ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK奈良放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK奈良放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です

ならナビ総合テレビ(奈良県域) 午後6:30〜7:00

ならナビならナビ
ならナビコーナー紹介 動画一覧 放送予定 ならナビ写真募集 キャスターブログ

キャスターたちのつぶやき

キャスターたちのつぶやき

2019年11月20日(水)素敵な歌声と人柄

こんにちは、キャスターの源田です。
先日のまほろばラウンジではカウンターテナー歌手であり教師の峯本大地さんに
お話をお聞きし、さらに歌声まで披露していただきました。

ちょうど1年ほど前に峯本さんに出会い、初めて歌を聞かせていただきました。
見た目と声のギャップに驚いたのはもちろん、
「なんてスッと心に入ってくる歌い方をするんだろう」とグッとくるものがありました。
その時からずっと、いつか峯本さんのことをならナビでご紹介できないかな?と
考えてきたのですが、ようやく放送につなげられました。

峯本さんのコンサートを聞きに行ったこともあるのですが、
お客さんたちは「大地くんの声は人を元気にするの」「声に人柄が出てるの」と
熱心に峯本さんの魅力を話してくださいました。

そんな峯本さんの人柄が少しでもみなさんに伝わったらいいなと願いながら、
インタビューをさせていただきました。
歌のことを話す時はイキイキと、そして子どもたちのお話をするときは柔らかい表情で
語ってくださった峯本さん。
インタビューをさせてもらっている間、私はゲストを迎える立場なのに峯本さんが
ユーモアたっぷりに話してくださるおかげで逆に私が楽しませていただくことになってしまいました。
歌声と人柄が、見てくださった方にも届いていたらうれしいです。

2019年11月18日(月)Bリーグの舞台へ(続編)ブログver.

リポーターの青木です。
ことしブログを書くのは初ですね。(すみません、、、)

初と言えば!
10月にならコレ!でご紹介した
バンビシャス奈良の玉井健介選手が、
16日の福島との試合でコートに立ち、
プロ初ゴールを決めましたよーーーー\(^^)/

ラスト1分半くらいで試合に出た玉井選手(21番)

冷静にディフェンスを交わして得意の3Pシュートをうち、
スパッ!ときれいに決めました!!

もうー!その瞬間、会場は「わぁぁああーーーーー」と大盛り上がり。
コーチも

先輩たちも、この笑顔。

会場が1つとなって玉井選手の初得点を喜びました。

このシュートでバンビシャスは100点となり、大勝利。

玉井選手コメント
「打った瞬間入ったと思いました。
素直にうれしかったです。」

また、初得点を決められるようにと先輩たちの後押しもあったみたいで、
チームは本当に仲がいいんですね。

私事ですが、玉井選手がご活躍されたときには
絶対にブログでお知らせするんだと思っていたので
今、すごくうれしいです。(笑)
これからも応援してます。

バンビシャスは3連勝中!
この調子で頑張れバンビシャスー!(^^)!

2019年11月18日(月)ゆるキャラ大集合!

前回のイベントナビでは、ゆるキャラたちがスタジオに遊びに来てくれました(*^_^*)

左から、斑鳩町のパゴちゃん、王寺町の雪丸、三郷町のたつたひめです!
今月23日、24日に、3つの町を会場に行われるウォーキングイベントのPRに駆けつけてくれました。
イベントナビで3体が集合するのは珍しいので、記念に一枚撮ってもらいました(^o^)
みんなとってもかわいかったです!

2019年11月18日(月)朝ドラ『スカーレット』の前も、チャンネルはNHKで

およそ半月におよぶ東京出張を終え、奈良に戻りました。

「あさイチ」にリポーターとして出演し、お寺の門前にある「掲示板」の話題や、スギ花粉症の治療法「舌下免疫療法」などについてお伝えしました。

ふだんとは異なる環境に緊張もしましたが、スタジオでは、博多華丸・大吉さんをはじめとした出演者の皆さんに囲まれ、楽しみながら仕事ができました!

さて、奈良には戻ってきたのですが、「ならナビ」に戻るのはもう少し先。

あす19日(火)の「おはよう日本」「おはよう関西」で放送する予定の中継の準備をするためです。

奈良市の円成寺から、見頃を迎えた紅葉についてお伝えします。

ぜひご覧ください!

