2019年7月16日(火)放送

夏の食材でひんやりイタリアン

旬の食材を使った夏にぴったりのイタリアンを紹介する。
桃とトマトと粒マスタードのソースが絶妙の「桃の冷製カッペリーニ」と、なすのマリネをのせたブルスケッタの2品。


出演:中辻健太さん(料理研究家)

なすとバジルのブルスケッタ

材料

<材料(2人分)>

なす・・・2本

小麦粉・・・適量

塩・・・適量

ワインビネガー・・・大さじ3

ケイパー・・・小さじ2(みじん切り)

砂糖・・・小さじ2

オリーブ油・・・適量


バジル・・・適量

カッテージチーズ・・・大さじ3

牛乳・・・小さじ1

パン・・・適量(カンパーニュやバゲットなど)

作り方
  1. なすのヘタを取り、縦に1cm厚の薄切りにし小麦粉をまぶします。
  2. フライパンにオリーブ油を熱し、なすを両面焦げ目がつくまで焼きます。
    片面が焼けたら裏返し焼けた方に塩をふり、さらに片面焼きます。
  3. バットやボウルにワインビネガー、ケイパー、砂糖を入れ混ぜます。
  4. 焼いたなすを 3.につけ、粗熱を取り、冷蔵庫で冷やし保存します。
  5. カッテージチーズと牛乳をしっかり混ぜます。
  6. 薄切りにしたパンをトーストし、チーズをぬり、なすのマリネ、バジルをのせます。

桃の冷製カッペリーニ

材料

<材料(2人分)>

桃(熟したもの)・・・大1個(約300g)

ミニトマト・・・8個(4等分に切る)

粒マスタード・・・小さじ1/2

オリーブ油・・・大さじ2

塩・・・小さじ1/4

カッペリーニ・・・100g

チャービル・・・適量

作り方
  1. 桃は熱湯にさっとくぐらせ氷水にとり皮をむきます。
  2. 桃を適当な大きさに切りボウルにいれ、オリーブ油(分量外)を入れます。木べらやフォークで潰しソースにします。
  3. ボウルにミニトマト、粒マスタード、塩、オリーブ油を入れよく混ぜ、冷やしておきます。
  4. 鍋にお湯を沸かし、1Lに対して大さじ1の塩を入れカッペリーニを2分半ゆでます。
    (表示時間より30秒ほど長めにゆでます)
  5.  4.を氷水にとり冷やし、水けをしっかり切ります。
  6. ソースとパスタとあえ、チャービルを添えます。
ページを閉じる