2019年3月19日(火)放送

旬×ゴハン

そら豆たっぷりイタリアン
(録画)

6月ごろまでが旬のそら豆を使ったイタリアン
「レモンポークと焼きそら豆」「そら豆と桜えびのフリッタータ」。
おいしいそら豆の見分け方や失敗しない下準備のしかたも。


出演:中辻健太さん(料理研究家)

レモンポークと焼きそら豆

材料

<材料(2人分)>

豚ロース肉・・・2枚

そら豆・・・8さや

レモン・・・1/2個

タイム・・・2枝


塩・・・豚肉の重量の1%

こしょう・・・適量

オリーブ油・・・大さじ2

作り方
  1. 豚肉に塩、こしょう、レモンの皮をすりおろして、よくもみ込みます。
  2. レモンを4等分の輪切りし、タイム、オリーブ油を入れてさらにあえ、密閉容器などに入れ冷蔵庫で3時間以上マリネします。
  3. フライパンにそら豆、水(大さじ3)を入れてふたをして、中火強の火加減で2分蒸し炒めにしてとり出します。粗熱が取れたら皮から取り出します。
  4. フライパンを熱し、豚肉、そら豆を入れ中火で焼きます。一緒にレモン、タイムも入れます。
  5. 豚肉に8割ほど火が通ったら、レモン、タイムと共に取り出し、ホイルで包み3分保温します。
  6. そら豆に塩をして器に盛りつけ、食べやすい大きさに切った豚肉、レモン、タイムを盛りつけます。

そら豆と桜えびのフリッタータ

材料

<材料(2人分)>

そら豆・・・8さや

桜えび・・・30g

水・・・大さじ2

小麦粉・・・大さじ2


卵・・・2個

粉チーズ・・・大さじ3

オリーブ油・・・大さじ2

塩 こしょう オリーブ油

作り方
  1. フライパンにさやから出して切り込みを入れたそら豆、水(分量外:大さじ3)を入れふたをし中火強の火加減で2分蒸し炒めにして取り出し、粗熱が取れたら皮から取り出します。
  2. ボウルに水と小麦粉を入れよく混ぜ、卵、粉チーズ、塩(小さじ1/4)、こしょうを入れ混ぜ合わせます。
  3. 1人分ずつ焼きます。20cm程のフライパンにオリーブ油(大さじ1)を熱し、半量の卵液を入れます。
  4. 半量のそら豆と桜えびをのせ、軽く塩をしてふたをし、中弱火で2分ほど火を通します。
  5. ふたを取り、底面に焼き色がついたら器に盛りつけて、オリーブ油をまわしかけ、こしょうをふります。

そら豆ディップとイカのソテー

材料

<材料(作りやすい分量)>

【そら豆ディップ】

そら豆・・・10さや


【A】

クリームチーズ・・・50g

合わせみそ・・・小さじ1/2

塩・・・小さじ1/4

オリーブ油・・・大さじ1


【いかのソテー】

いか・・・1ぱい分

赤とうがらし・・・1本 ※種はとり除く

にんにく・・・1かけ

オリーブ油、塩・・・各適量


バゲット・・・適量 ※薄切り

パセリ・・・適量

作り方
  1. そら豆のディップを作ります。フライパンにそら豆、水(大さじ5)を入れふたをして中火強の火加減で3分蒸し炒めにして、粗熱が取れたら皮からとり出します。
  2. ボウルにそら豆を入れフォークでつぶし、材料【A】を入れ混ぜます。
  3. いかのソテーを作ります。フライパンにオリーブ油と赤とうがらし、
    にんにくの薄切りを熱し、いかを炒めて塩をします。
  4. トーストしたバゲットにそら豆のディップを塗り、いかのソテーをのせてパセリを飾ります。
ページを閉じる