2019年11月15日(金)天気の世界の十・五・三(とお・ご・さん)

11/15は七五三。子どもの健やかな成長を祝う行事です。

ところで、天気の世界には、七五三ならぬ、「十・五・三の法則」というものがあります。それは、晴れ、くもり、雨の日それぞれの、一般的な気温変化を表したものです。
つまり、晴れの日は一般的に朝から10度ぐらい気温が上がるの対し、くもりの日は5度前後にとどまり、雨の日は3度ほどしか上がらない、というのが十・五・三の法則です (※1) 。


ただ、実際には、季節や地理的な条件、湿度などによって気温の上がり方は変わってきます。
奈良県のように内陸の場合は海の影響を受けにくいので、気温変化はこの法則より大きくなる傾向にあります (※2) 。
特に、春や秋に晴れると、気温変化は20度ぐらいになることもあるので、体調管理により一層の注意が必要です。

※1.この法則に当てはまらないケースもあります。
例えば、寒気や暖気の流れ込みが強い場合です。天気に関係なく、気温が下がり続けたり、上がり続けたりすることがあります。

※2.水(海水)は空気よりも熱しにくく冷めにくいので、沿岸部では、この温度変化の小さい海風や海水温の影響を受けて気温変化が小さく、内陸部では気温変化が大きくなります。

2019年11月12日(火)大和古物 その1

岡本教授の大和まだある記、今回は見浪アナに代わって、秋鹿が担当します。
奈良の骨とう、「大和古物(やまとこぶつ)」を、岡本さんのコレクションから見せていただきます。
千数百年の歴史がある奈良ですから、その骨とうも桁外れに古いものや、珍しいお宝があるわけです。

今回は、百万塔。
奈良時代に百万基作られた卓上サイズの木製の塔が、今に残っているそうです。
いくつ残っているか。4万5000基。
一部分だけ、も含めれば、7万基。
幾たびもの災難をくぐりぬけ、この数は「奇跡」と言っていいのではないでしょうか。

あ、そうだ、あらかじめお断りしておきますが、今回登場する百万塔は、貴重な本物もありますが、多くは「レプリカ」です。
「なーんだ、レプリカか」と、言うなかれ。
奈良時代の職人の技を、今の職人が全身全霊かけて再現した作品です。
次の時代の職人は、それを手本に技を受け継いでいく。
岡本教授の解説で、時代を超えた壮大な技術のリレーを見せられた思いでした。

※先日、ブログで別の内容を予告しておりましたが、内容を変更してお送りします。鈴石はまた後日。ご了承ください。

2019年11月8日(金)秋の空気を満喫

こんにちは、キャスターの源田です。
朝晩はひんやり、日中はぽかぽか。そんな陽気が続いていますね。
体調管理や服装選びには少し困りますが、この気温差は紅葉が色づくには
ちょうど良いとのこと。県内でも見頃の地域が増えてきているかと思います。

そんななか、来週のおでかけナビでは斑鳩町を散策します。
紅葉で有名な竜田川沿いも歩きます。ぜひお楽しみに!

そして、こないだの3連休はプライベートで箱根の方へ行ってきました。

芦ノ湖のそばで撮った写真ですが、しっかりと富士山が写りました!!
秋の空気は澄んでいて、歩いているだけで心が洗われたような気がしました。

2019年11月8日(金)朝ドラ「スカーレット」の後、チャンネルはそのままで

複数の出張が同時期に重なり、「ならナビ」を長期間お休みしている大川です。

現在、東京生活10日目。

スーツケースに詰め込めるだけ服を詰め込んできましたが、さすがに限度があり、すでに3回洗濯しました。

ただ、10日間で一度も着ていない服もあるので、荷造りの戦略ミスのようです。

さて、大川は東京で何をしているのか、そろそろ番組出演のお知らせです。

11月11日(月)・13日(水)・14日(木)の3日間、朝の情報番組「あさイチ」に、助っ人リポーターとして出演する予定です。

いまは、東京のスタッフとともに、放送に向けた準備を進めています。

台風19号の被災地域からの中継や、お寺の入り口でよく見かける「掲示板」の魅力などをお伝えする予定です。

ぜひご覧ください!

