2019年7月22日(月)放送

パプリカで本格絶品レシピ

パプリカの存在感が際立つレシピを紹介する。
ジューシーで肉厚な食感が楽しめる「焼きパプリカのマリネ」。
鶏もも肉とパプリカを煮込んだバスク地方の郷土料理を紹介する。


出演:仲野智博さん(シェフ)

鶏ももとパプリカのソテー バスク風

材料

<材料(2人分)>

鶏もも肉・・・1枚

にんにく・・・1かけ

たまねぎ・・・1/2コ

赤パプリカ・・・1/2コ

黄パプリカ・・・1/2コ

トマト・・・1コ

トマトペースト・・・10g

タイム・・・1本

生ハム・・・20g ※無ければベーコンでも可

チキンスープ・・・100ml
※チキンスープのもと(洋風)を表示どおりの分量で溶いたもの

イタリアンパセリ・・・適量

オリーブ油・・・適量

塩・こしょう・・・適量

作り方
  1. 赤パプリカ、黄パプリカはヘタとタネを取って縦にせん切り(1cm幅)、トマトは角切り(2cm角)、たまねぎは薄切り、鶏もも肉はスジを取って、八等分に切り、塩をふります。生ハム(もしくはベーコン)は棒状に切ります。
  2. フライパンにオリーブ油を入れ、つぶしたにんにくを熱し、鶏もも肉の皮目から中火でこんがりと焼き色が付くまで焼きます。
  3. 鶏の皮目が焼けたらひっくり返して、軽く焼き色が付くまで焼き、
    いったん取り出します。(油が多い場合は少し捨てます)
    同じフライパンに生ハム(もしくはベーコン)を入れ、中火で香りが出るまで炒めます。
  4. たまねぎ、パプリカを加えてしんなりするまで炒めて、トマトペーストとトマトを加えます。
  5. 鶏を戻し、チキンスープとタイムを加え煮ます。
  6. 鶏肉に火がとおったらオリーブ油を加え、スープを乳化させます。
  7. お皿に盛り、オリーブ油を回しかけて、こしょう、みじん切りしたイタリアンパセリをかけて完成です。

焼きパプリカのマリネ

材料

<材料(2人分)>

赤パプリカ・・・1コ

黄(オレンジ)パプリカ・・・1コ

にんにく・・・1かけ

ケイパー・・・10粒

オリーブ油・・・100ml

塩・・・適量

イタリアンパセリ・・・適量

作り方
  1. パプリカを焼き網に乗せ、直火で表面を真っ黒になるまで焼き、氷水に落として焦げた皮をむきます。
  2. へたと種を取って、縦に2cm幅に切ります。
  3. ボウルにパプリカを入れて塩をし、つぶしたにんにく、ケイパー、オリーブ油を混ぜ合わせます。
  4. 空気が入らないようにラップをし、冷蔵庫で1~2時間置いて味をなじませます。(すぐに食べればパプリカの香ばしい香りが楽しめます。)
  5. お皿に盛って、4.の漬け込んだマリネ液、みじん切りしたイタリアンパセリをかけて完成です。

ロメスコソース

・肉、魚、野菜、どれにも使える万能ソースです。

材料

<材料(作りやすい分量)>

にんにく・・・6かけ

赤パプリカ・・・1コ

スライスアーモンド(いったもの)・・・40g

トマト缶のトマト・・・2コ

塩・・・小さじ1

オリーブ油・・・80ml

白ワインビネガー(もしくはシェリービネガー)・・・8g

スモークパプリカパウダー・・・3g ※無ければパプリカパウダーでも可

作り方
  1. にんにくはラップをして2分電子レンジにかけます。
  2. 赤パプリカを焼き網に乗せ、直火で表面を真っ黒になるまで焼き、氷水に落として焦げた皮をむいたあと、へたと種を取ります。
  3. すべての材料をミキサーにかけて完成です。
ページを閉じる