2021年7月21日(水)放送

夏にオススメ!酢のチカラ

暑い夏にオススメなのが、お酢を使ったさっぱり料理。
「食欲増進」「疲労回復」「カルシウムの吸収促進」など、その理由と簡単レシピを管理栄養士に聞く。


出演:鈴木あすなさん(管理栄養士・料理研究家)

梅酢ドレッシングのズッキーニサラダ

材料

<材料(2人分)>

ズッキーニ・・・1本


【梅酢ドレッシング】

梅干し(しそ味)・・・2粒

米酢・・・大さじ1

油・・・大さじ1

砂糖・・・ひとつまみ

作り方
  1. 梅干しは種をとり包丁で叩いてペーストにします。ドレッシングの材料を全て混ぜ合わせ乳化させます。
  2. ズッキーニを薄切りにして 1.をかけます。
<ポイント>

・きゅうりやかぶやさっとゆでたれんこんでもおいしい!旬の野菜で。

・酢と梅干しの効果で食欲がない時でもさっぱり食べられます。

・ドレッシングはほかにもゆでたささみにあえたり、長芋にあえたりしても。

酢から揚げ

材料

<材料(2人分)>

鶏胸肉・・・300g


【A】

塩・・・小さじ1/2

米酢・・・大さじ1


かたくり粉・・・大さじ3

揚げ油・・・適量

酢、こしょう、梅肉・・・お好み

作り方
  1. 鶏胸肉は繊維を断つように一口大のそぎ切りにして、ポリ袋に入れて【A】とかたくり粉大さじ1を加え、2〜3分もみ込んで5分ほど置きます。
  2.  1.の表面にかたくり粉をまぶし、170度でカリッと揚げます。
  3. お好みで酢こしょう、梅肉をつけていただきます。
<ポイント>

・酢を入れることで、少ない塩分でも満足感があり減塩効果があります。

・酢の防腐効果でお弁当にもおすすめです。

・酢を鶏肉の下味に入れることで臭み消しになります。

・酢こしょうで食べるとレモンを絞ったような爽やかさがあります。

あさりのみそ汁

材料

<材料(2人分)>

【A】

あさり・・・200g

水・・・400ml

米酢・・・大さじ1


みそ・・・大さじ2

細ねぎ・・・お好み

作り方
  1. あさりは砂抜きして殻をこすり合わせるように洗います。
  2. 鍋に【A】を入れて火にかけます。
  3. あさりの口が開いたら2分ほど煮て火を止めてみそを入れます。お好みで細ねぎの小口切りをのせます。
<ポイント>

・酢を入れることであさりの殻のカルシウムが溶け出るのでカルシウムの吸収率が高まります。

“酢フル”バナナスムージー

材料

<材料(2杯分)>

バナナ・・・1本(約100g)

米酢・・・大さじ1

牛乳・・・300ml

作り方
  1. バナナは輪切りにして酢をあえて冷凍します。
  2. ミキサーに 1.と牛乳を入れてかくはんします。
<ポイント>

・ドリンクに入れることで手軽に酢を摂取できます。

・お酢を入れることで牛乳のカルシウムを摂取できます。

ページを閉じる