2019年11月8日(金)風速と体感温度

11月4日、近畿地方で木枯らし1号が吹いたと、大阪管区気象台より発表されました。風の強さが気になる季節です。


風速と体感温度には、一般に次のような関係があると言われています。

「風速が1m増すと、体感温度が約1度下がる」

例えば、11月上旬から中旬の奈良市の平年の最高気温は17度前後ですが、この気温のなか風速5m前後の風が吹くと、体感温度は17引く5で12度ぐらいになるというわけです。

これは、自転車やバイクに乗っているときに受ける風も同じです。

このところ、通勤通学の時間帯の気温は5度から10度ぐらいのことが多いので、ここでは気温を8度とします。

平均的な自転車の速さだと、風速4mほどの風を受けて、体感温度は4度ぐらいに。

時速30キロのミニバイクだと、風速8mほどの風を受けて、体感温度は0度ぐらいになります。

自転車やバイクに乗るかたには、防寒対策が必要な季節になってきました。

さらに、この11月は、たびたび冬型の気圧配置になり、冷たい北風が吹く見込みです。

自転車やバイクに乗るかたはもちろんのこと、そうではないかたも、風を通しにくい服装やマフラーなどの出番が増えそうです。

2019年11月1日(金)ダリアのじゅうたん

先日、宇陀市にある松山地区に立ち寄ったら・・・

路地にダリアの花がしきつめられていました。

切り花なのに、このみずみずしさ。表面についた雨粒もきれいです。
ダリア球根の産地・宇陀市で毎年行われているイベントで、使われているダリアは全部でおよそ1万2千。
生花を使っているため2日間限定のアートということで、偶然見られたのはとてもラッキーでした(*^_^*)

2019年11月1日(金)放射霧(ほうしゃぎり)

これからの時季、冷え込む朝は霧が発生しやすくなります。
霧には、発生要因によっていくつか種類があります。

冷え込む朝によく見られる霧は「放射霧」です。

夜は放射冷却によって地面付近から冷えていきます。

すると、空気中の水蒸気も冷やされ、これが霧になります。

空気中に水蒸気が多く含まれるときは、霧が発生しやすい条件の一つ。

雨の翌朝に霧がよく見られるのは、このためです。

ほかに、風が弱いことや、冷え込みが強いことも、霧が発生しやすい気象条件になります。

霧に包まれた古都もまた美しいものですが、濃い霧による交通などへの影響には注意が必要です。

2019年10月30日(水)「俺ら東京さ行ぐだ」

10月29日の「ならナビ」のエンディングでもお話ししましたが、複数の出張が同時期に重なった関係で、わたし大川は、11月下旬まで3週間ほど、「ならナビ」をお休みします。
私が不在の間は、おもに見浪アナウンサーがキャスターを務めます。

私の不在時はたびたびキャスターを担当してくれている見浪アナですが、これほど長期間代わりをお願いするのは初めてのこと。
そこで、「見浪くん!キャスターへの意気込みをひと言!」と声をかけると、

「大川大先輩の代行はプレッシャーが大きいですが、精いっぱい丁寧にお伝えできるよう頑張ります」

私やまわりのスタッフたちが、「戻ってくるころには大川さんの場所無いですよ、くらい言え!」と、はやしたてるなか、なんとも謙虚でまじめな後輩です。
そして、「行ってきます!よろしく頼むぞ」、「行ってらっしゃい!お任せください」の2ショット写真。
テレビに出る仕事のわりに「写真は苦手」という見浪アナが、恥ずかしがりながら映ってくれました(笑)

さて、番組を不在にするのは、あくまでもほかの仕事の都合なので、病気でもなければ、バカンスでもありません。
この3週間、東京のスタジオで朝の情報番組「あさイチ」に出演したり、奈良の紅葉を伝える早朝の中継を担当したりする予定で、いつもとは違う形で皆さんにお目にかかることと思います。
詳細は、あらためて、このブログでお知らせできればと思っています。

「ならナビ」には、11月20日(水)に戻ってくる予定です。
浦島太郎状態にならないよう、ならナビキャスターの感覚も頭の片隅には忘れずに、いつもと違う環境のお仕事、精いっぱいがんばってきます!

2019年10月25日(金)二十四節気はなぜ実際の季節感と違う?

二十四節気の「霜降(そうこう)」は、秋の最後の暦です。ことしは10月24日でした。次は11月8日の「立冬」。
暦の上では11月上旬には冬が始まります。一方、気象の上では、秋は9月から11月、冬は12月から2月です。

どうして、このようなズレがあるのでしょうか。

それは、二十四節気がもともと中国の黄河流域で作られた暦であり、黄河流域と日本とで季節の進み方に違いがあるからです。
このため、例年、秋から冬にかけては、西日本や東日本付近では二十四節気より1か月ぐらい遅れて季節が移ろうのです。

なお、「霜降」とは、朝晩の冷え込みが強まって霜が降りるようになるころ、という意味です。
奈良市の初霜の平年日は11月12日。また、奈良市の平年の最低気温が、霜が降りやすい3度から4度以下になってくるのは、11月下旬から12月上旬ごろです。

2019年10月25日(金)秋っていいですね。

こんにちは、キャスターの源田です。
最近ぐっと冷えてきましたね。風邪などはひかれてないでしょうか?

