心もすっきりします!
一連の動きをまとめた動画を「こんなときこそ!」のページにアップしていますので、
ご無理のないように、痛みのない範囲でやってみてください。



見浪 哲史

  2020年4月10日(金)

 御破裂山の伝承 〜前編〜

14日(火)放送の「岡本教授の大和まだある記」。
49回目のテーマは、「御破裂山(ごはれつやま)」にまつわる話です。
御破裂山は談山神社の北に位置する山。
「天下に異変があるとき、激しく鳴動(めいどう)する」という伝承があり、
平安時代から江戸時代初期にかけて幾度も鳴動したと伝わっています。

そして、御破裂山の鳴動を見張る「立聞きの芝(たちぎきのしば)」という場所が4か所定められていたとされ、
今回はその場所をたどりました。

「御破裂山の伝承 〜前編〜」は、4月14日(火)放送です。
ぜひご覧ください。


談山神社での1枚です



見浪 哲史

  2020年3月13日(金)

 ならまち探訪 〜後編〜

17日(火)放送の「岡本教授の大和まだある記」。
48回目となる今回は、前回に引き続き「ならまち探訪」です。
奈良の名所旧跡が詳細に記されている江戸時代のガイドブック「平城坊目考(へいじょうぼうもくこう)」を手に、
「ならまち」を巡りました。

今回も町名がテーマですが、難読町名の連続でした。
特にこちらの2つの町。

「勝南院町」「不審ヶ辻子町」

みなさんは読めるでしょうか?正解はぜひ放送でご確認ください。
町名の由来もまた、思わず「へ〜」とうなずく興味深いものでした。

「ならまち探訪 〜後編〜」は、3月17日(火)放送です。
ぜひご覧ください。



見浪 哲史

  2020年2月13日(木)

 ならまち探訪 〜前編〜

先日、奈良公園バスターミナルで行われた「大和まだある記&仏教よもやま話 スペシャルトークショー」。
ありそうでなかった初めてのコラボイベントでしたが、お越しになった皆さまは楽しんでいただけたでしょうか。
トークショーの模様は14日(金)夜7時30分より総合(奈良単)で放送予定ですので、
イベントに参加された方も参加いただけなかった方もぜひご覧ください。

さて、17日(月)放送の「岡本教授の大和まだある記」
47回目の今回は、「ならまち」です。
奈良の名所旧跡が詳細に記されている研究書「平城坊目考(へいじょうぼうもくこう)」を見ながら、
町名をテーマに知られざる「ならまち」を巡りました。

スタートはおなじみの猿沢池。

“澄まず濁らず”の猿沢池ですが、「きょうは澄んでるなあ」と岡本さん。

ここから、樽井町(たるいちょう)や南市町(みなみいちちょう)など前編では全部で4つの町を歩きましたが、
思わず「へ〜」と口にしてしまう町名の由来や、「こんなところに神社が!」という発見などなど。
岡本さんに「ならまち」をたっぷりとご案内いただきました。

「ならまち探訪 〜前編〜」は、2月17日(月)放送です。
こちらもぜひご覧ください。



読み上げブラウザ用メニューに戻ります