2020年7月10日(金)放送

ちょっと豪華な、週末とうもろこしレシピ 

旬のとうもろこしを使った週末にぴったり、ちょっと豪華なレシピを紹介。
「とうもろこしとうなぎの混ぜごはん」はシンプルだけど満足感の高い一品。
おいしく作る裏ワザも。


出演:篠田真理さん(料理研究家)

とうもろこしとうなぎの混ぜごはん

材料

<材料(2人分)>

とうもろこし・・・1本

うなぎのかば焼き(市販品)・・・1パック

米・・・2合

塩・・・小さじ1/2

うなぎのかば焼きのたれ・・・適量

細ねぎ、刻みのり、わさび・・・各適量


●とうもろこしは皮をむき、長さを半分に切り包丁で実を取ります。

作り方
  1. 炊飯器に洗った米、2合の目盛りの水、塩、とうもろこしの実と芯をのせて炊きます。
  2. うなぎのかば焼きを3センチ幅に切り、ラップに包み炊き上がったごはんの上にのせて炊飯器で10分ほど温めます。
  3. ラップと芯をとり、うなぎのかば焼きのたれを加えさっくりと混ぜます。好みで薬味を使います。

焼きとうもろこしとかいわれ菜の塩昆布あえ

材料

<材料(2人分)>

とうもろこし・・・1本

オリーブ油・・・小さじ1

しょうゆ・・・小さじ1

かいわれ菜・・・1パック

塩昆布・・・5g

エクストラバージンオリーブ油・・・大さじ1

黒こしょう・・・少々


●とうもろこしは皮付きのままラップに包み、電子レンジ(600W)で6分加熱します。ラップに包んだまま冷まして長さを半分に切ります。

作り方
  1. フライパンにオリーブ油を入れて とうもろこしを転がしながら、色よく焼きます。火を止め、しょうゆを鍋肌に加えたら、とうもろこしにからめます。
  2. 冷めてから包丁で実を取ります。
  3. ボウルに 2.のとうもろこしの実、食べやすい長さに切ったかいわれ菜、塩昆布、エクストラバージンオリーブ油、黒こしょうを入れしっかり混ぜ合わせます。

とうもろこしのパンナコッタ

材料

<材料 ココット(70ml・5コ分)>

とうもろこし・・・1本

生クリーム・・・100ml

牛乳・・・100ml

板ゼラチン・・・5g

塩・・・2つまみ


【飾り】

とうもろこし・・・適量

イタリアンパセリもしくはセルフィーユ(あれば)・・・4枝


●とうもろこしは皮付きのままラップに包み、電子レンジ(600W)で6分加熱します。ラップに包んだまま冷まして長さを半分に切ります。包丁で実を取り150g計り、残りは飾り用にします。

作り方
  1. とうもろこしと牛乳をミキサーにかけてなめらかにします。
  2. 鍋に入れ、生クリーム、塩2つまみを加えて火にかけて、軽く沸騰したら、火を止め 冷水で戻した板ゼラチンを加えてしっかり溶かします。
  3. ボウルに入れ、氷水を入れたボウルに当て、かき混ぜながら粗熱を取ります。
  4. とろみがついたらココット型などに流し入れて、冷蔵庫で3時間ほど冷やし固めます。
  5. とうもろこしとハーブを飾ります。
ページを閉じる