最近のおでかけナビでは、私は食欲の秋を満喫してきましたが
来週は秋の“景色”を楽しんでくる予定です。

場所は天川村のみたらい渓谷です。
今週、少し様子を見てきたのですが紅葉はまさに始まったばかり。
来週ロケに行った時にどれだけ色づいているのかわくわくします。
そして、村の自慢といえばやっぱり水!!
きれいという一言では言い表せられない美しさでした。
どこまでも透き通っていて、エメラルドグリーンで、流れる音も澄んでいて。
すてきな場所でした。
来週のおでかけナビ、ぜひ見てください♪

2019年10月24日(木)「RUN伴」

「まほろばラウンジ」、10月のゲストは、県内各地で行われている認知症サポートの啓発イベント「RUN伴(らんとも)」実行委員長、山下和也さんでした。

ポスターのすぐ右に映るのが山下さん。実行委員の2人とともに

「RUN伴」は、その名前のとおり、ランニングのイベントです。
「認知症になっても安心して暮らせるまちへ」というスローガンのもと、認知症の当事者や家族、支援者らがタスキをつないで走り、交流を深めるとともに、広くサポートを呼びかけます。
協力してゴールを目指すことで、支え合える仲間がいることを実感し、イベントという「非日常」の体験を、「日常」のサポートにつなげることを目指しています。

県内ではもっとも参加者の多い、奈良市と生駒市を走るルートでの「RUN伴」は、10月27日(日)に行われます。
オレンジのTシャツを着たランナーを見かけたら、皆さんで応援しましょう!

2019年10月18日(金)「跡」シリーズ

先日、よもやま話のロケに行ってきました。

駅のホームで撮影する私たちを見守っているのは、たぬきの焼き物です。
先日、朝ドラ「スカーレット」の舞台・滋賀県にある焼き物の里・信楽におじゃましてきました。

撮影中、スカーレット仕様にラッピングされた電車が通っていきました!

さて、前回の恭仁京跡に続き、聖武天皇が都を移した足跡をたどり、今回は紫香楽宮跡へ。
「跡」なので、現在は礎石のほかは何も残っていません。
またまた今回も・・・

かつてここにあった“何か”に思いをはせ、全身でその大きさを感じてきました! 放送は、来月5日(火)の予定です。ぜひご覧下さい。

おまけ

ならナビのスタジオにチコちゃんが・・・?!
こちらは、高取町のかかし祭りのために作られたチコちゃんのかかしです。先日、イベントナビに出演してくれました。「ぼーっと生きてんじゃねーよ!」と聞こえてきそうなほど、そっくりでした(^o^)

2019年10月18日(金)晴れの夜はなぜ冷える?

朝晩の冷え込みが気になる季節になりました。天気予報でよく「こんやは穏やかに晴れるので、放射冷却が強まって冷え込みます。」とお伝えすることがあります。なぜ、晴れの夜は冷え込むのでしょうか。

図は、左側が晴れの夜、右側が雲に覆われた夜を表しています。
夜は太陽からの熱が届かなくなり、地表付近の熱が上空へと逃げていきます。これが「放射冷却」です。

晴れの夜は、熱の行く手をさえぎるものがなく、宇宙空間へとどんどん逃げます。
一方、雲に覆われた夜は、雲が掛布団のような役割をして、熱が逃げていくのをある程度抑えます。つまり、晴れの夜は放射冷却が強く、熱の逃げ道だらけなので、より冷えるというわけです。

秋は北から、山から、そして朝晩から深まってきます。
晴れの夜、特に風が弱い穏やかな日は、朝晩の冷え込みで風邪をひかないよう気をつけてください。

2019年10月11日(金)全国の祭りが橿原に集結!

秋祭りの季節になりましたね!
先月末に橿原市で行われたのは、全国の祭りや伝統芸能が一同に会するイベント「日本の祭り」です。

舞台では、40近くの団体が国内外のさまざまな祭りを上演しました。
写真は、島根県の石見神楽です。
全長17メートルもあるおろちがステージの上で一斉に動き回る様子は、迫力満点!
拍手や歓声が沸き上がっていました。

私は、奈良県住みます芸人の十手リンジンのお二人と一緒に、その舞台裏におじゃまし、祭りに参加する皆さんに意気込みを伺いました(^o^)

お二人は橿原観光大使、私も橿原市出身という、橿原にゆかりの深い3人です!
もちろん、奈良県のお祭りについてもたっぷりお話しを伺ってきましたよ(*^_^*)

地域を元気にし、世代を超えた交流を生むお祭り。その魅力に迫ります!
放送は、BSプレミアムで11月5日(火)午後4時からの予定です。ぜひご覧下さい。

2019年10月4日(金)低気圧のコースと雨の傾向

雨は私たちにとって必要なものですが、雨の予報のとき、どんな降り方になるのか気になるものです。その雨の降り方を低気圧のコースで、ある程度、予想することができます。

低気圧が「日本海を通る場合」と「太平洋を通る場合」の2つのコースを例に、奈良県内での雨の傾向を見てみましょう。

まず、前提として、次の2つを挙げておきます。1つめは、低気圧の周りでは、中心に向かって反時計回りに風が吹き込んでくること。そして、2つめは、日本付近では北側よりも南側のほうに、より湿った空気が分布していることが多いということです。

図の左側のように「日本海を通る場合」、低気圧の周りの風向きによって、奈良県内には、南から雨のもとになる水蒸気をたっぷり含んだ空気が流れ込んできます。このため雲が発達して、雨が強まったり、雨量が多くなったりする傾向にあります。

一方、図の右側のように「太平洋を通る場合」は、水蒸気の流れ込みは「日本海を通る場合」ほどではないことが多くなります。このため、どちらかというと、弱い雨や少ない雨になりやすいのです。

例外もありますが、雨の予報のとき、ぜひ天気図を見て降り方をイメージしてみてください。

2019年10月3日(木)私の癒やし!!

こんにちは、キャスターの源田です。
10月に入ってもまだ汗ばむ日が続いていますね。みなさん、体調は大丈夫でしょうか?

さて、先週のおでかけナビでは、桜井市の一面に広がる秋をご紹介しました。
安倍文殊院のコスモスも、笠地区のそばの花も本当にきれいでした。

そして今、我が家の玄関にも花がたくさん並んでいます。

(友人の結婚式でいただいたものなどですが・・・)
やっぱり家に花があると、それだけで癒やされるんですよね。
実は私、華道の師範免許を持ってるんですよ。
実家を離れてからはちゃんとした花瓶や剣山などはありませんが、こうやって思うままにちょこっと飾ったりするだけ少し心に余裕ができたような気がして幸せな気持ちになります。
おでかけナビでも、またきれいな花を見に行く企画をしたいなぁなんて思っています。

2019年9月27日(金)飛行機雲と天気

青空にのびる飛行機雲は、日によってすぐに消えてしまう時と、なかなか消えずに空に残り続ける時があるのですが、この違いから、少し先の天気を大まかに予想することができます。

飛行機雲がすぐに消える時は晴天が続き、消えない時は天気が下り坂に向かう。といった具合です。

飛行機雲がすぐに消える時は、上空の空気が乾燥していて雲ができにくいため、晴天が続くことが多いです。
一方、なかなか消えない時は上空の空気が湿っており、雲が発生しやすくなっています。
次第にほかの雲が広がり、やがて天気の崩れにつながります。

必ずこの通りに天気が移り変わるわけではありませんが、天気を知る手掛かりになります。
次に飛行機雲を見つけた時は、その後の雲の様子を観察してみてください。

さて、昨年春から奈良県の皆さんにお天気をお伝えしてまいりましたが、この度その役割を終えることになりました。
決して長い期間ではありませんでしたが、日々の天気予報を通して、皆さんの生活の中に訪れる気象や季節の変化に気づいてもらう、また、興味を持ってもらうきっかけを少しだけでも提供できていたとしたら、幸いです。ありがとうございました。

2019年9月27日(金)想像して下さい♪

先日、西山教授の仏教よもやま話のロケに行ってきました。
奈良を飛び出して、京都府の木津川市へ。今回は聖武天皇が描いた夢の足跡をたどりました。

こちらは、ロケでの一コマです。お寺の跡で、今は無い「何か」を想像しています!笑
一体何をしているんだ?!と思われるかもしれませんが、放送を見ていただくと、皆さんにも「何か」が見えてきます!
10月8日(火)放送予定です。お楽しみに!

● ならナビトップページへ戻る
読み上げブラウザ用メニューに戻ります